鳥海山鉾立口テイクオフポイント

09.8.16テイクオフ1

せっかくの休日だと言うのに タイムカードを押せない休日出勤に精を出した本日も終盤を迎え 昼飯を食いそびれた為 早めに始めた晩酌で すでに出来上がりつつある晩夏の盛岡 近頃の朝晩はめっきり冷え込み始め 元々が暑がりの拙者はいよいよ快適な季節になり元気を取り戻し始めました
今更ではあるがお盆の帰省で撮り貯めたストック画像の整理をチラホラと・・・

8/16 最終日は天候にも恵まれ いつもの由利高原から更に足を伸ばし 行楽客で賑わう鳥海山鉾立登山口までかっ飛んできました・・・車多すぎます 急勾配の九十九折は超低速  昇り下りとも渋滞に巻き込まれ タダでさえ低速が苦手な2ストはヘロヘロでした

運良くハングライダーのテイクオフに遭遇 踏み切り台の手前でスタンバッている状態から 精神統一 一気に飛び出して行くと 上昇気流に乗って舞い上がりました
最高に気持ち良さそうです 私は絶対やりませんけど・・・

`88NSR250Rは、エアスクリューを1と3/4開けてみたところ7000回転の息継ぎはだいぶ改善されました リミッター解除してある8000回転からの爆発的な加速には思わずアクセルを戻してしまいます

09.8.16テイクオフ2

09.8.16テイクオフ3

09.8.16テイクオフ4

09.8.16 NSR250R

2009.8.19現在、 「絶品ClubDB」では 2007.04.17以前の画像リンクにトラブルが生じているようです 順次修復を試みていますが 修正しなければいけないエントリー記事は膨大な為(あと191エントリー) かなりの時間を要すると考えられます

拙、データーベース版を楽しみに訪問くださる皆様には大変申し訳ありませんが ご理解の程宜しくお願い致します

三重食堂のラーメン

09.8.8ラーメン

三重食堂(釜石市小川町)で、ラーメンをいただきました

スープは鶏ガラ豚骨系 旨み脂はやや褐色で粒子細かく醤油ダレ濃い目だが透明感はあり野菜の甘味が出てる 麺は、多加水細縮れ麺  具は、ナルト メンマ 豚モモ肉チャーシュー1枚 海苔 刻み葱少々

前回釜石で食べた「極細麺」より僅かに麺の太さが感じられるが 腰は こちらの方がのこってくれる様だ ミニ丼とのセットメニューも充実して格安でいただけるのも嬉しい

この日はもう一軒(大船渡のつけ麺)訪問したかったのだが 残酷にも仕事が入ってしまい 涙ながらに また盛岡へ2時間かけてとんぼ返りとなった

09.8.8麺

09.8.8メニュー

09.8.8暖簾


2009.8.19現在、 「絶品ClubDB」では 2007.04.17以前の画像リンクにトラブルが生じているようです 順次修復を試みていますが 修正しなければいけないエントリー記事は膨大な為(あと191エントリー) かなりの時間を要すると考えられます

拙、データーベース版を楽しみに訪問くださる皆様には大変申し訳ありませんが ご理解の程宜しくお願い致します

やっぱり、無花果のコンポートだべ(絶品料理人シリーズ)

09.8.19無花果1

大酒呑みの貧乏単身赴任おやじであるが たまには果物でも摂らなければ食のバランスが崩れ さらに華麗臭漂うメタボ化に拍車がかかるのではないかと 今更ながら心配になってきた
懸案であった人間ドックも無事終了し 正常値の二倍もあった「ガンマジーテーピー」も 1週間の壮絶な禁酒対策のお陰で上限を僅かに超える程度まで抑えることが出来た(達成した褒美に しこたま呑んだのは言うまでもないが・・・)  

旬の無花果は少しだけ切り口を切り詰めてかるく水洗い 沸かしたお湯にくぐらせ湯剥きにする
水1 赤ワイン2 塩少々 砂糖3杯 レモンスライス2枚を加え煮立つまで中火 アクを掬ったら クッキングペーパーで落し蓋をし 弱火で10分煮たら火を止めて放置 ジンワリと甘味を浸透させる



フルーツ感みずみずしい絶品な無花果のコンポートはいかが?



p.s: いかにも美味しそうな画像といい加減なレシピにだまされてはいけない 実際仕上がった代物は全然甘味が足らず 赤ワインの渋みと苦味ばかりが強烈である 訳ありで頂いてきた1997メドックが変質していたのだろうか ワインの赤よりオレンジ色がかり なにやら浮遊していたような気もする 
いやいやそんなことはない、一度煮立ててるし 試食してからも おなかが痛くなるようなことも無い 単純に甘味が足りなかったののと判断し 砂糖3杯を追加して再度過熱 只今冷蔵庫で熟成中である

09.8.19無花果209.8.19無花果3

09.8.19無花果4

09.8.19無花果509.8.19無花果6

09.8.19無花果7

09.8.19無花果8

2009.8.19現在、 「絶品ClubDB」では 2007.04.17以前の画像リンクにトラブルが生じているようです 順次修復を試みていますが 修正しなければいけないエントリー記事は膨大な為(あと191エントリー) かなりの時間を要すると考えられます

拙、データーベース版を楽しみに訪問くださる皆様には大変申し訳ありませんが ご理解の程宜しくお願い致します

松本飯店のタンメン

09.8.22タンメン

松本飯店(秋田市旭南)で、タンメンをいただきました

今時、こんなに具沢山のてんこ盛りタンメンが僅か¥500 更に麺大盛りにしても¥50追加で満腹になれる大好きな店です

店に入ると年代物の4人掛けテーブルが2つ カウンターには腰掛が4脚あるがここで食べている人は「シティおやじ」さん以外は見たことがない コンクリート床からの湿気でこれ以上腐食が進まないように板材を3枚敷いてはあるが カウンターに近すぎる為 後ろに下げて座ると1枚板に際どいバランスで座る羽目になる
注文を受けるとじいちゃんが厨房に入り換気扇のスイッチを入れ中華鍋に火を入れる ばあちゃんは奥の間へ行き ザルに入った食材を大事そうに持って来る 店に掲げてある調理師免許には確か昭和10年代の生まれとあったからどちらも70歳代と思われるが息の合った連携プレイで流れるように仕事をこなしていく

ばあちゃんが運んできてくれたタンメンは、いつもの様に頼んでもいないのにコショウがドッサリッ! これぞ松本飯店である いつまでも元気にがんばってほしい 

09.8.22カウンター

09.8.22メニュー

09.8.22看板

2009.8.19現在、 「絶品ClubDB」では 2007.04.17以前の画像リンクにトラブルが生じているようです 順次修復を試みていますが 修正しなければいけないエントリー記事は膨大な為(あと191エントリー) かなりの時間を要すると考えられます

拙、データーベース版を楽しみに訪問くださる皆様には大変申し訳ありませんが ご理解の程宜しくお願い致します

らーめん大勝の醤油らーめん

09.8.21らーめん

らーめん大勝(秋田市山王新町)で、醤油らーめんをいただきました

スープは鶏ガラ豚骨に魚ダシブレンド系 魚粉が漂い 僅かに粘度高め 麺は、低加水中細ストレート麺 具は、豚バラロールチャーシュー1枚 半熟煮味玉半分 大きい海苔1枚 刻み葱少々

看板やメニューには 堅茹玉子のスライスが2枚載っているが 現在は味玉に切り替えたようである スープのtトロミは鶏モミジなどのコラーゲンだろうか  堅めで頼んだ麺に良く絡む

今回は 並盛り¥680をいただいたが 量は少なめに感じた。 大盛りだと¥750か~

09.8.21麺

09.8.21メニュー

09.8.21看板


2009.8.19現在、 「絶品ClubDB」では 2007.04.17以前の画像リンクにトラブルが生じているようです 順次修復を試みていますが 修正しなければいけないエントリー記事は膨大な為(あと191エントリー) かなりの時間を要すると考えられます

拙、データーベース版を楽しみに訪問くださる皆様には大変申し訳ありませんが ご理解の程宜しくお願い致します

プリプリピリ辛エビチリはいかが?(絶品料理人シリーズ)

09.8.19エビチリ1

久々の絶品料理人シリーズ、 スーパーの特売でゲットしたバナナ海老(¥295)を使い夏にはピッタリの刺激的な絶品エビチリを作ることにした
近頃の海老は格安特売だと言うのに 背ワタがすでに取ってある 表面が解けた頃を見計らい皮を剥いでいく 尻尾は残せば見栄えが良くなるのだが 今回は出来るだけプリプリ感を出したいので取ってしまう 片栗をまぶして半分位まで水を入れたら柔らかく揉み洗い 水気をキッチンペーパーで吸い取ったら 塩コショウ 酒少々で下味をつけ片栗粉をまぶして馴染ませる
単身の都合上揚げ油は残したくないので 少量の油だけで表面を炒めていくが やりすぎると海老がぱさつくので 色が変わる程度でやめておく

チリソースは 前もって合わせておく 多めの豆板醤 チリソース オイスター トマトケチャップも少しだけ多め 花椒 片栗粉 鶏ガラの元 酒 白葱はみじん切り レモンは放射状に切る 

ソースがグツグツしてきたら炒めた海老を投入して絡めれば出来上がり 付け合せには 1玉で買ってしまったキャベツを消化すべく千切りにして敷き詰める 周りに置いたのは完熟バナナを冷凍した純バナナアイスの斜め切りである レモンの酸味と甘くて辛い海老チリは 

最高に旨い

09.8.19エビチリ2

09.8.19エビチリ3

09.8.19エビチリ4

09.8.19エビチリ5

2009.8.19現在、 「絶品ClubDB」では 2007.04.17以前の画像リンクにトラブルが生じているようです 順次修復を試みていますが 修正しなければいけないエントリー記事は膨大な為(あと191エントリー) かなりの時間を要すると考えられます

拙、データーベース版を楽しみに訪問くださる皆様には大変申し訳ありませんが ご理解の程宜しくお願い致します

めん太郎の冷たぬき饂飩+豚丼

09.8.7たぬきセット

「お盆は喜多方らーめん」さんの紹介 めん太郎(盛岡市西仙北)で、冷たいたぬき饂飩と豚丼のランチセットをいただきました

きしめんの様な巾広の饂飩は 腰が強く長い為 2本ずつ手繰ると丁度良い一口分となった 表面の透明感とツルツルの喉越しが旨い 具は、天カス 刻み海苔 蒲鉾 葱少々 浸る程度のダシつゆはカツオの風味が効いてよく絡む 大きめなどんぶりのせいで 少なめに見えるが結構な食べ応えである

豚バラ肉を柔らかく煮込んだ豚丼は 玉葱の甘味がなかなかいい具合に効いている 饂飩のデッカイドンブリと並べると子どんぶりみたいに見えるが 深さがあるのでまともに一杯分の量があるから 食いしん坊の拙者としては堪らなく嬉しいセットであった(¥680)


09.8.7うどん

09.8.7豚丼

09.8.7メニュー

09.8.7看板

2009.8.19現在、 「絶品ClubDB」では 2007.04.17以前の画像リンクにトラブルが生じているようです 順次修復を試みていますが エントリー記事は膨大な為(あと191エントリー) かなりの時間を要すると考えられます

拙、データーベース版を楽しみに訪問くださる皆様には大変申し訳ありませんが ご理解の程宜しくお願い致します

とら屋の手打中華

09.8.6中華

手打中華そば とら屋(北上市常盤台)で、手打中華をいただきました

はらへリズムの【奥州道中腹へり毛】 はらへりさんのエントリーを頼りに訪問

スープは、鶏ガラ系 醤油の色と塩気濃いめ 旨み油の膜が表面を覆うが粒子大きく鶏油の様な黄色みがない 麺は、表面がプリプリした平打ち多加水縮れ麺 具は、メンマ 絹さや 海苔 豚腿チャーシュー3枚 葱少々 テーブルにはトッピング用の刻み玉葱が用意してある

チャーシューは、中華料理で言う所の「めでたい叉焼」の様に食紅で色をつけてあるが 蜜を塗りながら遠火で焼いたような焦げ目は見当たらず 中華そば用にアレンジしているようだ

09.8.6中華麺

09.8.6メニュー

09.8.6看板

北田創TRIO in イーハトーブ音楽祭`09

09.8.9北田創trio

イーハトーブ音楽祭2009 with アートフェスタ(花巻市大堰川河川公園)へ行ってきました

秋田から来ていた家族を連れ 小雨模様の盛岡を出発 県道13号線を南下していくと晴れていれば左手には早池峰山が見えたはずだが残念ながら厚い雲に覆われていた
kaeruさんがネットから引き出した案内図にポイントされていた市役所へ向かうが それらしい人の集まりは見られず 市内を迷う マルカンデパートの近くでイベント会場を発見

手作りの小物や切り絵のアートブースが並び 川縁には沢山のTシャツが干してある いやいや、良く見るとオリジナルTシャツのコンテストらしい 賞品はお米とマグカップ 中でも目をひいたのはエントリーナンバー10番 滲ませたブルーが夏らしく爽やかである

北田創TRIO

Piano:北田創   Bass:三ヶ田伸也   Drum:柿崎幸史

Jazz 好きのおっさんには堪らなくファンキーなTrioを聞かせてもらった 音楽祭には珍しく アンコールまでかかると ピアノに三人が集まる連弾でさらに会場を沸かせる いいものを聞かせてもらった

是非とも 次回はPMAか仲小路Jazzフェステバルに参加して 秋田のJazzフリークも楽しませて欲しいTRIOである

09.8.9ベース

09.8.9ドラムス

09.8.9ピアノ

09.8.9Tシャツ

`88 NSR250R,にかほ市県道32号線

09.8.5リード

HONDA `88NSR250R(MC18)は、今から20年以上も前に作られたレーサーレプリカであります

吸気系からの音が気になり きっとリードがへたっているに違いないと開けてみたのだが とんでもない事が起こっていた。御覧の様にリード押さえがものすごい錆びに犯されてる このまま知らずに走っていたら いつかは破片ががクランクに落ちて焼き付きを起こしていたに違いない 想像しただけでも背筋の凍る思いである 早速自分のエンジンから外したクランクケースリードバルブと交換

リアバンクのミスファイヤはCDI点火のピックアップコイルを外して磨いてみたところ改善が見られ 低速でのギクシャクした感じが無くなって乗りやすい
負荷の掛かった高ギヤでスロットルを開けると5,000回転あたりで息継ぎを起こす不調は今も続いている 症状が出たら一度レーシングして静かに開けていくと回転が上がってくれるので排気のRCバルブが誤作動しているかソレノイド、もしくはカーボンの蓄積を疑っている

09.8.5ピックアップ



09.8.5風車



にかほ市院内から由利高原花立山荘までの県道32号線は変化に富んだ様々なコーナーリングが楽しめる 20年ほど前に通ったときは 車が一台しか通れないような九十九折で至るところに熊注意の看板があった 矢島→にかほの近道と思い迷い込んだのだが二度と通るものかと決めていた

土田牧場入り口までのコースは 7,000回転をキープしながら 思いっきり倒しこんだままで駆け抜ける中速ヘアピンカーブの連続 南由利原に入ると鳥海山を右に望みながらのフルスロットル 途中の橋で飛びそうになるのをグットこらえる グリーンランドの直線はとにかく長い タンクにヘルメットのあごを乗せるくらい身を縮め真正面に鳥海山を見ながら突き進む・・・薬師丸ひろ子ではないが 「かっ、快感」 である

09.8.5院内