低温調理チャーシュー(絶品料理人シリーズ)

12.9.26チャーシュー麺①

久々の絶品料理人シリーズは、真空低温調理のチャーシューであります

真空とはこれまた大げさな話ですが 要するにジップロックの空気をできるだけ抜いて炊飯器で保温状態にするということです

ストックしてある角煮のタレは、解凍して足りなくなった濃くと味を整えて青葱を追加しておく 今回豚肉は、たまたま冷蔵庫に入っていたスネ肉をチョイス 赤身で歯ごたえが残るかもしれないが最近はやりの箸でももてないようなトロトロにはしたくないので丁度良いだろう 密閉バックに肉を並べてタレを投入したらジッパーの端っこだけ閉めず 絞りだすように空気を抜く 炊飯器に入れたらグツグツに沸かしたお湯をたっぷり入れて保温状態を保つ 朝に仕込んで妬く4時間経過 昼に様子を見ると丁度良くしっとりした低温調理チャーシューが出来上がる
根っからの貧乏性なのでラーメン屋で¥200高のチャーシュー麺を頼むことは殆んどないが奮発してドッサリとのせてみた スープは、濃厚トンコツに煮干し粉とすり胡麻を追加 麺は、市販の太麺を茹で時間4分のところを3分で湯きりして堅麺にした 具は、刻んだニラと絶品チャーシューが5枚と豪華に仕上げた一杯

どんぶりにのせたときのチャーシューは、外周がぼやけているので次回作る時は外回りに焼き色を付けるか食紅でアクセントをつけようと思う


12.9.26チャーシュー②


Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/1635-1273fc51