串巻焼 夜台屋

13.12.13屋台屋①

串巻焼 夜台屋(仙台市宮城野区

2013.12半ばの蔵出しで申し訳ない。 仙台に前のりだった為 1人で呑めるところを探していました 
御通しは 小さい擂鉢に盛られた生キャベツ 白子ポン酢はスリムネギと紅葉おろし 帆立の貝焼き おすすめの串巻焼はエノキの豚バラ 焼き上げてから半分にカットして出てきます 砂肝焼きは辛し味噌でご馳走になりました。

13.12.13屋台屋②

13.12.13屋台屋③

13.12.13屋台屋④

13.12.13屋台屋⑥

13.12.13屋台屋⑤

浜焼酒場 海王本宮店の本鮪

14.2.21海王①

浜焼酒場 海王本宮店(盛岡市本宮)

美味しい肴が食べたくて訪問 店主お任せの刺し盛りは水母 鰤 鮪 サーモン 鯵 レモンにのってたのは鱈かな 金曜の夜なので店内は あっという間に満席になった 焼き物や揚げ物も食べたかったが 厨房のてんてこ舞いを見ると時間がかかりそうなので またまた刺身をお願いした 旨みたっぷりの本鮪と貝柱の繊維が立つ帆立

海王本宮店は、2/22(土)で営業終了


14.2.21海王②

山本家 坦仔麺

14.2.19台湾ラーメン①

山本家(盛岡市門)で 坦仔麺をいただきました

スープは、辛み柔らかくコチュジャンだろうか砂糖系の甘さが強い 麺は、多加水ストレート 具は、白髪ネギ 韮 ナルト 甘辛く炒めた炸醤 台湾風板餃子も頂いた

今回はキャンペーンで坦仔麺が¥700のところ¥500 餃子は¥400のところ¥200で御馳走になった


14.2.19台湾ラーメン②

14.2.19台湾餃子①

14.2.19山本家メニュー

1402.19山本家


FOSTEX FF225N 2層式ラバーコート風エッジの制作(汗臭いTシャツだけど)

14.2.14FF225N⑤


前回、ONKYO D-77XDのエッジ交換を行った経験を踏まえ 塗布材を微調整しながら仕上げてみました 

問題点:変性シリコーンだと乾燥後も若干粘る(ごみを吸着する)・形状の保持性が弱い(逆に柔軟性があるのでユニットへのストレスは軽減される)・どうせ捨てようと思っていた古着のTシャツを基材に流用した為若干汗臭い

解り易く見せるために1層目のシーリング材はブロンズ色 形状保ちたいので接着剤のGクリヤーを混合してペイント薄め液でゆるくしたら 生地に滲み込ませる様に2周ほど刷り込む (スタンピングしてもよろしい) 冷蔵庫からビールと自家製鮭トバをもってきて アルコール臭の息をフウフウさせて乾燥を促す(面倒な人は省略してもええ) 少し硬化が始まったシーリングで2層目を塗る この時点では まだ生地の繊維が見れる 

一晩乾燥したら3層目に取り掛かるが 合成ゴムの接着にも適合できるスーパーXを少しゆるめてトップをコーティングしてみたのだが ゴム系の皮膜が少しテカって妙だ。 汗臭い件を改良しようと思い 洗濯済しかもソフランで柔らかく仕上げ爽やかな香りつきのTシャツを奮発しようと出してきたが 首は伸びきっているものの まだボデイに穴も開いていないのでもう少し着れると判断 今回もまた汗臭いエッジで我慢することにした 大丈夫♪大丈夫♪ シーリングと接着剤とシンナーで匂いも希釈されるから問題はない。  


2/19追記
フレーム外周を先にスーパーXで接着 位置を調整してガスケットを合わせたらひっくり返して固まるのを待つ 内径を接着したら乾電池を重石代わりに 24時間養生したら完成


14.2.14FF225N⑥


ささやかな抵抗

14.1.25トラガス

羽後町で仕事の帰り カーナビと口コミを頼りに向かってみたもののそれらしい看板も無く 来るものを拒むかのような店でした。なので入らずに他所の店でご馳走をいただきました 拙者もなかなかの偏屈者であります  

FOSTEX FF225N 豚もおだてりゃ木に登る

14.2.14FF225N①

FOSTEX FF225Nは、発売1992年のフルレンジスピーカーであります

40Hz~14kHzの再生周波数帯域をもち 音圧は96dB 巨大なマグネットが採用され総重量は 何と3.7kg 加齢と共に薄れていく記憶を辿ると 購入の動機はJBL巨大モニター風システムのミッドだった様な気がする 実際は ツイーターだけを追加して歯切れの良い2ウエイで使用 Youさんが掃除中にエッジを吸い込んでしまってからは 他のスピーカーの台に甘んじていた。

前回の、ONKYO D-77XDウーファーのエッジ張替えが 素人とは思えない出来栄えだった事に気を良くし これも修理して現役復帰をしてもらうべく作業に取り掛かります。ウレタンエッジの残骸は カッターで取り除き ガスケットは 爪の甘皮剥ぎの尖った方を流用して起こす コーン紙側は 丸いほうで傷つけないように慎重に加水分解したコビを掃除 残ったネバネバはペイント薄め液を刷毛で塗ってふやかしてから取り除く エッジの半径は10mmでいけそうだ。


14.2.14FF225N②

14.2.14FF225N③

14.2.14FF225N④

ONKYO D-77XDエッジ交換

14.2.6エッジ①

ONKYO D-77XDは、今から25年も前に作られた3ウェイスピーカーであります

エッジがボロボロだった為 初めて自作を試みました 素材は、所々穴が開いて着れなくなったグレーのTシャツ シーリング材は、手持ちの変性シリコーンにて代用(少々粘る) クロスカーボンコーンの接着には スーパーX黒をチョイス 柔軟性を持ち動きも柔らかくストレスは無いようだ。後は、週末 エンクロージャーにセットして音だし ボイスコイルが擦れていないかを確認して完了 エージングをして名機の復活となる

会社の室温が暑いんでないかいと思い デスクの温度計を見ると なんと26℃を越えているではないか もはや真夏の気温と同じである もちろん拙者と言えば流石に極端な薄着だと人の目が気になるので半袖のTシャツに長袖のワイシャツで我慢しているが 快適な室温と思って生活している盛岡単身宅の温度を見たら 帰宅して石油ストーブに着火後 3時間半経過しているのに15.9℃であった 酒を呑んで体の芯から温まっているのかも知れないが 全然平気である。もしかするとコンニャク食べて低カロリーにしているのにいつまでも痩せないのは この寒さに順応すべく体脂肪を溜め込まねばと脳が勘違いしているのかもしれない。 


2/7追記
今朝の室温を確認すると RC3階建ての真ん中部屋だと言うのに5.6℃であった 暖房をつけてもやはり洗濯したり掃除をしていると16℃位が快適 老後は、暖かい土地でぬくぬくと暮らそうかと思ったときもあったが 裸以上に服を脱ぐことは出来ないしエアコンきかせた室内なら良いだろうが外にでたら とんでもなく暑いのは目に見えているので無理だろうと言うことを再確認した。


14.2.6エッジ②

14.2.6室温
14.2.7室温

瑠璃庵

13.12.14瑠璃庵①

瑠璃庵(仙台市青葉区

昨年暮れの打ち上げ画像であります
あらかじめセットされていた重箱には ダシ巻き卵 鯖寿司 鶏肉 大根の煮物 固形燃料の上には炊き込み御飯用の壷 茶碗蒸し 鍋は、豪華なすき焼き

御品書きには他にも沢山の御馳走が載っていますが 酔っ払いの為 画像ありません


お開きで外に出ると仙台には珍しく景色は真っ白に雪景色 せっかくの酔いも一気に冷めブルブル震えながら新幹線に乗り込みました

13.12.14瑠璃庵②

13.12.14瑠璃庵③

13.12.14瑠璃庵④

13.12.14瑠璃庵⑤

13.12.14瑠璃庵⑥

13.12.14仙台駅⑦

紅蘭のネギセット

14.2.3ネギセット③

中華料理 紅蘭(青森県十和田市)で、ネギセットをいただきました

スープは、中華屋さんの清湯 麺は、多加水細縮れ麺 具は、豆板醤に絡めた斜め切りのネギ  チャーシューは入っておらず 似たビジュアルの搾菜のスライスが2枚を発見 レンゲが突っこまれて出てくる セットの炒飯は、しっとりしたタイプ こちらには金物のレンゲ 拙者、食い意地が張っている為 格安セット物に弱いのだが 毎回単品にすれば良かったと後悔  中華屋さんに入ったらやはり鍋を振るラーメンを食べるに限る。

14.2.3ネギセット④

14.2.3ネギセット②

14.2.3ネギセット①

牛兵衛 川崎ダイス店

13.11.12牛兵衛①13.11.12牛兵衛②
牛兵衛 川崎ダイス店(川崎市川崎区

昨年暮れの諸事情によりストック画像が大量に溜まっている為 11月の画像ですがご勘弁を 
神奈川出張の戻りにKAERUさんと待ち合わせ 1人では行けないであろう焼肉店へ訪問  こ洒落た都会の焼肉店は盛り付けも価格も格別  久々に堪能させていただきました。
ラスト3枚はビアバーで ギネスとかジャックを頂いたショット パスタ揚げがグラスでセットされ落ち着いた店内が心地よい

13.11.12牛兵衛③13.11.12牛兵衛④

13.11.12牛兵衛⑤13.11.12牛兵衛⑥

13.11.12牛兵衛⑦13.11.12牛兵衛⑧

13.11.12牛兵衛⑨

自家製鮭とばが完成しました

13.12.11津軽石川鮭①

13.12.11津軽石川鮭②

昨年12月に宮古市 「津軽石川鮭直売所」で仕入れた特大のオス鮭でしたが 一本を「ロッキー風鮭とば」に仕立てました 盛岡の寒風に約1ヶ月半干した状態ですが 腹身の薄いところは脂が浮いて旨み濃厚 少々塩辛いので熱燗を注いでトバ酒や御茶漬けに合います 厚い身のところは内部が程よくソフトで塩分も立っておらず抜群な旨みがでています。

牡蠣剥きを流用して皮から剥がし繋がっているところはハサミでチョッキン 今年度の仕込みは限られた量しか無いので御来店の際は お早めに御賞味くだされ。店主拝


13.12.27鮭トバ④

14.1.28鮭トバ①

14.1.28鮭トバ②