チョコレートレトリバーMIX犬`09.4.30

09.4.30レオン1

口元の白さが目立つ様になった 我が家のレオンちゃん、 2000年10月生まれですから今年で9歳になります 私が帰ると玄関先まで「お帰りダッシュ」 テーブルの周りをぐるぐる廻り へそ天で「撫でろ攻撃」 一連のお決まりコースが終わると「父ちゃん帰ってきたから、おやつくれ!」で やっと落ち着きを取り戻します
歳を重ねるごとに 日中は寝ているときがほとんどになりましたが 朝5時半」の散歩は忘れることがないらしく 時間きっかりに起こしにきます 目覚まし必要ありません

料理と趣味の部屋」 あきさんより「コメント通らないよ~シクシク」と連絡をいただき 設定を確認したところ 怪しげなblogタイトルに勘違いしたのか 大量のスパムに悩まされた時期があり セキュリティ強化したことによりコメントを受け付けなくなっていたことが判明 ブラックリストを一掃してみました 多分これで大丈夫だとは思います 早速、あきさんからコメントをいただき嬉しい限り

09.4.30レオン2
09.4.30レオン3

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は4/24日

をかしら屋松園店でホルモン定食

09.4.24ホルモン定食

をかしら屋松園店(盛岡市上田)で、ホルモン定食をいただきました

御飯は、ドンブリ1杯 味噌汁 ザーサイが付く ホルモンは、Pタン4枚・Pレバー4枚・Pモツの豪華3種盛り合わせ 殆んど下味は付けられておらず塩かあっさりした醤油ダレで鮮度の良い素材が楽しめる ニンニク臭がしない為ランチに食べても臭くはならず快調なのも嬉しい

驚くなかれ ホルモン好きには堪らない このボリュームが 平日¥680のところ 松園店は、木・金曜日だとわずか¥500でいただける 注:大通店は水・土曜日 詳しくはお店のHPを参照

をかしら屋のHPはこちら

09.4.24ホルモン

09.4.24ホルモン箸

09.4.24メニュー

09.4.24看板

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は4/24日

とんぼうず、呑みの後は帰りたくない

09.4.9看板

とんぼうず(仙台市宮城野区

丸一日の缶詰め会議もやっとこさ終わり ささやかではありますが決起大会と称して 一杯頂いてきました
入り口には竃や米俵 店内は古民家風モノトーンで統一され 落ち着いた空間が広がります 綺麗に盛り付けられた創作料理が次々と運ばれてくる為 呑み放題の酒もどんどんすすみ 日帰り予定だったのを忘れてしまいそうになります

秋田から出張の時は 殆んどが東京、神奈川方面だったので飛行機 一泊が定番 呑んでから新幹線で帰るのはヤッパリ落ち着きません

先付けは そら豆天ぷら 蛍烏賊 真ん中何だっけ・・・ おひたしだった様な 刺し盛り 茹で若孟宗竹の子の田楽味噌 揚げ物は、ほろ苦いふきのとうの天ぷら

「はやて」を待っているときに撮ったMAXは ライトカバー内に水滴が沢山付いていたが、 いいのだろうか

09.4.9先付け

09.4.9刺し盛り

09.4.9筍焼き

09.4.9ばっけ

09.4.9新幹線

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は4/24日

88`NSR250R フロートバルブ

09.4.19フロートバルブ1

HONDA 88`NSR250R(MC18) は、今から20年も前に作られたレーサーレプリカであります

前回のエントリーで、キャブレターのオーバーフローによりガソリンジャジャ漏れと報告しました  一度ばらしたのになんでそこをチェックしなかったのさと本職の「シティおやじ」さんや「LAB」さんに笑われそうですが 往々にして素人の仕事振りとはそんな程度で・・・何度もばらすのも趣味の内と言い訳をしておきます

案の定、手前側のバルブはフロートを動かしても固着している様です ピンを外してそろりと引き出すとロケット弾型のバルブがこんがりと良い色に染まっています 先端のゴムは段差も見られずまだまだ使えそうなので内部のクリーニングと磨きで良いでしょう  初期動作が心配なので念のため2サイクルオイルを少しだけ塗って組み付けました
キック一発始動 チャンバーから出る乾いた排気音 僅かな2ストオイルの白煙 心配していたオーバーフローは止まったようです
さっそく各部チェックを兼ねて南由利原へ、現役時代はレーシングスーツに身をかため 早朝の峠を膝摺り気合走行で攻めまくっていましたが もはや50に手が届くようなおっさんのこと
あっという間に迫って来るコーナーを  ちぐはぐな動作で「パラリラ~」と流すのが精一杯 特に下りのヘアピンなんぞ 怖ぇーのなんの 止まりそうなくらいに減速してやっと曲がっていきます・・・がっはっは

来週には、盛岡宅へ乗って行き岩手探索の軽快な足となってくれる予定ですが 心配していた通り 走行時間が長くなるにつれカラータイマーが緑から赤の点滅に変わり 手首と首筋、続いて腰と膝が痛み始めます 行って来いで2時間が限界なのかもしれません

09.4.19フロートバルブ2

09.4.19フロートバルブ3

09.4.19フロートバルブ4

09.4.19チェック走行

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は3/25日

寿広園の露天風呂にはウサギちゃん?

09.4.15看板

鶯宿温泉 寿広園(岩手郡雫石

恒例の温泉巡りですが 近所の書店にて「手にしたものだけがをする」の文字に引き寄せられ 2009年版 北東北 日帰り温泉 を購入しました
紹介されている協力施設には 湯上りアイスクリームサービスから入浴料割引 更には無料入浴まで なんとも太っ腹な特典がついております 本の定価が¥980で この日の入浴料¥500が無料になった訳ですから 現在¥480相当 この分だとすぐに元が取れます

広大な敷地にはキャンピングカーコテージや釣堀などが併設され 谷間にはサワサワと流れる小さな川 アルカリ性単純泉の露天風呂から見える木立には 引っ切り無しに小鳥が止まり 「温泉、気持ちいいべ~♪」とさえずります 鶯宿と言うくらいですから ウグイスが来ていないか探してみましたが残念ながら見つけることは出来ませんでした

いつものネタ物露天撮影は、前回のエントリー「相の沢温泉 お山の湯」でpawaketさんからのコメントで「露天風呂にはウサギちゃんが定番」ってのを頂き ウサギちゃん・・・???はて とりあえずこんな感じかなと試してみましたが違っているようでしたら一報ください また、いやいやそうじゃなく「こんなネタ」を要求しているんだよと言う助言等ありましたら真摯に受け止めますので皆様からのご指導をお待ちします

09.4.15温泉本

09.4.15成分

09.4.15露天風呂

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は3/25日

東家駅前店の掻揚げ蕎麦

09.4.13かき揚げそば

ば処東家 駅前店(盛岡駅前通)で、掻揚げ蕎麦をいただきました

盛岡と言えば「名物わんこそば」であるが 昼飯時なので何杯食べれるか挑戦する訳にもいかないので素直に掻揚げとのセットメニューをいただきました わんこ15杯でかけそば1杯分とのことだから ルール変更になって15分で451杯食べた2000年のチャンピオンは かけそばを30杯食べた勘定になる 大盛りの代名詞である「冨士食堂のチャンポン」で換算すると10杯位だろうか いずれにしても人間業ではない

筒状に香ばしく揚げられた掻揚げは 海老が3匹 天つゆに浸しサービスの御飯に載せて食べると格別 

東家のHPはこちら

09.4.13そば

09.4.13看板

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は3/25日

丹丹の味噌ラーメン

09.3.31味噌ラーメン

ラーメン丹丹(北上市大通り)で、味噌ラーメンをいただきました

スープは鶏ガラ豚骨旨み脂濃いめで赤味噌ダレベース 麺は、ツルツルな中太多加水麺 具は、炒めた豚バラ肉と五目野菜

威勢の良いおやじの掛け声が飛び交う店内はカウンター席と小あがりが2卓 ずらりと並んだ中華メニューはどれもこれも格安でボリューム満点である 
大きめのドンブリにはニンニクの効いたスープと炒め野菜がドッサリ 堅麺で頼むのを忘れてしまった為 少し柔らかめだったが透明感のある麺は喉越しも良く なかなか美味しくいただけた

09.3.31麺

09.3.31看板

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は3/25日

篠亭の塩ラーメン

09.3.26塩

篠亭 北上店(北上市二子町)で、塩ラーメンをいただきました

スープは鶏ガラ豚骨 透明で細かい粒子の脂が浮き僅かに乳白色に濁る 麺は多加水中細縮れ麺 柔らかめ 具は、メンマ 海苔1枚 豚バラ肉ロールチャーシュー1枚 葱少々

浮いている脂の量は多めだが味はあっさりしていて 辛味、味噌、醤油などの味が入ると旨みが強調されるのかもしれない 麺の大盛りは¥150 【OTOKOダイビングキャッチ】仲村ロンリーさんを真似して blogタイトルを「絶貧Club」と改名しようか迷うほど貧乏な昨今 「¥150か~」と溜息をつく

09.3.26塩麺

09.3.26塩メニュー

09.3.26看板

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は3/25日

相の沢温泉 お山の湯、露天からの眺めは絶景

09.4.8お山の湯看板

09.4.8お山の湯看板2

09.4.8メニュー

相の沢温泉 お山の湯(岩手郡滝沢村)で、絶景露天風呂をいただきました

 水休だと言うのに朝から書類の整理と職人技を披露に休日出勤 やっとこさ温泉に辿り着いたのはPM15:23
お山の湯は、小岩井農場牧場園から少し進み左に入ります 駐車場から入り口へ向かうと建物の後ろには雄大な「岩手山」が見えます 村民¥400 村外者¥550と¥150もの格差に「よそ者は受け入れないぞ~」的な不合理さを覚えつつも ラーメンの大盛りだって普通は¥100増しのところ 岩手に来てからは¥200増しが続いた昨今 転勤貧乏にはかなり堪える仕打ち 
 それはさておき ここの露天風呂から眺める岩手山は格別である 残雪の土手から向こうの木立は丁度間隔を空けてあり座った位置から山頂が望める
 村民優遇高齢¥200で通っていると言う おじさんと話が弾んでしまった為  いつもの露天風呂記念撮影のタイミングを逃してしまった 「Josh」さんとの約束どおり 被り物にてワンショット撮ったのは 約1時間後 いつもはカラスの行水的なレオンさんなのに 手足に皺が寄るほど浸かってしまったのは大誤算であった
自分の後姿を見ると確かに「頭はデカイ」のだが 肩や肩甲骨付近は ジャージー牛的に骨ばって見えるのが少々情けない 次からはやはり肩まで沈まなければ・・・

湯上りに欠かせないのは もちろん「小岩井牛乳」の一気飲み 長湯の後には堪えられない至福の一杯であった


09.4.8露天風呂

09.4.8牛乳

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は3/25日

はらはらドキドキ矢巾温泉ヘルスセンター

09.4.5南昌の湯1

矢巾温泉ヘルスセンター(紫波郡矢巾町

盛岡市内 駅西側からであれば10数分で行ける手軽な温泉に入ってきました 入浴料は¥500 源泉は南昌新湯 31.1℃と低温の為 加温 循環 僅かな塩素臭があります

入り口にはデッカイ熊が牙を剥き出してお出迎え お風呂までの長い廊下右側には100畳もある大広間  昔は結婚式などのイベントにも活用されたのかもしれません

訪問したのは4/5のAM11:00前 そう、ちょうど某国の予告時間だった 前回の失敗もあり ロケット花火の様にどこに飛んでいくのか解らないと言う予測不能な恐怖があるわけで 「日本海上空で制御不能に陥り岩手内陸部に・・・」ってなことにならないとも限らない この格好で巻き込まれたら 発見されたときに恥ずかしいな~とか 間抜けなことを考えながらのはらはらドキドキな温泉を楽しんだのであった

矢巾温泉ヘルスセンターのHPはこちら

09.4.5南昌の湯2

09.4.5南昌の湯3

09.4.5南昌の湯4

09.4.5南昌の湯5

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は3/25日

KUMAZO商店の日替わり48セット

09.3.16トンコツ

KUMAZO商店(北上市柳原町)で、期間限定日替わり48セットをいただきました

トンコツスープはサラリとした乳白色で脂少なくあっさりタイプ 麺は、プリプリした多加水縮れ麺 具は、メンマ 海苔1枚 豚バラロールチャーシュー1枚 小口切りのスリム葱少々
セットのミニチャーマヨ丼は、レタス 刻みチャーシュー マヨネーズ スリム葱 量は 茶碗一杯より少なめ

「チョットめがねです」さんから ¥500セットがコストパフォーマンス大との情報をいただいてたが 老眼とアルツの進行したおっさんは メニューに追加された 更に¥20安い「¥480セット!」に血迷ってしまった
もとより食べ歩きの醍醐味は いかに「早くて 安くて 旨い」物を見つけるかにあるのだから 間違いではないのだが 良く考えてみると 日替わりラーメン¥350にお得なセットメニュー1品¥150をセレクトするのが 本当のお薦めセレクトの様である
お得なセットメニューとは、1品料理4種から選べ御飯とキムチが付く ドンブリ物は5種類から選べもちろんキムチも付く 通常¥300だがランチタイムには¥150で頂ける至れり付くせりの大サービスだ

次回の訪問では、 迷わずこちらをオーダーしなくてはならない 念のため携帯に「KUMAZO日替り+お得セット」とメモしてある

KUMAZO商店のHPはこちら

09.3.16麺

09.3.16チャーシュー丼

09.3.16メニュー

09.3.16看板

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は3/25日

ワンフーヌードルの中華そば

09.3.14中華

ワンフーヌードル(盛岡市開運橋通)で、中華そばをいただきました

スープは鶏ガラ豚骨 あっさりめで透明感がある 麺は、中細多加水縮れ麺 具は、メンマ ホウレン草 海苔2枚 チャーシュー1枚

むかしむかし四川のいなか 一人の坦々麺売りがいました・・・

坦々麺が売りの店なのに 呑み帰りだったため中華そばを頼んでしまったが ここは、やはり是非、坦々麺をいただきに再訪問しなくてはいけない・・・ってことは また、呑みに行かなければならない訳で 嬉しい様な 嬉しいような 

09.3.14中華麺

09.3.14メニュー

09.3.14看板

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は3/25日

88`NSR250R 復活の兆し

09.4.1キャブ

HONDA 88`NSR250R(MC18)は、今から20年も前に作られたレーサーレプリカであります

今回は、あっちこっちからのバキュームが入り乱れるレーシーな大口径フラットバルブキャブレターですが オーバーフローのホースを外してみると明らかに目詰まりが確認でき いやーな予感がチラホラ 3本のネジを外しケースを外してみると 茶褐色に煮詰められたような飴状の物体がへばり付いています
キャブクリーナーを吹付けて溶かしながらブラッシングにて除去 ジェット類、フロートバルブの詰りは細い銅線で貫通させ 粉っぽい表面は根気良く磨くとピカピカの真鍮色が見えてきます

組み終えたキャブをセットし エアクリーナー タンク シートと順番に取り付けたら ガソリンを少しだけ入れコックをひねる・・・ガソリンコックからのジャジャ漏れ どっひゃー!
分解してみると角型Oリングが解け始めてスカスカではありませんか この部品は蓋部分がリベットの様にカシメてあるためASSYにて交換する事に 後は、格安¥999でゲットした密閉型バッテリーに希硫酸を充填ししばらく放置して落ち着かせる キーを回すとニュートラルの電球が鮮やかに輝き いよいよ 傑作 V 型2サイクルエンジン復活の兆しが濃厚です

ここに来て新たに持ち上がった問題があります 20年前に購入したレーサータイプの皮つなぎですが 当時、身長183cm 65kg ・・・現在 豚骨ラーメン腹・・・息を吸いながらファスナーを上げれば何とかと思ったのだが・・・ほっとけっ!

09.4.1詰り

09.4.1キャブ中

09.4.1ジェット掃除

09.4.1フューエルコック

09.4.1バッテリー

09.4.1電源オン

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は3/25日

鉄人ホルモン煮込みと辛し蛸マヨ(絶品料理人シリーズ)

09.3.30圧力鍋

兼ねてから物色していた圧力鍋であるが 一人用には丁度良い中古未使用3合炊きを見つけて早速ゲット しかも「和の鉄人 中村孝明」蓋には刻印まで入っている これを使うと何でも美味しく出来そうな気になってしまい早速お酒の友に「絶品ホルモン煮込み」を製作

メタボ対策版絶品ホルモン煮込み
前日21:00 ボイルホルモンは沸騰したら灰汁を取り10分加圧後放置 冷めたのを確認して寝る前に冷蔵庫に入れる
翌朝6:30蓋を開けると分厚いラードが固まっているはずなので  コッテリ大好きの私は この旨み脂を「メタボ♪~メタボ♪」と唱えながら泣き泣き排除する
角コンはスプーンで「へじり取り」適量を鍋に追加 味付けは、味醂 味噌 砂糖 塩 醤油少々 七味を加え10分程煮詰めたら蓋をして放置
夜21:00仕事から帰ったら まずは500缶のタブを開け 「カーッ!」と半分ほど流し込む 喉のシュワシュワを楽しみながら鍋に火を入れ 大きめに切った豆腐を投入 盛り付けはスリム葱ドッサリと七味ガバッと振り掛ける
火力をあまり使わず 冷める時の浸透で味を含ませる省エネ推奨ホルモン煮込みの完成である

絶品辛マヨ蛸
蛸は一本ずつ切り離しぶつ切りにし 塩少々振りかけ揉んでおく マヨネーズと多めのからしを練り合わせ蛸と絡めるだけで出来上がり ツーンと鼻に抜ける辛さが絶品である

09.3.30蛸

09.3.30食材

09.3.30出来上がり

09.3.30蛸箸

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は3/25日