フロントホイールベアリング交換は難儀

18.1.5nsr⑩

'88NSR250R(改)は、今から30年も前に作られたレーサーレプリカであります

フロントホイールベアリングを交換します 非接点ゴムシール形ですが 錆汁浮いているのが見えます こりゃだめですね 長めのアンカーボルトで左側ディスタンスカラーずらして対角に少しずつ叩くと外れてくれます  打ち込みはステムボルト外す30Mソケットが丁度でした  サクサクっと組み立てて ハイ! 正月の宿題終了。めでたしめでたし


18.1.5nsr⑪

18.1.5nsr⑫

18.1.5nsr⑬

18.1.5nsr⑭
>
18.1.5nsr⑮


ステム打ち込みと各部磨き組上げ

18.1.5nsr⑥

'88NSR250R(改)は、今から30年も前に作られたレーサーレプリカであります

ステムベアリングの上下レースを打ち込み テーパーベアリングは,丁度FZR250のインナーがピッタリかんかんサイズでパッコンパッコン叩きます  フォークを組み上げますが あっちこっち気になったので少しだけ磨いて組みました メーターステーは シルバー塗装 トップブリッチは フェルト青棒研磨

18.1.5nsr⑦

18.1.5nsr⑧

18.1.5nsr⑨

18.1.5nsr③

18.1.5nsr⑤


ステムベアリング交換鼻垂れ大作戦

17.12.30 nsr⑧

'88NSR250R(改)は、今から30年も前に作られたレーサーレプリカであります

車庫の中とはいえ 真冬の北東北ですからそりゃもう極寒 普通に鼻垂らしながらがんばっております 

標準のステムベアリングは ボールベアリングですが 要するにサイズが合えばテーパーに変更も可能でしょうと 準備した部品を確認すると 下側(径の大きい方)ダストシールが干渉し回転が渋くなります #1000の紙やすりで軽く回るまで研磨して組み付けます

レースやベアリングは 外したものをうまく活用して打ち込みます 決して手を叩いてはいけません 血がドバっと出て痛くても痩せ我慢をしなければいけないので涙が出ます

ついでにラチェットハンドルもなめてしまい泣きっ面に蜂でした。


17.12.30 nsr⑨

17.12.30 nsr⑫

17.12.30 ラチェット①

17.12.30 ラチェット②


大忙しの年末ですが、これだけはやっておかねば

17.12.30 nsr①

'88NSR250R(改)は、今から29年もまえにつくられたレーサーレプリカであります

17.10.1「東北Colers Meeting in 山形」へ向かう道中の長い高速トンネル内でハンドルがブレはじめやたらとビビった為 少し長い正月休みを利用してフロント周りのメンテナンスに取り掛かります。
リアはメンテナンススタンドでUP フロントは梁に取り付けてあるフックにバンドを引っ掛け ジャッキアップした車体を預ける サクサクとバラしていくがメインキーのトルクスボルトが緩まない ロックタイトが効いててるんだろうね ラチェット一本ダメにした トップブリッジ外してからショックドライバーではたいてみます。
バラしたついでに錆落としや塗装補修 磨き あっちもこっちも気になりはじめなかなか進まない。 



17.12.30 nsr②

17.12.30 nsr③

17.12.30 nsr④

17.12.30 nsr⑤

17.12.30 nsr⑥


'17.10.1 colors meeting in 山形

17.10.1CSD①

'17.10.1 colors meeting in 山形

亀田ICからアウトバーンで本荘 鳥海山の東側に真っ黒な雨雲がありR107の方が僅かに明るい 迷いながら分岐まで来ると見たことあるバイク集団が待ち合わせ中 1番後ろに混ぜてもらう
雨雲から逃げたつもりだったが東由利から土砂降りに遭い トンネルの中がやたらと寒い 羽後町から道の駅おがちで時間調整 10:30会場へ向かうもすでに第一駐車場は満車御礼(600台との噂) 通路に並べる

山形名物 芋の子汁を御馳走になり 冷え切ったからだが芯から温まる 

FBで見たことある有名人沢山 思い入れのこもった自慢のバイクを散策 すんごのが一杯 中でも一等賞は原型が全く分からないほど作り込んだ奴 ライトケースが木 タンク上部も木だった


17.10.1CSD②

17.10.1CSD④

17.10.1CSD⑥

17.10.1CSD⑦



'88NSR(改) WRC並みのスペシャルステージ

17.8.20 nsr①

'88NSR250R(改) は、今から28年も前に作られたレーサーレプリカであります

家庭の事情であまり大きい声では言えませんが WRCばりのスペシャルステージであります 中盤に僅かな盛り上がりがあるため 油断していると羽が生えたように飛んでしまいます。更にほぼ原生林に近く 獣道があっちこっちを横切ってますから 熊やイノシシの突進を食らう恐怖とも戦わねばなりません。

我が家の走るホテルスパーダ 始動時にセルの勢いが無くなり チャージャーで確認すると要充電の範囲にメーターが止まる 一晩充電しても満充電の半分までしか上がらないため更新を決意
標準55B24Lですが 格安品を探すとメンテナンスフリー60B24L送料無料¥5,500を発見 ユスリタカリ国あーこりゃこりゃ製で 非国民と言われてしまいそうですがポチッと押してしまいました。


17.8.20 nsr②

17.8.20 nsr③

17.8.20 nsr④


'88NSR250R(改)

17.3.25NSR①

’88NSR250(改)は、今から28年も前に作られたレーサーレプリカであります

冬季の暖気オイル廻しで飛び散ったリアの油とフロントのブレーキダストをクリーニングしましょう ハイッ!用意するのはyouさんに編んでもらったアクリルたわしとママレモン 丁寧に泡立てて斑点模様を擦りましょう フロントの粉もすごいです 下手くそビビリーなのでよっぽど減速してるんでしょうね ここも一生懸命綺麗にしてあげましした。



17.3.25NSR②

17.3.25NSR③