Mooの辛モー麺

13.10.27辛らーめん①

13.10.27辛らーめん②

牛骨らーめん専門店 Moo(秋田市山王中島町)で、辛モー麺・双モー麺をいただきました

辛モー麺、スープは中粘度の牛骨 麺は、博多豚骨と同様の低加水極細ストレート もちろんバリカタをコール 具は、甘辛く炒めた豚挽肉とスリム葱  小振りのどんぶりに麺の量も少ないので 替え玉したら¥850でびびった

youさんの双モー麺は、牛骨スープと魚介のダブルで「双」らしいです こちらは具材に海苔とチャーシューがのっていました


13.10.27双モー麺④

13.10.27Moo麺③

13.10.27Moo⑥


'13栗の渋皮煮(居酒屋ぜっぴんシリーズ)

13.10.3栗①

「居酒屋ぜっぴん」 酒飲みの肴に辛いものは付き物ですが箸休めに酸っぱい生姜や甘い物があるからこそ酒の旨みが引き立つわけで  旬の栗をつかって渋皮煮を仕込み中です 鬼皮を柔らかくする為お湯で温めます 一つ一つ渋皮を傷めない様に剥いたら重曹でアクを抜いていきますが煮込まないように注意が必要です 栗の実が煮えてしまうと破裂や砕けがはじまってしまいます 赤黒く染まったお湯を替えながら繰り返すこと5回 そろそろ砂糖を含ませていきます  

13.10.3栗②

13.10.3栗③


東座の鶏白湯ラーメン

13.10.23鶏白湯①

東座(盛岡市南大通)で、鶏白湯ラーメンをいただきました

スープは、長時間鶏ガラを煮込んだ白濁濃厚 粘度濃すぎずサラッとした喉越し 麺は、加水低め全粒粉ブレンドの細ストレート麺 少し固めに茹で上げ食感も好み 具は、メンマ オーダー受けてから炙った豚バラチャーシューが二枚 どちらも味を濃い目に入れてある  海苔 小口切り葱がトッピングされる。


13.10.23鶏白湯②

13.10.23鶏白湯③

13.10.23鶏白湯④


みや蔵の辛みそらーめん、魚だし中華

13.10.14宮蔵①

みや蔵(にかほ市象潟町)で、辛みそらーめんと魚だしらーめんをいただきました

youさんの希望で例によって真っ直ぐ7号線を南下 道の駅物産センターでお昼にしました 拙者の辛みそはサラサラスープに赤味噌 辛味は豆板醤と思いますが「辛ぇ~」のポップのわりにチョビ辛です 麺は、多加水細ちぢれ麺 具は、炒め野菜とメンマ チャーシュー 木耳 白髪葱 海苔

中華は、あっさり煮干し系スープ


13.10.14宮蔵②

13.10.14宮蔵③

13.10.14宮蔵④


'13 横手オールドカーフェステバル

13.10.13横手旧車①

第9回横手オールドカーフェステバルに行ってきました

懐かしいですね 拙者の車歴で一台目は 箱スカGTをリアフィンダーカットしてガンメタに全塗装していました

13.10.13横手旧車②

13.10.13横手旧車③

13.10.13横手旧車④


牛たん炭焼 利休東7番町店

13.8.27利休①

牛たん炭焼 利休 東七番町店(仙台市宮城野区

仙台での二次会で訪問  やっぱり牛たんであります 七味をたっぷり振りかけていただきます 刺し盛りも盛り付けが綺麗


13.8.27利休②

13.8.27利休③

13.8.27利休④

13.8.27利休⑤


横手西祭り、絶品石巻さんますり身汁

13.10.13横手祭り①

横手駅西口祭りに行ってきました 

遥々石巻から来てくれた「さんまのすり身汁」 らーめん丈屋のかかあ様も手伝っておられましたがカメラを向けたら右端に隠れてしまいました 具は、シンプルに豆腐と秋刀魚つみれ 小口切り葱がトッピングされます あいにくの曇り空だったのでダシのきいた熱々の汁が最高に美味しかったです

隣のブースでは、丈屋店主ひげさんがトレードマークのタオルを頭に巻いて「成ト会のとんこつin秋田」を提供してましたが 長蛇の行列だったため泣き泣き降参

もう一つの御目当て「あきたSLこまちC61」秋田駅に向けて機関車を回送している動画が撮れました 構内の真横を通ってくれたので迫力満点です 懐かしいですね~ 昔々2人の姉と3人で青森に向かった時のSL旅を思い出しました。

13.10.13横手祭り②

13.10.13横手祭り③




プリプリ海老の塩ワンタン麺(絶品料理人シリーズ)

13.10.11ワンタン麺④

海老は、粗めにきざみ塩胡椒とオイスター 胡麻油少々で味を入れて片栗粉でまとめる けち臭いことは言わずどーんと多目の餡をワンタンの皮で包む 麺は、三ツ和食品の細ストレート スープは、塩味でどこまでも透き通り旨み脂がきらきらと輝き 最高に旨いワンタン麺に仕上がった

13.10.11ワンタン麺①

13.10.11ワンタン麺③

13.10.11ワンタン麺②


伊達の旬菜 みわ亭

13.8.27みわ亭①

伊達の旬菜 みわ亭(仙台市青葉区) 8月の送別会から

先付は、5種 手長はザリガニじゃなく川海老 お刺身は、2点 焼き物は、太刀魚 鴨肉の煮物 揚げ物は、骨まで食べれました

13.8.27みわ亭②

13.8.27みわ亭③

13.8.27みわ亭④

13.8.27みわ亭⑤

13.8.27みわ亭⑥


脂笑さんの根性にはかなわん、拙者は不戦敗

13.10.6琴平荘①

14番札 脂笑のでぶろぐで紹介されていた「こんぴら~ふねふね~♪」です 10/6だとすれば拙者も挑戦していました 建物の周囲に駐車してある台数からして予想はしていましたが 玄関先にはどれほど急いだのか判りませんが片方の靴がはみ出ていました とりあえず番号札をと向かうと「59番」 食べている羨ましい広間を覗くと1卓に1番なんでしょうかチラホヤと空席 待合広間の方はと偵察すると50人ほどが辛抱強く待っている この人たちが食べられるのは何時間後なのかと思ったら せっかく遥々やってきましたがおとなしく白旗を掲げて退散し 加茂水族館のクラゲを観に行きました。

13.10.6琴平荘②

13.10.6琴平荘③


パトロール業務に行ってきます

13.9.18変乗り

彼のライディングは、250ccのオフロード車でありながらイエローコーンのジャンパーにロードフルフェイス タンデムステップに足をのせる誰よりもレーシーでした

びしっと決めた彼のバイクがどこのなのか判らず 後方排気で3つ穴をあっちこち調べてやっと見つけました デイトナ675/Rは4年連続「キング・オブ・スーパースポーツ」受賞 公道最強とのこと 足つき性は良くないみたい

国道101号線を偵察に行った帰りにあの店のかつ重に異常がないか調査してきました このビジュアルだけで店名を思い浮かべられる人はかなりの通であります この日は、帰りの道中も考えて掟破りの「どうか、お願いですからご飯半分にしてください」とコールしてしまった


13.9.18バック美人

13.9.23カツ丼(特注ご飯半分)


本格激辛麻婆麺(居酒屋ぜっぴんシリーズ)

13.10.2麻婆麺①

ご存知「居酒屋ぜっぴんシリーズ」営業終了で頂くまかないの激辛麻婆麺であります

麺は、
三ツ和食品業務用5玉入り多加水18番の太麺 具は、采の目切りの絹ごし豆腐 下茹でをしてお湯を切っておく 中華鍋に油を引きスライスニンニクで香りを移す 冷蔵庫にあった薩摩揚げも采の目切りしてついでに炒め焦げ目が付いたら豆腐を投入 常備の新宿中村屋「辛さ、ほとばしる麻婆豆腐」を加えて仕上げる トッピングには、茹でモヤシと青葱 自家製の青唐辛子ラー油をのせて 本格激辛麻婆麺の出来上がり。

本来のまぜそば風汁無しでありますが 材料があれば裏メニューで提供も出来るかもしれません


13.10.2麻婆麺②


ももどり駅前食堂の唐揚げ定食

13.9.19唐揚げ定食②

ももどり駅前食堂(盛岡市盛岡駅前通)で、唐揚げ定食をいただきました

ランチの一押しとメニューにあった唐揚げはご覧の通り大皿から溢れんばかり ニンニク醤油を滲みこませた鶏肉が水溶き片栗粉で香ばしく揚げてある 1枚の腿肉を4つ切りで合計6個 鶏の唐揚げ好きには堪らない

13.9.19唐揚げ定食③


'88NSR250R改 迎撃戦闘マシーン

13.9.29NSR①

'88NSR250R改は、今から25年も前に作られたレーサーレプリカであります

最近 芦田愛菜ちゃんや菊池凛子さんが出演で話題となった「パシフィック・リム」で ばれてしまったが 我が国にも迎撃用の戦闘マシーンが存在する 1台は、お台場のガンダムフロント東京に展示品としてカモフラージュされている 我が故郷秋田にも2台 青鬼の出刃包丁型ソードの材質は 鍛え抜かれた日本刀と同じで何でもぶった切ってしまう程の破壊力 赤鬼のフリフリは、神主のように振り回して敵の注意力を撹乱する効果が期待できる

男鹿半島を時計回りに加茂⇒桜島⇒GAO⇒入道崎 普段から愛想の良い売店のおばちゃんたちも実は極秘任務を背負っているのかもしれない 黄色いVFR1000を見つけたので もしやと思い隣にとめて酒パワーのステッカーを探したが 実戦重視の誰かさんのとは違い年式を感じさせないほど綺麗に手入れを施してある 

半島の先端にある灯台も実は、迎撃ミサイルかもしれない・・・って 中身空洞でらせん階段登るし 

冗談はさておき 傷付いたNSRの左ミラーを汎用品の激安に替えたら どうしたことか走っているうちに回転軸が緩んでお辞儀してしまう 横の張り出しも純正と同じなので視認性は自分の肘が見えるだけである これじゃ後方の車を縫いながら密かに接近してくる 赤い回転灯付けた白いバイクを見逃してしまう可能性が大きい もちろん拙者の場合 制限速度を厳守しているので何の問題も無いのだが よせば良いのに またまたHONDA車汎用激安ミラーのうたい文句に釣られて 送料込み¥1,980のCBR600RRタイプをポチってしまった

意外にも取り付けステー部とアームは アルミダイキャストに黒のカチオン塗装だが接合部の黒染め6角ボルトは 新品の表記だったのにすでに錆が出ている 少し大きめのミラー部は バリが出たままの粗末なザラザラのプラスチック 取り付け方法がNSRはミラーからボルトが出ているのに対し 汎用品は 6mmボルト用の穴が開いているだけ しかもピッチが狭く座彫りも必要になった  

本日の教訓「安物買いの 銭失い2連発」 好きな言葉「棚からぼた餅」

13.9.29NSR②

13.9.29NSR③

13.9.29NSR④

13.9.29NSR⑤