座礁船を考察

15.3.15座礁船①

15.3.15座礁船②

3/11 我が家から数百メートル先に座礁した貨物船(16,962t)であります 

沿岸警備を任されている拙者として ここは、やはり監視業務に着かなくてはなりません もしかして海の向こうの「他人のものは力ずくでぶんどってやる国」の侵略がはじまった可能性があります 
浜には、野次馬にカモフラージュした拙者と同じ任務の「草」が入れ替わり立ち代り訪れ 日本国の安全を守ってくれました。 ありがたいことです

3/17 早朝からサルベージ船による牽引準備作業が始まりました 正直 「その船で何とかなるんですかい」と思ってましたが 午後 ロープにテンションが掛かったのを横目に業務に向かう 戻る頃には90度向きが変わり船首が西側に向いています わずか約4Hで こんだけ引っ張るとはぶったまげました。
拙者、晩酌の業務があるので夜間の監視は 物好きを装ったエージェントにまかせて 翌朝 レオンの散歩ついでに 海に向かうと遥か沿岸に停泊を確認 秋田港で事情聴取を行うとのことで一安心。 


15.3.15座礁船③

15.3.15座礁船④





Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/1971-fab87000