88`NSR250R改、バルブコントローラー

11.11.23NSR①

88`NSR250R改は、今から23年も前に作られたレーサーレプリカであります

高速域でRCバルブの誤作動と思われる頭打ちに悩まされていましたが 後期のPGMⅡ以降はバルブコントローラーが合体されています 88`の場合PGMとコントローラー、サブコントローラーに分かれている為 まずは、コントローラーのトランジスタが怪しいと睨み品番を確認してみました
搭載品は TOSHIBA製 D635(2SD635) 同じ形の左側はトランジスタと見間違いそうだが実はダイオード 当然廃盤の為電気系にめっぽう強いカエルさんに代替可能なものを探してもらうと 同じくTOSHIBA製 2SA1452Aが使えそうだとのことで早速交換してみました
気温が下がった季節なので焼き付が怖く まだ、全開にはしていませんが9000rpmから10000rpmまでは問題なく回転が上がっていくようになりました アイドリング時にRCバルブが迷って開き閉めする動作も無くなったようです サブコントローラーも開けてみようと思ってますがこちらは基盤全体が防振の為かずっぽりと埋まってるので時間がかかりそうです

11.11.23NSR⑤

11.11.23NSR④

11.11.23NSR⑥

11.11.23NSR⑦



Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/1506-eb8b31a7