FC2ブログ

`88NSR250R改、高回転域の迷宮

11.8.14NSR①

11.8.14NSR②

`88NSR250Rは、今から23年も前に作られたレーサーレプリカであります

高速域7000rpmでの息継ぎ9000rpmでの頭打ちに悩まされ試行錯誤しております BR9ECMフロントバンクはオイルが多く残りややかぶり気味 リアはカーボンが付着 こちらもオイル多め
吸気系統の全バラクリーニングと各部のチェックを行う インテークがらみで2次エアの吸い込みも考えたが亀裂などは認められずエアボックスの接着部だけぐらついていたのでシーリングにて処理 リードバルブのヘタリを修正 キャブレターは詰まりも無く正常 翌週、古。。。。さんから頂いていたBR10ECMに交換していつものテストコースにてチェックするが7000rpmの息継ぎはなくなったものの9000rpmの頭打ちは改善されず アクセルをガバっと開けるとリミッターが掛かったようになる
プラグの焼け具合はフロント良好 リアを開けてみてビックリ ガス濃いめにセッティングしたのにカラカラ状態 あわててさらに1/4回転濃くした

峠を走る分には5速6速で全開走行などありえないので問題ないのだが12,000rpmまで回るエンジンなら能力を発揮させてあげないのは可哀想で仕方が無い いよいよお手上げであります これからの季節北国のライダーにとっては貴重なので そろそろ本職に頼もうかと思ってます


11.8.14NSR③

11.8.14NSR④

11.8.14NSR⑤


Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/1455-3d54d03b