悲しみの`88 NSR250R、焼付き検証

09.5.23フロント

HONDA `88NSR250R(MC18)は、今から20年も前に作られたレーサーレプリカであります

5/5雄和の峠、いきなりの後輪ロックで白煙を上げながら 焼き付いてしまったV型2気筒エンジンです ダメージがどの位なのか開けて見るのが恐ろしくて伸ばし伸ばしにしていましたが やっと気持ちの整理が付き 焼付きの原因を探りながらシリンダーとピストンを外していきます 

ヘッドにダメージはありません 固着したピストンは当て木をし指先をセンサーにして少しずつ動きを確かめながらハンマーで叩きます 意外とすんなり引っ込んでしまい クランキングもできるようになりました もしかしたら 大した焼きつきではないのかもしれないと淡い期待を志ながらシリンダーを引き抜くと・・・・
ズソズソグジャグジャのピストンが現れました シリンダーにもジャージャーの抱きつき とほほ ピストンはまるっきりお釈迦の様ですがシリンダーは何とか 出来ないだろうか

怪しい箇所が見つかりました アクセルと連動して2サイクルオイルを供給するオイルポンプスロットルの張り調整ナットが緩んでガクガクです この状態だとアクセルが開いた状態でも適量のオイルが供給されなかった可能性があります これが焼付きの原因だったのかもしれません

09.5.23ヘッド外し

09.5.23当て木ハンマー

09.5.23ピストン

09.5.23シリンダー2

09.5.23オイルスロットル

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は4/24日

Comments

こんにちは
大変なとこになってますね。。。
でも怪我しなくてなによりでした!!
そのシリンダーだと恐らく無理でしょう。
それと秋田に2ストのシリンダーをきちんとボーリング、加工等できる内燃屋さんはないです。
4ストのボーリングなどもお話ならずですから。
2ストで有名な内燃屋さんは取引あるのでそこだと。。。自分のバイクもボーリングなどなどソコにお願いしスゴイ精度で組みなおし現在に至ります。
HRCでも加工等お願いしていた内燃屋さんです。
ただ、、、それだけで済むか。。。
回るとはいえクランク、コンロッドなどの歪が不安ですよね~~~

  • Date : 2009-05-24(日) 13:57:50
  • Website:URL
  • Name : Lab [Edit]

Labさんへ

いらっしゃい!
今日の二子は天気が悪くて まともなのが1枚もありませんでした 腕も悪いのですが天気のせいにさせてください

見るも無残な姿に 涙ポロポロです シリンダーにへばりついたアルミを当たってみますがダメかもしれません
一台だけアテがあるので 腰上を入れ替えてみようと思っていますが 手に負えなくなったら
Labさんに持っていくので宜しくお願いします

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/1104-f9280c0a