点火プラグとフリクションディスク

15.5.31 GSX-R①

GSX-R1000K1は、今から14年も前に作られたレーサーレプリカであります

4気筒の奏でるサウンドにバラツキが感じられ まずはプラグのチェックとエアクリーナーを掃除 プラグは2極EKタイプがおごられていたが4本のうち 1番に付着しているカーボンが多い 締めつけもばらついていたので標準タイプだが新品に交換 精密手トルクレンチで均等に装着 エンジンをかけてみるがあまり変化無し インジェクションの調整かもしれないがスキルがない・・・残念
アイドリング800rpmで時々エンジンが止まる症状も改善しない為 スロー調整で950rpmくらいまで上げてみる

88'NSR250R改は、今から27年も前に作られたレーサーレプリカであります

エンジンをMC28に換装していますが 乾式クラッチのフィーリングが変わったようなのでばらしてみました 半クラでつなぐとやや間隔があって完全につながるような感じ フリクションディスクは磨耗していますがスリット残っているのであと少しは使えそうです インナーとアウターの段付きが引っかかっているのかもしれないので均してみました ビンゴ 試走しましたが改善されたようです スプリングもヘタっているようなのでワッシャーかまして強化。

15.5.31 GSX-R②



15.5.31 NSR②

15.5.31 NSR③


Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/1998-61498666