はすの屋の支那麺

12.12.26支那麺①

支那めん処 はすの屋(盛岡市紺屋町)で、支那麺をいただきました

スープは、澄んだ煮干し昆布系  麺は、多加水細麺 具は、メンマ ナルト 海苔 豚バラ肉ロールチャーシュー 本日の「ごはんあります」は、カレー風味に鮭フレーク御飯でした


12.12.26支那麺②

12.12.26支那麺③12.12.26木時計

12.12.26支那麺④

12.12.26看板


2012クリスマスイブ

12.12.24クリスマス①

12.12.24クリスマス②

クリスマス寒波のおかげで朝からずんずんと積もり始めた雪を2度片付け 夕方には我が家にも恒例のイルミネーションが燈る 

今年のケーキは、チョコレートスポンジのブッシュドノエルと 苺のサンタクロースが3人

12.12.24ノエル①

12.12.24ノエル②


いよいよ今年の搾り立て生酒 出始めましたね

12.11.17雪の芽舎

1本目は 「雪の芽舎 純米吟醸生酒」秋田県由利本荘市 齋彌酒造店 日本酒ヌーボーの首輪をぶら下げたフレッシュな逸品・・・saちゃんに呑まれてなければ秋田宅の冷蔵庫に残っているはず

2本目は「山形政宗 純米吟醸うすにごり」山形県天童市 水戸部酒造 バナナのような香りの搾り立て・・・すでに空瓶でした


12.12.21山形政宗


宝介 津志田店のマ・シェリラーメン

12.12.19マシェリラーメン①

宝介 津志田(盛岡市津志田)で、マ・シェリ限定ラーメンをいただきました

盛岡の生活情報誌 マ・シェリのクーポンを持っていくと¥750のあんかけラーメンがなんと¥500でいただけます
麺は、多加水中太 あんかけは、炒めた豚肉 モヤシ キクラゲ ニラ スープを水溶き片栗で塩味に仕上げてある スープ全体が熱々トロトロのあんかけのタイプ トッピングは放射状に配置したナルトが3個 煮卵 デフォルトで粗挽き黒胡椒が振りかけられている


12.12.19マシェリラーメン②

12.12.19マシェリラーメン③


11月の 「sake&wine Mine」

12.11.6mine②12.11.20Mine①

sake&wine Mine(盛岡市大通り) 押しも押されぬ人気店のため11月に奇跡的に入店できた貴重な画像であります

肴は、豚バラの角煮 煮玉子付き mineのポテトサラダ 鮟肝の燻製 鮭の白子煮

お酒は、「自然酒山廃純米吟醸」「裏・我山流 芳華」「あぶくま 純米吟醸原酒 ひやおろし」「奥 純米吟醸」「奈良萬 ひやおろし し 生詰」


12.11.20Mine③

12.11.20Mine⑤12.11.20Mine⑥


12.11.6mine③

12.11.20Mine②12.11.20Mine④


12.11.6mine④


弥太郎の塩ラーメン

12.11.27塩ラーメン①

中華そば弥太郎(盛岡市みたけ)で、塩ラーメンをいただきました

スープは、透明度高い鶏がら豚骨に魚介系僅かに褐色で旨み濃厚だが後味はさらりといている 麺は、細めの手もみ 具は、豚バラ肉チャーシュー 麻竹メンマが2本 小口切り葱少々 具材の配置が変わっていてロボットの目玉と鼻みたいで面白い


12.11.27塩ラーメン②

12.11.27メニュー

12.11.27看板


辛そうで本当に辛い自家製激辛辣油(絶品料理人シリーズ)

12.12.5ラー油①

大蒜は、芽をとってみじん切り 細長の激辛唐辛子は種を取って輪切り 干し海老 今回はシンプルに3種の具材をほぼ同量にしました 油はサラダ油と胡麻油半々で煙が出るくらい熱して金属ボウルに一気に注ぐ 大量の煙が出るので換気扇を回しておかないと火災報知器が作動して大変な騒ぎになる 辣油を作ってて消防車が走ってきたら洒落にならない。

大蒜はカリカリにローストされ海老も香ばしくなった 唐辛子は、着色した市販の物みたいにあまり赤い色素を出さず焦げの黒っぽい色だが その実力を侮ってはいけない 調子にのって食べ過ぎると次の朝 お通じの時に痛い目にあう


12.12.5ラー油②


濃厚鮟肝と御土産味仙台湾ラーメン(絶品料理人シリーズ)

12.11.27あんきも①

12.11.27あんきも②


同僚から食べてみたいとリクエストがあり1kgの大袋を購入、完成品を買ったんじゃないかと思われたらしく今回は下ごしらえから仕込み 出来上がりまでの行程を追記にのせました。血抜きは大丈夫でしたが食感が悪くなる血管をこそげ取る下処理は根気と工夫が必要

今回の絶品料理人シリーズは超豪華二本立てでございます

鮟鱇の肝は、いつもの激安スーパーにて200gほどのパックが¥280だったので迷わずゲット 普段はアメリカ産の大袋が¥2,800位 独り暮らしでそんなに大量には食えないので躊躇していた
下処理は血管や筋を丁寧に取り除き 醤油に20分ほど漬けて臭みを抜き酒で洗い流す ラップで円筒型に包み両端を縛り爪楊枝で空気抜きの穴を数箇所開ける そのうえをアルミホイールで包み両端を絞る あまり力を入れると切れてしまうので加減が必要
拙宅には蒸し器なるものが無いので鍋に小鉢で上げ底をして落し蓋 お湯が沸いたらホイルに巻いた肝を乗せて約20分間蒸す 火を止め粗熱が取れたら冷蔵庫で味を落ち着かせる
紅葉おろしは,大根の皮を剥いて2cmくらいの切り目を入れヘタと種を抜いた唐辛子を挟んで大根おろしで摩り下ろす 輪切りにした鮟肝を小鉢に並べおろしをのせ ポン酢醤油を一廻しして小葱を散らしたら「絶品鮟肝」の出来上がりである オレンジ色に脂ののった濃厚な肝は 雪がちらつく盛岡の景色を眺めながら暖房の効いた暖かい部屋で飲む冷え冷えのビールに最高のご馳走である

余談ではあるが 絶品料理人シリーズで美味しそうな料理と一緒に写っている「金麦」 時々景品に応募するのだが未だかつて一度も当選したことが無い 毎日500mℓ1本 夏場だと2本で計算すると年間548本飲んでいる事になる 嬉しい時や辛い時にはもう1本多めに飲むから貢献度は計り知れないであろう キュートな笑顔がかわいい「壇れい」ちゃんには申し訳ないが そろそろ別の銘柄に切り替えて懸賞に応募するのもありかなと迷っている

三重に応援勤務のKAERUさんを視察にYouさんとsaちゃんが名古屋まで出かけたので 空港の味仙セントレア店で名古屋名物元祖台湾ラーメンをお願いしてました

麺は、加水低め量120gと少なめの細ストレート麺 スープは、澄んだ鶏がら豚骨醤油ベースと思われるが具材のタレなのか砂糖の甘味が強く感じられる ミンチは、甘辛く味付けされ大蒜と唐辛子が大量に投入されている 食べてるとプツプツと歯に触るものが気になるが胡麻かなと思ってよく見たら唐辛子の種でした そうか~本物は、種ごと砕いた唐辛子を使ってたのかと感銘 ネットからの情報しか知らなかったので台湾ラーメンは激辛と思い込んでいたが 辛いもの好きな拙者のことであるから全然大丈夫  美味しくいただきました


12.11.28味仙①

12.11.28味仙②

12.11.28味仙③


東京駅 斑鳩

12.12.4本枯れ節らー麺①

東京駅 斑鳩(千代田区丸の内)で、本枯れ節醤油らー麺をいただきました

スープは、さらりとした鶏がら豚骨に鰹などの魚介ブレンド 麺は、加水低めの細ストレート 具は、大判の豚バラ肉チャーシュー 縦割りの淡竹メンマ 海苔 ナルト 小口切り葱少々 あられパラパラ

出張ラーメン其の二、誤解の無いように付け加えておくがラーメンを食べる為に出張しているわけではない


支店で手配してくれたチケットがパック旅行だった為 新幹線の前倒しがきかず 時間が余ってしまった やはり自分で手配すれば良かったと後悔
仕方なく大都会銀座で年末ジャンボを連番で20枚ゲット 当たれば前後賞合わせて12億円、他にsaちゃんから頼まれた大丸キースマンハッタンでブラウニーとディジーを購入

12.12.4本枯れ節らー麺②

12.12.4東京駅斑鳩


広州市場の塩わんたんめん

12.12.3ワンタンメン①

広州市場(新宿区西新宿)で、塩わんたんめん+煮豚飯をいただきました

スープは、大量の鶏ガラ豚骨で旨みたっぷりでチー油多め 麺は、加水少なめな細ストレート 具は、ワンタン ほうれん草 メンマ 煮たまご1個 小口切り葱少々 煮豚飯は、小どんぶりご飯にタレを滲みこませた上にスライス豚バラ煮豚が4枚ものっている

テロテロのワンタンは具をたっぷり詰めて肉を食わせるタイプ ボリューム満点で小どんぶりまで食べたら腹いっぱいになってしまった 最近、煮たまごはトッピング設定で¥100ってのが多く貧乏性の拙者には高嶺の花である スーパーで火曜日に買えば10個パック¥100しないのに茹でてタレに漬け込んだだけの玉子がどうして・・・と思う ここは、デフォルトで茹で卵をタレで煮込み中まで味を滲みこませた半割りの絶品が2個のっててだいぶ得した気分になれる 
 

出張ラーメン其の一、誤解の無いように付け加えておくがラーメンを食べる為に出張しているわけではない

12.12.3ワンタンメン②

12.12.3メニュー12.12.3煮豚飯


12.12.3看板


小料理しゅんで定例会

12.11.6しゅん①12.11.6しゅん②

小料理しゅん(
盛岡市大通)で定例会でした

・・・一ヶ月ほど前ですが

相変わらず美味しい料理に囲まれますが 何といってもこの日のメインは鍋料理 旬の鱈鍋に白子が入り きのこはエノキ そして手に持っているのは少し傘が開き加減ですが「まっ松茸さま」でございました 流石にお吸い物とは違い香りも食感も絶品であります 


12.11.6しゅん③

12.11.6しゅん④12.11.6しゅん⑥


12.11.6しゅん⑧

12.11.6しゅん⑨


シャツベロリンガー撲滅大作戦

12.12.2滑り止め①

会社から支給されている大変ありがたいズボンであるが アクリル90%綿10%の成分とウエストの仕様は「シャツベロリンガー」で始終直していなければ だらしないおっさんに見えてしまう

¥100ショップにしては3枚しか入っていない高級品であるが 使えそうな「シャツストップ」なるものを付けてみる事にした 貼り付けたいところに置き あて布してアイロンで押さえつけるとくっつくそうだ シートの3枚だけでは心細いので奮発してもう1シート使い豪華な対策を施しました

これできっとシャツが出ていないダンディーなナイスミドルになれそうです


12.12.2滑り止め②

12.12.2滑り止め③


博多風龍のとんこつらーめん

12.11.22トンコツラーメン①

博多風龍(千代田区内神田)で、とんこつらーめんをいただきました

スープは、さらさらの白濁豚骨 麺は、低加水極細ストレート麺 具は、木耳 チャーシュー 青葱 海苔一枚 

デッカイ看板に書かれているように替え玉が2玉まで無料ってのはすんごいっす もちろんバリカタで1玉いただきました


12.11.22トンコツラーメン②

12.11.22看板



大衆割烹 大越

12.11.22大越①

大衆割烹 大越(千代田区鍛治町

神田駅近く、 ガード下の居酒屋を覗きながら進むがどこも満席 さすがに大都会は居酒屋で一杯引っ掛けるにも並ばなければならない
老舗の大越で少し待つと2席だけ空きがでて着座 ライトアップされた東京駅を撮って神田まで歩いてきた喉をビールで潤し鯵タタキをいただく 店内は、噂に聞くおやじギャルも何人かちらほらと見られたが多くは仕事帰りのリーマンが羽を休める憩の場のようだ 醤油仕立ての肉豆腐は韮と豚バラ肉 韮玉は鍋 牡蠣フライと付け合せの千切りキャベツ

ガード下で呑んでるとメールしたところyouさんから「親父クサ」と帰ってきたが 言っちゃ悪いがあーたも同い年ですから・・・ 

12.11.22大越②

12.11.22大越③

12.11.22大越⑤12.11.22大越⑥


12.11.22大越④