危うい美味しさの絶品〆鯖

11.12.1しめ鯖①

すっぱい系は苦手な拙者なので しめ鯖は滅多に食べないが  浅く〆た鯖なら食べてみたいかなと思い 自分で作ってみました 3枚に卸して身はたっぷりの塩で数時間付け置き水分を抜いたら 塩を洗い流して酢と味醂につけ置き1時間ほど放置
出来上がった鯖は中骨と 皮を剥ぎ取ったら うす造りにしてお皿に盛り付けたら出来上がり

なぜ危うい美味しさかと言うと 今回購入した鯖は 2本で¥200以下の超特売品 岩手県産ではあるが どこにもお刺身用とは書いていないのに食い気と度胸だけで作ってしまったこと  足の速い鯖は、アレルギーやアニサキスという寄生虫が危険であり 生きたまま体内に入ると胃壁を突っつきまわす為 七転八倒の苦しみを味わうことになる 鮮度の良いうちは内臓やエラをとりのぞき血抜きをすればよいのだが 制作行程の塩漬けや酢〆では撃退不可能 後は、線虫を切り刻むように薄造りにして口に入れたら十分に咀嚼するしかない 肉も鯛も腐りかけが旨いと言うが確かに食べたときは浅く効いた酢〆が市販品とは違いすこぶる美味しい 後は、「あたらない」事を祈るばかりである

小心者の拙者 恐る恐るではあったが 美味しく頂き 数日経っても異変は見られないので今回は運が良かったのかもしれない そりゃそうだ 幸運の女神が先に当たってるしね・・・

11.12.1しめ鯖②

11.12.1しめ鯖③


Comments

見た目はとても美味しそうですよ
きっと食べても美味しかったでしょうね~

  • Date : 2011-12-03(土) 11:09:43
  • Website:URL
  • Name : katka(かてぃか) [Edit]

katkaさんへ

いらっしゃい!
文中では面白おかしく書きましたが 実際少し酢で〆すぎた感はありますが
めっぽう美味しかったです
アニサキスは、-20℃で死滅するそうですから 冷凍の鯖で作るのも手かもしれません
3枚にさばいた切り口も荒れなさそうですから・・・でもやっぱり酸っぱいのは苦手でした 笑

いつもコメントありがとうございます 盛岡にお越しの際は声を掛けてください 一度美味しい日本酒でも

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/1515-1a40704b