致命的ダメージ、嘆きの`88 NSR250R

09.5.29シリンダー1

HONDA `88 NSR250R(MC18)は、今から20年以上も前に作られたレーサーレプリカであります

5/5に焼きついたシリンダーとピストンです もしかするとへばりついているアルミが何かの拍子に 「ポロリ」と取れて再利用可能になるのではないかと淡い期待を持ちながら#600の耐水ペーパーで当たってみました
・・・これはいけません。NSシリンダーは内壁にニッケルとシリコンカーバイトのコーティングが施されていますが ピストンリングによって根こそぎ削り取られています このシリンダーを修理するには陥没した部分へアルミで肉盛りし、 出っ張った所を切削 そしてホーニングで均し再コーティングするしかありません

やはりシリンダーとピストンを交換した方が良さそうです 幸い1台保管している人を知っていたので 涙ながらにお願いしたところ「知らない人じゃないし、いいよいいよ持ってけ」とのありがたいお言葉 `88 NSR250R再生の物語は第二弾に突入しますが今後の展開に 乞うご期待あれ

09.5.29ピストン

絶品 Clubデーターベース版はこちら最新更新日は4/24日

Comments

なんと!

大変なことになってしまいましたね。
でも、目処がたってよかったですね。

HONDAだったら、まだ新品の部品は出そう
ですけどね。
どうなんでしょう?

  • Date : 2009-05-31(日) 22:20:37
  • Website:URL
  • Name : shigw@仙台 [Edit]

shigw@仙台さんへ

いらっしゃい!
新品部品を算出したら当時のパーツリスト価格の2倍,
¥70,000にもなりました
しかも納期不明 絶版車ですから仕方ないのでしょうが 2倍とはあまりにもひどいじゃないですか・・・ブツブツ

部品取り車 引っ張ってきました これから第二章の始まりです
いつになったら shigw@仙台や修理屋さんと走れるやら・・・笑

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/1107-61b2e9f7