横浜港クルーズのふりして月に代わってお仕置きよ

14.11.22横浜クルーズ①

盗っ人国の密漁船を拿捕しない臆病者に成り代わって 拙者、微力ながら成敗に向かいました

赤レンガ倉庫の桟橋から双胴船で密漁船団の海域まで向かいます チャッチイ観光船の様に見えるのはカモフラージュで 実は、胴の真ん中から波動砲を発射することができます 観光客を装っていますが 隣りでiPhone動画を撮っているオバちゃんも はげ頭の帽子が飛ばないか心配している おっちゃんも非常勤の戦闘員であります。

ベイブリッジの下を通るときに敵国の工作員が隠れていないか 橋の裏側を撮ってみました。赤外線機能の調子が悪いみたいでよくわかりませんでしたが たぶん大丈夫じゃね!

インターコンチネンタルホテルの女神像は 千里眼機能を搭載しており 侵略者を見つけると拙者の腕時計にスクランブルの表示が送られてきます 残念ながら 今回は、新幹線の時間に間に合わせて東京駅まで戻らなければならず 小笠原海域まで行くのは断念
 

14.11.22横浜クルーズ②

14.11.22横浜クルーズ③




14.11.22横浜クルーズ④

14.11.22横浜クルーズ⑤

14.11.22横浜クルーズ⑥

Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/1939-cfd78719