FC2ブログ

08.9.14白露の鳥海山、山行報告#4

08.9.14千蛇谷2

外輪山中程から足場の悪い千蛇谷へ下ると工事中の御室小屋が近づいてくる こちら側から山頂へのルートもあるが 「カエル」の目的は登山証明書だったので もしや先に鳥海山大物忌神社(おおものいみじんじゃ)へ向かったのでは・・・と 小屋周辺を探し回ったが見つからない

仕方がないので山頂へ向かう 外輪山側からのルートは回り込むように溶岩ドームへ登っていき茶褐色の岩がゴロゴロした外側から頂上へと到達する

頂上から下を見ると待ちくたびれて山小屋方向へ降りはじめた「カエル」さんを発見 お決まりの「やっほー!」じゃなく「 下で待ってろー」と叫ぶ

新山山頂に到着したのは10時を少しだけまわっていた 結局4時間30分も掛かってしまった・・・ヘトヘト
山頂からの眺望は あいにく濃い靄のせいで時折薄っすらと眺望が開けるものの大パノラマとはいかなかった 僅かばかりであるがお賽銭をあげ お決まりの「宝くじが当たりますように」お祈りは忘れずにこなしてきた・・・笑

山小屋手前の広場で息子と無事再会し 「至福の時」とばかりにいつものメロンパンを食べ始めるが なかなか喉を通ってくれない 疲労度が かなりピークに達しているようだ 
しばらく休憩を挟み10時30分頃から下山を始めるが 登りで「康新道を通った「カエル」さんは舎利坂の勝手が解らず ズルズルに足をとられ何度か尻餅をついた


今まで使っていなかったステッキを出し  下りの先へ突いて「3点で支持」を心がけるように教えるが ハイハイと上の空で聞いていた ところが50歳近いおやじが尻持ち突かず降りていくのを見ながら 2度3度とコケる自分が居る訳で そろそろ解ってきたようだ 慎重に3点支持を実践し始める

祓川ヒュッテに到着したのは 13時25分、全工程8時間・・・老体にはかなりこたえた

`08.9.14鳥海山エピローグ

`08.9.14白露の鳥海山、山行報告#1

`08.9.14白露の鳥海山、山行報告#2

`08.9.14白露の鳥海山、山行報告#3

08.9.14山頂へ1

08.9.14新山1

08.9.14新山山頂1

08.9.14至福の時1

08.9.14植物5

08.9.14下山

絶品 Clubデーターベース版はこちら9/15更新

`08.9.14白露の鳥海山、山行報告#3

08.9.14雪渓

前回、ミニスキーで「滑走した」(転げ落ちたとも言う)雪渓は 細波模様で雪の色をしているが かなり締まっていた 地面との間には1m程の高さで空洞があり 上に載って割れたら痛いだろうなと思いながらも アホな私は 恐る恐る上がって「おっ、平気ジャン」と独り言を言いながらニヤける・・・

「`08.7.2鳥海山#3、ヘトヘトです」は、こちら

舎利坂付近に差し掛かると草紅葉が進み始めたようで 黄色や紅色が目立つようになりました

雪渓を歩いた7月もかなりキツイ思いをして登ったが 大雪渓、氷の薬師、舎利坂と進むにつれ 前回以上にヘトヘトになりました 

途中からはぐれた「カエル」さんから聞いたところ やはり康新道を登ったとのこと 巾が狭くて大変だったがこっちのコース見たいにキツくはなかったそうだ 次回は、絶対「康新道」と心に決めた

七高山に辿り着いたのは9時15分、写真を撮りながらとは言え3時間45分も掛かってしまった

つづく

`08.9.14鳥海山エピローグ

`08.9.14白露の鳥海山、山行報告#1

‘08.9.14白露の鳥海山、山行報告#2

`08.9.14白露の鳥海山、山行報告#4

08.9.14氷の薬師2

08.9.14舎利坂入り口2

08.9.14舎利坂花2

08.9.14康新道山頂分岐1

08.9.14七高山4

絶品 Clubデーターベース版はこちら9/15更新