手打ちうどんに挑戦(絶品料理人シリーズ)

20080227132304.jpg


感の鋭い「絶品Club」ファンのこと 「年越し手打ち蕎麦」「手打ち手切り中華」の流れからして 次にやらかすのはきっと「あれ」に違いないと予想はしてくれていたはずである

もちろんご期待に応えるべく着々と準備は進めていたのだが 前回までの「手打ちシリーズ」で発覚した問題点とその対策に時間がかかってしまった

蕎麦は、厚みを2mm位にするつもりだったのが のし棒の捌きが悪かったため均等に伸ばすことが出来ず 平打ちうどんの様になった

原因は、延ばしのやり方が「ヘタ」の一言に尽きるのだが 要するに厚みを測る事が出来れば その数値を参考に厚いところをもう少し均してあげればいい訳である

そこで登場したのが「TAJIMA製オートレーザーTYZ」縦・横・地墨にレーザー光を発射でき、各ラインの精度は5mで±1mm 自動補正範囲は±2°



「TAJIMA」


BMをテーブル天板として121mm、延し上がった測点へ自立するように細工を施したスケールを立てて測る 

レーザー光は、光源からの距離が長くなるほどラインに巾が出てしまう為 中心を読む様にしなければならない 118mm、麺厚は、121mm-118mm=3mm うんっ!丁度いい具合に出来た様だ

早速、3mm程で包丁を入れていくが 麺を捌いた感じもなかなかいい 手打ちうどん用の中力粉の場合はもっと透明感のある白になるようだが 今回、使ったのがラーメン用に調達した準強力粉だった為(しかもフランスパン用と書いてある)黄色が強く出てしまったようだ

生地は、粗捏ね 粗捏ね足踏み 本捏ね足踏み 熟成で堅く繋がったグルテンにより延ばしはえらく大変でしたが 茹で上がったうどんの腰は抜群 


絶品な手打ちうどんに仕上がりました



絶品料理人シリーズ「手打ち蕎麦①」はこちら「手打ち蕎麦②」はこちら

絶品料理人シリーズ「手打ち中華①」はこちら「手打ち中華②」はこちら



20080227132314.jpg



20080227132322.jpg



20080227132330.jpg



20080227132339.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら2/14更新

ピアノの上の四姉妹

20080226222404.jpg


棚ピアノ(と言うとこっぴどく叱られる)の上に鎮座するのは、Youさん手作りの四姉妹で御座います

顔の表情はどれもとぼけた「点」と「まる」だけですが 私のお気に入りは、カーリーヘアの長女 

魔女の証はとんがり帽子と星のスティック   闇を作る為に 夜空から引き摺り下ろした三日月は まだ、ほんの少し温か味が残っていました

かごの中には、邪悪の極み「コッテリ叉焼」と「初絞りの濃厚芳醇純米酒」が入っています



20080226222418.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら2/14更新

いなふく米菓の割れせんべい

20080225231150.jpg


いなふく米菓(秋田市川尻町)で、割れせんべいを調達しました

デッカイ袋にまんぱんの割れせんべいが¥100から購入できます どうせ食べるときは割らなきゃ口に入らないのですから全然問題ありません

濡れおかきが好評のせんべい屋さんですが 今回は、七味と山葵で大人の味を楽しみました・・・って言うか 山葵は鼻に抜けるほど強烈に香り 七味は「おいおい!」ってくらい降りかかっていて

いかに激辛ラーメンで鍛えた私でも さすがに 口の中から火を噴きそうになりました


20080225231159.jpg



20080225231218.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら2/14更新

でんくろーのあっさり醤油

20080224165939.jpg


でんくろー(秋田市山王)で、あっさり醤油をいただきました

コッテリ醤油とは違い スープに濁りはありませんが 画像でも判る様に旨み脂は多めに浮いています

麺は、同じく中太縮れ多加水麺 トッピングは メンマ 豚バラ肉ロールチャーシューが2枚 葱少々と水菜でした


コッテリ醤油のエントリーはこちら

「らーめん でんくろー」店長のHPは、こちら



20080224165951.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら2/14更新

花畑牧場のバルーンプリン

20080224103428.jpg


話題の花畑牧場「バルーンプリン」を、お土産でいただきました

ネットショップを検索してみた所、品切れ状態が続き かなりレア物のようですが わざわざ探して買ってきてくれたようで  いつもの事とはいえ この上司の気使いには本当に感動させられます


「花畑牧場オンラインショップはこちら」


風船に詰められた包装形態を見て 思い出すのは、懐かしの青森名産「林檎羊羹」

楊枝で穴を開け「びゅるっ」と皮がむけたのを食べたり 指で押しつぶして「ニュルニュル」と出てくるのに吸い付いたりしたものです

一口目は、プリンだけをいただきましたが甘さ控えめで濃厚な牛乳の風味が広がり 食感は柔らかいムースの様でした

付属のキャラメルソースは香ばしさと強めの甘味があり また、違った味を楽しむ事が出来ます



20080224103436.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら2/14更新

手打ち手切り中華麺完成(絶品料理人シリーズ)

20080220211611.jpg


冷蔵庫の野菜室で眠らせていた手打ち麺ですが そろそろ食べごろになったはず

恐る恐る蓋を開けてみると「おおお~っ!」なんだかそれっぽい感じになったようです

早速、試食の準備に取り掛かりますが まずはいつもの
「うぶたまちゃんで作る絶品味玉」 チャーシューは豚肩ロースを紐で縛り焦げ目を付けてから煮豚にしました メンマは市販のものを利用 葱はみじん切りで使います

スープは沸騰させて酒気を飛ばした味醂に醤油を混ぜて92℃まで温度を上げて火を止め 2日寝かせた「かえし」を元タレに

ダシは、頭とはらわたをとって細かく砕いた大量の煮干し 花鰹 昆布を茶漉し袋に入れた 純和風だし 脂ッ気がまったく無いのも寂しいのでチャーシューの漬けダレも少しだけ追加しました(オレンジキャップのボトル)

麺は、思いのほか細く向こうが透けて見えるくらい透明感があります・・・加水率が多すぎたようです まあ、初挑戦ですからこんな事もありますよ あっはっは。

当初の目標は「にぼし屋:乱切り麺」でしたが 出来あがりの画像をみても判る様に殆んど十文字中華になってしまいました
湯で時間は20秒程 この位細いと殆んど腰は期待できず 喉をスルスルと通り抜ける食感を楽しむラーメンです


でも、見た目の割に意外と美味しかったです


写真的に、薬味の葱は九条葱か小葱にして青みを入れるべきでしたね ドンブリに全然メリハリがありません



20080220211620.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら2/14更新

手打ち手切り中華麺(絶品料理人シリーズ)

20080218234553.jpg


いつまで待っても「秋田のラーメン博物館」絶品な自作ラーメン試食のお誘いがありません

仕方がないので自分で打ってみることにしましたが 肝心のカンスイが無い為「ググッて」調べたところ 重曹を65℃付近で熱すると炭酸水素ナトリウムが炭酸ナトリウムに変化して「代用できる」とのエントリーを発見

小麦粉はふるいにかけて 水分の含み具合を加減しながら水廻しをして1H休ませます

前回の蕎麦打ち修行で習得した菊練や叩きを駆使して生地に腰を注入 これを二度繰り返し もう一度休ませたら 延し棒で広げ 駒板で太さをランダムに(意図的・・・)切りました

手打ち麺のイメージとしては 今はなき角館の「にぼし屋」風に考えています

打ち粉を十分まぶしながら手揉みで縮れを作っていきますが 加水率が多かったためか引っ張られた麺が伸びてしまい「極細平打ち乱切り縮れ多加水麺」が出来てしまいました

例えるなら十文字中華的な感じでしょうか・・・。後は、余分な水分を飛ばしながら野菜室で熟成させて仕上げていきます



20080218234608.jpg



20080218234623.jpg



20080218234640.jpg



20080218234710.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら2/14更新

冷凍フリッターで作るエビチリ(絶品料理人シリーズ)

20080217110705.jpg



夕べの残り物を利用した「絶品料理人シリーズ」であります


海老のフリッターは、ふにゃふにゃに戻っているので揚げ直しておき  胡麻油をひいたフライパンに刻み葱で香りをつけ

チリソース コチジャン ケチャップ 胡椒 花椒の合わせ調味料でピリ辛に仕上げていきます


カリッとサクサク、甘酸っぱくて激辛な大人の「絶品エビチリ」

美味しくいただきました




20080217110712.jpg



20080217110720.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら2/14更新

生態系公園・観賞温室

20080215225948.jpg


トサカを持ち上げ 木の陰から様子を伺う「極楽鳥花」は、南アフリカ原産

ラン科の「コルマナラ」は、黄地に濃紫 タイガースファンには堪らない配色で楽しませてくれます

「紅紐の木」は、西インド諸島原産 鮮やかな色具合は猫ジャラシの様にも見えますが 実は、小さい花が無数に集まった花 


生態系公園・観賞温室 見頃の花の紹介参照(花見頃情報 4月24日)
 はい、古い情報ですいません

秋田県公式WEBサイト「美の国あきたネット」の情報ですから・・・仕方ありません

地吹雪が名物 真冬の大潟村にありながら 温室内はまさに別世界 

2月9日エントリー貴重な竜舌蘭の開花情報は、こちら

 

20080215225959.jpg



20080215230009.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら2/14更新

チョコの誘惑

20080214235828.jpg


チョコスポンジの香ばしさとソースの苦味 生クリームの甘さが美味しい バレンタインスイーツをいただきました

チョコにはやはり 辛口なウイスキーなんですが 在庫処分の目的でつい最近 飲み干してしまってました とほほ



20080214235849.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら2/14更新

マルハオムライス(絶品料理人シリーズ)

20080212232717.jpg



まいど! 


ひさびさに登場の「絶品料理人シリーズ」は、休日の朝にやらかす男の朝食でございます

悲しいかな 家中静まり返った休日の早朝 元気なのは「レオン」と私だけ・・・

朝の散歩を済ませ カリカリのドライと旨そうなビーフ野菜mix缶の御馳走をいただき とっとと寝る体制の彼を邪魔しながら 冷蔵庫を見たところ・・・無い・・・何にも(爆)

やっと探し当てたのは 冷まんまと玉子、マルハと玉葱・・・とくれば あれしか無いか(決)

マルハと玉葱はみじん切り 一部マルハは乱切り フライパンで炒めて冷まんまを投入 
「HEINZケチャップ」と「かけるだけデミグラス」で、マルハライスを炒め 端っこのRを使いラグビーボールの様に丸めます

オムレツは玉子2個 牛乳適量 塩胡椒で味を整え一気にフライパンに投入 片側に寄せたら柄を叩いて仕上げます

グワーッ!やっちまった・・・完成品を撮らずに食ってしまいました。 ガッハッハ

出来上がりは 映画のラストシーンの様に含みを持たせるってのもたまにはいいですよね・・・



以前の【絶品料理人シリーズ】は、こちらからどうぞ



20080212232726.jpg



20080212232735.jpg



20080212232744.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら1/16更新

流木ザウルスに子供がいたっ!

20080211232040.jpg


「私のカントリーライフ」athukoさん
のエントリー 【犬っこまつり】誘惑編をみてしまい はるばる行って参りました


【私のカントリーライフ】athukoさんへTB


もちろん昼ラーは、長寿軒でいただき いざメイン会場へ出陣

数々の雪像や雪のちらつく中での熱気溢れるヤートセ 地元の特産品直販や露天の旨そうな匂いを満喫 

あまりの人の多さに しばし地元の商店街を散策していたら えらい物を発見してしまいました

ドリフトウッド・ファクトリー「我流慕」流木作家 佐藤氏の流木テラノザウルスには、子供が生まれていたっ!

まだ、幼いのでチョット好奇心旺盛らしく 首にはしっかりロープが掛けられていました 

小さいとは言え元が凶暴なテラノザウルスですから十分気をつけなくてはなりません

上手に飼う秘訣はヤッパリ餌でつる方法が一番 特産の霜降り「三梨牛」なんかは、きっと大好物に違いありません 



20080211231415.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら1/16更新

リュウゼツラン(竜舌蘭)

20080209074759.jpg


生態系公園(観賞温室)
で、100年に一度しか咲かないと言われる【リュウゼツラン】を観てきました

実際は、日本や英国であれば30~60年だそうですが それにしても私の場合は もう観るチャンスが無い訳で 


ありがたや ありがたや


秋田県農業研修センター 生態系公園 あきたけんのうぎょうけんしゅうセンター せいたいけいこうえん

〒010-0442 秋田県大潟村字東1-1
* 開園時間:9:00~17:00 * お休み:年中開放 * 料金:無料 *

問い合わせ先:秋田県農業研修センター 生態系公園0185-45-3106 

agri-tra@pref.akita.lg.jp

* アクセス: JR奥羽本線「八郎潟駅」から車約20分、または秋田自動車道「琴丘・森岳IC」から車約20分

折しも、ブルーメッセあきたでは 世界の蘭フェア2008
(潟上市昭和)が開催されており 帰り道に寄ってみるのもお薦めです

平成20年2月8日(金)~2月11日(月) 午前9:00~午後6:00 ※イベント最終日の11日は午後4:00で閉店  


20080209074808.jpg



20080209074817.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら1/16

喜楽のラーメン

20080208235139.jpg


喜楽(にかほ市金浦)で、ラーメンをいただきました

スープは油あっさりで醤油色濃い目 麺は、中細 細かい縮れ麺 具は、チャーシュー2枚 メンマ 刻み葱少々


ソバージュ並の縮れが入った麺は 濃い口醤油タレをまとい 絡み具合が抜群でした 


20080208235149.jpg



20080208235158.jpg



20080208235207.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら1/16

川面の揺らぎ(習作)

20080207233924.jpg


キャスティングを繰り返す釣り人 川面に広がる真っ白な雲と青空の揺らぎは様々な色彩の変化で楽しませてくれます

2枚目は、同じ釣り人による揺らぎを逆光で捉え セピアカラーとシルエットを撮る練習


皆さんにご心配いただいた PCトラブルは、SATAのOSへTOOLやプログラムを移行しFOXのブックマークをエクスポートする所まで完了しました

後は、ラーメン画像のバックアップをして 
apteryx123さんが教えてくれた「HDD Regenerater」を試してみようと思ってます  修復できれば儲けもの


20080207233938.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら1/16更新

08.2.5レオンから報告

20080205224704.jpg


以前、「Bootドライブ優先順位の妨害」のエントリーをアップしましたが いよいよ誤魔化しが効かない状態になりました

昨日からWDC WD1600BBとQUANTUMが認識さえも出来なくなり サブのOS(SATA)が起動してしまいます

何とかして お気に入りやプログラムの移行、データーベースのバックアップやらを試みてみますが 暫し猶予をいただくことになるかもしれません



いつもの事ですが 気長にお待ちくだされ




20080205224717.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら1/16更新

36W D・O・A

20080202233340.jpg



この画像を見ただけでピンときた人はかなりのオーディオマニアである 


金田式完全対称動作DCパワーアンプ36W D・O・Aは、1991年3月無線と実験DCアンプシリーズNo.120として掲載された

DCアンプの名のとおり内部に電源トランス無い もちろん外部に電源ユニットがあるわけでもなく 2枚目画像で赤いLEDの横にキャノンソケットが取り付けてあるが ここに±30V,反対側に±12Vの直列に繋いだ20本と10本(笑)の乾電池を接続して使用する

【非対称動作によって発生する直流分、DC歪みを極限まで減らし 音楽に不要な付帯音を伴わず、不気味なまでの静寂感が再現できる】(解説文引用)・・・・・・はずだった。

これまで「絶品Club」には、いかにも器用な おっさんを連想させるような記事ばかりを載せてしまったが  そんなことはまったく無い

人間と言う生き物は失敗を重ねて成長していくものである 

 数ある失敗の中でも この挑戦は、か弱いハートにズッシリと響いた一件に間違いない

深夜まで作業を重ね 一週間をかけて やっと組み上がった回路のチェックの為 恐る恐る 乾電池をつないだ瞬間 ・・・「バチッ!・・・モクモク(泣)」

至福の音質で大好きな【Waltz For Debby】が聴けるはずだったのが 物言わぬオブジェと化してしまったのは言うまでも無い・・・


 おいおい、そんなに笑うなっ!



20080202233352.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら1/16更新

でんくろー

20080201235129.jpg


らーめん でんくろー(秋田市山王)で、コッテリ醤油らーめんをいただきました

コッテリのスープは鶏ガラトンコツブレンド系の褐色白濁系醤油ダレ濃い口 麺は、中細縮れ多加水麺 具は、スライスした豚バラロールチャーシュー二枚 メンマ 水菜と刻み葱少々

タレは、醤油と味噌のみ  後のせトッピングでバリエーションを広げられるようです



20080201235143.jpg



20080201235216.jpg



20080201235244.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら1/16更新