文明の利器、カーナビ付けました。リアカメラ

11.9.24カーナビ①

長年家族の足となり レオンの揺りかごととなり またあるときは旅のホテル代わりにもなってくれた「エステマ号」でしたが ここに来てブレーキキャリパーとディスク シリンダーガスケットからのオイル漏れなどで高額な修理費用が必要となり 直したとしても今後も各部の経年劣化は進むわけで いっそのことと更新することにしました

Youさんからの希望で 我が家にもやっと文明の利器「カーナビ」が導入されますが ディーラーオプションやカーショップの工賃などを検討すると結構な金額になり それなら自分でつけるよと オーダー時にオーディオレス車としました ナビはフルセグカロッツェリアをネットで格安購入リアカメラやフィッティングベースはショップで購入 本体取り付けは問題なく出来たので若干の加工が必要なリアカメラポイントをエントリーしておく

まず、クリップでとまっているバックドアカバーを外すが引き手が本体に差し込み固定されているので上部からマイナスドライバーを差込少しずつあおって外す 平面を剥がしたら底面方向に力を加えればガバッと全部外れる リアガーニッシュは8mmナット一個と差込で開いて固定になるフック3個と緑のが一個あるが裏側から引っ掛かりを外してあげればよい バックドアに配線を通す13mm穴を開ける ガーニッシュはホルソーで38mmの穴を開けるが工具はホームセンターで¥480だった 自分で加工する場合のネックとなるのがこの様な特殊工具が必要になる事なのだが思ったほどの値段じゃなくてよかった

もう一つの難所は、バックドアから車体へ配線を通す作業だが クリーニングの針金ハンガーを伸してラインをテープでぐるぐる巻にして少しずつ手探りで進める ここを通せば後は床を這わせてカーナビ本体へ接続して完成 
アルパイン製の埋め込みステーを使いホワイトのカメラなのでディーラーオプションと比べても全く違和感はなく綺麗に取り付けることが出来た

今回導入した文明の利器は、一人乗りで寂しいとき カーナビ嬢の案内に 「そこを曲がるより こっちが近いんだよ」「渋滞してるって どこが?」とか突っ込みを入れて今後のカーライフを楽しませてくれるであろう


9.29追記
設置説明書ではバックドアから左の経路を指示しているが これだと付属のRCAラインでは本体まで届かない為 右側ジャッキスペースまで落とし足元を運転席まで通し本体へ接続する 加工して開けた穴には塗装でタッチアップする特に鉄板に穴を開けたラインの経路には錆を拾わないように念入りに処理する


カーナビ本体:AVIC-MRZ99(パイオニア)¥82,000
取り付けキット:KJ-H45DE(ジャストフィット)¥5,500
車載カメラ:HCE-C90D-W(アルパイン)¥12,390
RCA変換:RD-C100(パイオニア)¥2,000
スマートインストールキット:KTX-C10G(アルパイン)¥2,000
特殊工具:ホルソー¥480

合計金額 ¥104,370 自分で取り付けたので工賃はタダだけど所要時間カーナビ本体2H バックカメラは穴あけ途中にドリルのバッテリーが切れて充電したのを除き2Hかかった 合計4Hかけて自分で取り付けるか ショップで本体差額 約¥17,000に本体取り付け¥15000・バックカメラ取り付け¥10,000 総額¥42,000をかけて頼むか 空いた4時間をボーっと過ごすかは 考えどころ

でも、普通自分で付けようとは思わないよね 良い子の皆さんは真似をしないように。 真似したい人はくれぐれも自己責任で

11.9.24カーナビ③

11.9.24カーナビ④

11.9.24カーナビ⑤

11.9.24カーナビ⑥

11.9.24カーナビ⑦

11.9.24カーナビ⑦

らーめん太閤の野菜味噌らーめん

11.9.26野菜味噌①

らーめん太閤(秋田市桜)で、野菜味噌らーめんをいただきました

スープは鶏がら豚骨 赤味噌仕立て 麺は、多加水中太ウエーブ麺 具は、炒めた野菜と半割り茹で卵 チャーシュー ナルト 海苔 メンマ

以前、「洋」さんから 情報をいただいていましたが やっと訪問することが出来ました 店の横にはなつかしの「松本飯店」で活躍していたバイク 建材で自作した風防は外され ハンドカバーは立派なものに替わってます

松本飯店のDBはこちら

11.9.26野菜味噌②

11.9.26太閤①

09.8.22看板


らー麺 武蔵の武蔵物語(秋編)

11.9.20武蔵物語①

らー麺 武蔵(盛岡市中屋敷町)で、武蔵物語(秋編)をいただきました

スープは、コッテリ鶏がら豚骨で背脂が浮く 麺は、中太多加水ストレート麺 具は、炒めた豚肉 モヤシ ニラに刻み葱がのる ライスとゆで卵一個 おしんこはセルフサービスとの事 スープを投入してまぜこぜしてありがたく頂いた

11.9.20武蔵物語②

11.9.20武蔵物語③


照ひろ食堂のラージャンメン

11.9.21ラージャン麺①

照ひろ食堂(盛岡市飯岡)で、ラージャンメンをいただきました

スープは、鶏がら豚骨のあっさりタイプ 麺は、多加水中太縮れ麺 具は、豆板醤でピリ辛に炒めた五目野菜をオイスターと甘味の残る醤油餡で絡め 小口切りの葱をトッピング ベランダで唐辛子を栽培するほど辛いもの中毒の拙者には辛味はさほどでもなく後半甘味が残るスープへラー油と胡椒を追加する

ハルちゃんママは、味噌ラーメンだったがスープが味噌味になり具材は同じ

他のお客さんが食べてた花が咲いたように湾曲したデッカイどんぶりの味噌ラージャンメンと生卵が二個入り白髪葱がトッピングされた多分スタミナ味噌ラーメンのインパクトがやたら強く忘れられないが¥800超えは貧乏リーマンには少々度胸がいる

周囲が工事中でグルッと店を迂回する状態が昨年から続いているが 現在 駐車場が広く意外に入りやすくなった


11.9.21ラージャン麺②

11.9.21味噌ラーメン

11.9.21メニュー

11.9.21看板



岩手のラーメン巡り3店

10.11.12タンメン①

中華家 天榮(北上市大曲) 奮発してタンメン¥750をいただきました

スープはあっさりめの塩味 麺は、中太多加水 具は、炒めた豚ばら肉 キャベツ モヤシ 人参 木耳


10.11.12看板

10.3.13ラーメン

幸道(二戸市金田一)で、支那そばをいただきました

看板にもあるように スープは、鶏がらと煮干し 麺は、多加水中太縮れ麺 具は、メンマ ナルト チャーシュー 海苔一枚


10.3.13看板

09.3.4ダイナマイト

藍亭(岩手郡滝沢村)で、激辛ラーメンダイナマイトをいただきました

スープのベースはあっさりめだがピリ辛の薬味が投入され 僅かに赤色を帯びているが辛味はさほどでもない  麺は、中太い多加水麺 具は、ニラ かき卵 メンマ 白髪葱


09.3.4藍亭



鳥園

11.5.13看板

11.5.13鳥園②

鳥園(盛岡市月が丘)で、定例会でした かなり前だけど

細長いお皿にてんこ盛りの名物刺し盛りは その日の仕入れで赤身だったり白身だったり 香ばしい焼き鳥がどんどん並べられ宴もたけなわとなり日本酒に切り替える頃 頼んでいた海鼠酢のお出まし これまた最高である

中心部からは かなり離れた場所にあるが毎度毎度店内は盛況で 奥座敷に陣取った大所帯だと酒の出が間に合わないこともあるが オーダーするときに一つ二つ多めに頼んどけば問題ない

焼きに時間が掛かる 巨大鰤カマが出てくる頃には かなり出来上がってしまってた


11.5.13鳥園⑤11.5.13鳥園③

11.5.13鳥園①

11.5.13鳥園④11.5.13鳥園⑥

11.5.13鳥園⑦

11.5.13鳥園⑧


亀ちゃん食堂の亀ちゃんラーメン

11.9.16亀ちゃんラーメン①

亀ちゃん食堂(盛岡市下鹿妻)で、亀ちゃんラーメン大辛をいただきました

ベースのスープは鶏がら豚骨あっさりめだが甘めの味噌仕立て 辛いもの好きの拙者には大辛は楽勝 みたけにあった頃の「しなちく」さんのエントリーでは 竜宮城や玉手箱なる激辛のメニューも存在したようだが 新店舗ではなくなってしまったようだ 麺は、自家製麺 今回は細麺をチョイス 多加水細ストレート麺 具は、挽肉 ニラ もやしを炒め 白髪葱がのる

店舗入り口にも案内があるが 鍋を振るメニューが多くなると待ち時間が長くなるので時間に余裕をもって訪問したほうが良い ピークをずらして伺ったつもりが昼休みをオーバーしてしまった


11.9.16亀ちゃんラーメン②

11.9.16亀ちゃんラーメン③

11.9.16亀ちゃんラーメン④


焼き鳥居酒屋 とり

10.10.4とり①

10.10.4とり⑥

焼き鳥居酒屋 とり (盛岡市大通

昨年10月4日 定例会の画像が残っていました 給料日後の火曜か金曜に¥3,500呑み放題付き できれば長いほど良い しかも幹事持ち回りで始まったのだが この頃からどこからともなくあそこのチーズつくねは絶品らしいなどと噂を聞きつけて頻繁に開催されることが多くなった

その中の一軒、 そっ! チーズつくねのおいしいお店はここでした


10.10.4とり②

10.10.4とり③

10.10.4とり④

10.10.4とり⑤


‘11千秋公園JAZZ impression

11.9.3Jazz①

秋田市街地が音楽で溢れるイベント 今年は、3団体が同時開催となり JAZZ好きの拙者は千秋公園にお邪魔してきました
正面にはベンチが並べられるがすぐに満席状態 周辺の開きスペースにはMyチェア持参でくつろぎながら 思い思いにブルージーなプレイを楽しむ

イベントを撮るときには 必ず機材とスタッフを取り込むようにしているが `09 `08でもチョイと出演していただいた キュートな「おねえちゃん」に またあえた まるで 丈屋記念中華で毎度お会いするLovinさんのようだ

‘09仲小路JAZZ

`08仲小路JAZZ

11.9.3Jazz②

11.9.3Jazz③

11.9.3Jazz④


ヴィラ工房のこく旨味噌ラーメン

11.9.12味噌ラーメン①

お肉の産直 ヴィラ工房(紫波郡矢巾町)で、こく旨味噌ラーメンをいただきました

入り口で食券を買い厨房に半券を渡し 番号を呼ばれたらお盆にのったラーメンを引き取り こぼさないように慎重にテーブルまで運びます どんぶりは一時期頻繁に見られたすり鉢だが ひと回り大きく最近では逆に新鮮である
スープのベースは鶏がら豚骨 玉状の旨み脂がキラキラひかりコクがある 麺は、中太多加水縮れ麺 具は、堅めに炒めた玉葱 人参 ピーマン モヤシ キャベツ 豚バラ肉が大量に載る 麺の量が多く150~180g位だろうか ¥550でこの大盛りはCP高く食いしん坊にはありがたい

ごくホル定食は、番号を呼ばれるとメインの大皿だけお盆に載っているので隣に並んでいる茶碗かどんぶりにジャーから御飯 汁椀にワカメと葱を入れ 味噌汁サーバーから注ぐ この日の漬物キムチを小皿にとり こぼさないように慎重にテーブルまで運ぶ

プリプリで柔らかい豚ホルモンは、大量のモヤシ キャベツ 人参 ピーマンと炒めピリ辛い豆板醤で甘辛く味をしめる 付け合せには、極細線切りのキャベツがこれでもかとドッサリ 野菜不足な単身赴任おやじにとっては3日分の野菜がとれたようでうれしい

日替わりランチが美味しそうだったので 後日再訪問したが12:15を回ったばかりだったのにすでに終了していた 残念! ランチ狙いなら開店ダッシュか12:00前には入店していなければありつけないのかもしれない


11.9.12味噌ラーメン②

11.9.12ごくホル定食

11.9.12メニュー

11.9.12看板


唐辛子通信、完熟赤・きのこ生えた

11.9.9赤唐辛子①

近頃の寒暖の差が影響してかベランダ菜園の唐辛子がいよいよ熟して官能の赤に色づき始めました 一番育ちの良かった韓国唐辛子は辛みマイルドで料理に使うのなら2~3本入れても全然平気です 上向きに小さめな実をつけているのは激辛ですがこのまま赤くなるまで育てます
3枚目は、春プランターに種を蒔いたものを間引いて厳選した4本 「
唐辛子コレクション」今頃になって花を付け始めてますが気温が下がってきているので実がつくかどうか判りません 驚いたことに一晩で「きのこ」が生えました

11.9.9青唐辛子①

11.9.9青唐辛子②

11.9.9キノコ


`88NSR250R改、スロットルセンサー

11.9.4NSR①

11.9.4NSR②

11.9.4NSR⑤

11.9.4NSR⑥
9/10追記

黄/青・青/緑間の抵抗値 全閉で1.91kΩ 静かにスロットルを開けると不安定ながらも5.05kΩまで上昇した 黄/赤・青/緑間の抵抗値4.65kΩで全開時に少し許容範囲からはみ出してはいるものの大丈夫でしょう
コントロールユニットとサブコントロールユニットの検証はメインスイッチをONにして導通の確認 古。。。。さんから教授いただいた項目だがここも異常はなかった
PGM CDIのチェックをする為にカプラを外すが フックの掛かりが浅かったようで もしかしてこれが原因だったとすれば「間抜けな話」である 組みなおしていつものテストコースへ向かうが台風の雨が路面を濡らして海からの横風が強い いくら豚骨ラーメンメタボな拙者でも これに煽られると怖い 低ギアで9500rpmを超えるのを確認 順番にシフトアップしていくが 亀田の直線で前が詰まり全開に出来なかったが感触は悪くない
メインを切って惰性のまま大内ICで降りる プラグの焼け具合を見るが フロントバンク濃くリアバンクは相変わらず薄い アイドリング時レーシング時どちらも均等にオイルの白煙を発生しているので やはりセンターシール抜けなのかもしれない 


`88 NSR250Rは、今から23年も前に作られたレーサーレプリカであります

高回転域での頭打ちで すっきりしない状態が続く 9500rpmからリミッター解除で12000rpmまで回るはずがスロットルを開いても反応せず逆にRCバルブが閉じてしまうような感覚があり その位置でキープすると僅かだが伸びる
スロットルセンサーの標準値は 全閉:0-1.5kΩ 全開:4-6kΩ とあるが 実測4.65kΩで開けても閉めても滑らかな抵抗値の上昇はない 常に全開の状態ということだろうか ストック部品を試してみると5kΩと少しあるがこちらも抵抗値の変化は認められない 2つとも壊れているのだろうか ただ、いつも全開状態でセンサーから信号が出ているということは オイルの供給量を増やしはするが 頭打ちとは関係なさそうである

オイルは確かに減りが早いので念のためシールの点検にポンプを外してみるが 手で回しても漏れは無く こちらはもう少し使えそうだ 残る項目は、センターシール抜けの確認とPGMくらいしか思いつかないがPGMは動作テスターが無いので抵抗値くらいしかチェックできないだろう


11.9.4NSR③

11.9.4NSR④


ホヤ塩辛と遠野生ラム

11.9.2塩辛①

11.9.2塩辛②

今年、やたら品薄だった殻付きホヤでしたが この日処分品4個をゲット 早速2個をお刺身で頂き残りを塩辛にしてみました

2日すると塩の角も柔らかくなり 食べたあとに日本酒を流し込み鼻から息をはくと磯の香りが広がる

岩手に来てはじめていただく遠野の生ラムは ハルちゃんママからのおすそ分け 焼肉はやっぱり焼きたてを頂くのが一番美味しく キッチンに椅子をセットして1人焼肉の晩餐 手を伸ばせば冷蔵庫がすぐそこにあり凍ったジョッキが取り出せる至福の空間となった

11.8.22ラム①

11.8.22ラム②


五拾五番の中華そば

11.8.26中華そば①

中華そば 五拾五番(盛岡市みたけ)で、中華そばをいただきました

スープは澄んだ鶏がら豚骨系であっさりタイプ  麺は、細多加水縮れ麺 具は、豚腿肉チャーシュー メンマ 麩 海苔 小口切りの葱少々

五拾五番といえば5mm位ラードで油膜がはって湯気も出ない激熱ラーメンを思い出すが 濃い色のタレもかかってないので 盛岡の五拾五番ってことですね

湯沢の五拾五番は、こちら



11.8.26中華そば②

11.8.26中華そば③

11.8.26中華そば④