Mamiyaflex Automat B

mamiya現像

`10.2.21追記

カメラの中に入っていたフィルムの現像が仕上がってきた 画像が出てきた3枚の内 2枚は古い家の縁側で滑り台に乗ったマシュロルカットのサラサラヘアが可愛い「カエルさん」 露出が足りずシャッター速度を遅くした為か盛大に手ブレを起こしていた
3枚目は、家の南側 防火用水の上でポーズをとっている 3歳くらいだろうか この頃の「カエルさん」は 「ミドリィーの・・・」が大好きで全身緑色で超ご機嫌だった 多分17年程前 平成5年頃の写真だと思う

家に居るときも家族を悩ませた夜間の妄想俳諧だったが 昼夜逆転どころか寝ずに行動しているらしく拘束状態が続いているそうで 先日のお見舞いでも車椅子に固定されたままだった G様に聞いたところ二眼レフカメラの事は覚えていたが何を撮ったかはさっぱり判らず 3歳位の「カエルくん」が写っていた事を話すと嬉しそうに笑い 「カメラはあんだにやるよ」と言った そして明日から学校に行かなければならないので退院しようかと続く オデコにはベットから落ちて怪我した所に痛々しくガーゼが貼られ頭からネットを被せられていた。

EPSON GT-F520 フラットベットスキャナで フィルムホルダーにテープ止めしてスキャン 師匠の「Xylocopal`s Photolog:ネガフィルムスキャン入門 改訂版2009」を参考に行なった

10.2.3MAMIYA 1

Mamiyaflex Automat B SEKOR 75mmF3.5 (1954)

入院したG様の部屋を整理していたYOUさんが 押入れの奥からまたまたなにやら骨董品が出てきたと笑っていた もともと几帳面だった人だからよっぽど大事にしていたらしく いろんなものに包まって押し込んであったそうだ 他には旅館から持ってきた使い捨て髭剃りだったり 8mmカメラと旅行先で撮りためたフィルム 「サクマのドロップ缶」未開封5個だったり・・・これは振ってもカランとも鳴らず完全に溶着していたと思われる

マミヤ光機製二眼レフカメラである スレ具合からしてかなり使い込んだと思われるコゲ茶の皮ケースに入った本体とベルトに付いたバヨネット式フード、バルブ式のフラッシュとRIKENのセルフタイマー 動作確認したところ 巻き上げに負荷がかかる もしやと思いカウンターと背面窓を確認したところフィルムを装填したままになっていた この家で同居するようになってから20年以上経つがカメラの話が出たこともなく こんなにもマニアックだったことも知らなかった 軽い認知症になり夕方になると「うちに帰る」と言い出す連れを時には叱咤しながらも気丈に面倒を見ていたのに まさか自分がこんなにも進行の早い認知症になるとは思ってもいなかったろう
「マスオさん」状態で同居した私も彼も お互いにどこか遠慮していたのかもしれない 祖父母と接したこともなく 母を小学生の時に喪い父は初孫が生まれた年に60歳で逝ってしまった 正直年寄りとの付き合い方が判らなかった カメラが好きなことを知っていればもっと話せた事もあったのかもしれない 私のカメラを興味深く見ていたあの日 何かを話しかけようと思ったのかもしれない

彼の目が何を見てシャッターを切ったのだろうか、 入っていたフィルを現像してみようと思う 

追記、フィルムをキタムラに預けてきたが2~3週間の納期との事 


10.2.3MAMIYA 2

10.2.3MAMIYA 3

10.2.3MAMIYA 4

10.2.3MAMIYA 5


2010.2.21現在、 「絶品ClubDB」では 2006年10月以前の画像リンクにトラブルが生じているようです 順次修復を試みていますが 修正しなければいけないエントリー記事は膨大な為(あと145エントリー) かなりの時間を要すると考えられます

拙、データーベース版を楽しみに訪問くださる皆様には大変申し訳ありませんが ご理解の程宜しくお願い致します

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • Date : 2010-02-12(金) 23:25:13
  • Website:
  • Name : [Edit]

うわぁ~凄い感動のお写真ですねぇ^^
此方まで何だか読ませて頂いていて
胸が熱くなりました。
義父様と同居をされていらしたのですね。
しかし かなりマニアックなお方なのですねぇ
カメラ談義で花を咲かせる機会を失って
いらしたとは 実に惜しい事をしましたね。
これからでも そんなお話をさり気なく
されたら ご回復の道へと繋がる気も
しないでは有りませんか?

掘り起こして差し上げて 脳が蘇ると良い
ですね。フイルム起しをエプソンで出来る
のですか?私もやってみようかな?
どうぞ れおんちゃまの心意気が義父様
に届きますように・・・

  • Date : 2010-02-22(月) 21:51:56
  • Website:URL
  • Name : al17 [Edit]

あきさんへ

いらっしゃい!
待ちに待った初孫でしたから どんなにか嬉しかったでしょう
出来上がった写真を見て 彼の現状を思い浮かべると熱い思いが込み上げてきます
治る事は無いと判ってはいますが せめて穏やかな生活が出来るようになればと祈っています

フィルムスキャンでデータ化出来ますよ~少々根気がいりますけど あきさんなら大丈夫 是非お試しを

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/1205-d4c53f69