FC2ブログ

宿題味玉

[匠のデジタル工房・玄人専科] 【匠のカレー工房Ⅱ】グルメシリーズ(20)~ありあわせカレー で料理ブロガーは作る過程の画像も取り入れなさいとの宿題が出されていたのをすっかり忘れてしまっていた。
-暮らしを彩る-「料理と趣味の部屋」 あきさんは、すでに提出済みらしいが まだ、期限に間に合うだろうか・・・(勝手に思ってる)

かみさんの冷たい視線を尻目に 冷蔵庫でネタ探しをしてみる。 有った!「うぶたまちゃん」 若い鶏が産み始めの時に採れるチョッと小振りの玉子だ。

これがまた、すこぶる新鮮で激旨なのだしかも、12個は入っているのに¥100とは なんと嬉しいことだろう私の知る限りでは大町のヤマトでしか手に入らない貴重品である。

こりゃ、味玉に決まりだね

20060919235859.jpg



皆さんはもちろんご存知だとは思うが、玉子は茹でる前に必ず常温に戻しておかなければならない 

特に新鮮な玉子は、これをしないと殻を剥く時にとんでもない代物を作ってしまうことになる。

まぁ、次の日の朝と昼にせっせと玉子サンドを頂けばいいだけなのだが・・・

茹で初めて3分は必ず掻き混ぜることにしている この一手間が完成した時 黄身が中心になるかどうかの重要なポイントになるからだ。 

20060919235914.jpg



                                                ピピピッ♪、ピピピッ♪

はいはい、6 分経ちました すぐに流水にさらして粗熱をとり 殻を剥いておきます

20060919235953.jpg




20060919235935.jpg




20060920000006.jpg



つけダレには、醤油オタマ1、みりんオタマ1、豆豉醤(トウチジャン)大匙1オイスター大匙1を合わせておき 

タッパーに入れたらタレの染み込みがムラにならないように、ペーパータオルを被せて空気が残らないようにします。 

20060920000019.jpg




20060920000046.jpg



ここからが匠さんの講座で勉強した成果の見せ所、例のセロリ切りは「マルハ」で十分練習も重ね準備万端 任しとけってなもんだ

待てよ、教わったことをそのままやるだけじゃ あんだけの長文で解説してくれている匠さんに「なんだよ~、真似するだけじゃ進歩ないだろ~」とか思われそうな気がする。

実は、拙者 中学3年間と高校1年間 (どうして一年かは聞かないで欲しい) の青春の日々剣道部に所属していた 

得意技は身長を生かした面打ち もちろん今とは違い腹も出ておらず動きも流れるようで結構カッコ良かった(はず)

そんな訳で今回は皆さんに「さすが!」っと思ってもらう為に 剣の極意を披露することにしました。



                      しゅわっち!



よ~く見てください、ナイフは玉子を切った後で元の位置まで戻っています。


20060920000031.jpg



  味玉の居合い切り 


20060920000056.jpg





  

Comments

おはよ!レオンさん
自分で調理して自分で写真をあんな風に撮ったの?凄いですね~^^ プルンとした卵の艶の良い事 まるで赤ちゃんの肌の用(私のって言わない所が偉い) それに「マルハ」を切っている所の先が透けて見える! さすが!
卵を切った後の包丁が最初まで残っている早業・・剣の極意・・納得(^_-)-☆
お料理もこんな感じに作る過程を載せるのも見てくれる人達にとってはかなり参考になって素晴しい事かも知れませんね^^ 
調味料も載せてあって 
調味料によっても作る味が違ってくるし・・ね
味玉の黄味美味しそう~♪

突っ込みどころ満載で・・・・
今日はまじめなコメントで帰ります 
ムズムズ!・・・・

  • Date : 2006-09-20(水) 08:08:24
  • Website:URL
  • Name : ka-ann [Edit]

おみごと!

いいですね~ 素晴らしい記事です。
料理のテクニックは完成写真だけでは伝わらない
と常々思っているのです。 

映像は、文章よりも何百倍もの情報を伝える
ことができる、だから難しい料理のノウハウも
写真により言葉よりも簡単に伝えることができる。

そして写真を撮る技術も向上します、
いいことづくしですね・・ 
料理も写真も創造性、ぜひ色々と新しいことに
挑戦してみてください。

TBは、エキサイトに対しては、TB先のURLリンク
が含まれていないとできないみたいです
「言及リンク」 お手数をおかけします・・ m(_ _)m

  • Date : 2006-09-20(水) 09:57:46
  • Website:URL
  • Name : P_chan(匠) [Edit]

こんにちは。
凄いですね~臨場感たっぷりの味玉製作シーンに熱気が伝わってきそうです!
タレがしっかり滲みた白身の茶色に黄身のトロミ加減がまたまた堪りませんね♪
美 味 し そ う!!

「うぶたまちゃん」は旧ヤマトのあった頃はよく買いに行っていましたけど、今はいとくにも置いてあるのそちらで購入しています。
ついでに土崎の「こんどう食堂」のお蕎麦や中華麺も1玉60円で購入できますよ~!

  • Date : 2006-09-20(水) 12:18:22
  • Website:URL
  • Name : hana [Edit]

ka-ann さんへ

いらっしゃい!
もちろん自分でやっちゃってます、何せ「結婚できない男」ばりに 一人暮らしが長いですから・・・
匠さんが言うように ka-annさんのようなプロ級の料理ブロガーこそ
作る過程をのせるべきだと思います
私の様なネタ物イカサマ仕様じゃなく(おいおい、そんな~♪)

P_chan(匠)さんへ

匠先生、ありがとうございます
前回の花火、今回の居合い切りと 技術と機材の無い分(もしくは性格上)ネタ物に走りがちなのは キャラクターということでご勘弁
あそこへの突込みが少ないのは寂しいですけど・・・。  ほんじゃ、単位を貰ったということで次のステップに進みます

hana さんへ

いらっしゃい!
えええっ、ほんとですか~ そりゃ知りませんでした。 しかも、絶品 ClubDBにも載せてある 土崎の老舗製麺所 「こんどう食堂」の麺まで揃っているとは 我が故郷隣町藤里発祥の「ITOKU」 さすがです。
こんど 行って見ます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • Date : 2006-09-21(木) 07:57:56
  • Website:
  • Name : [Edit]

2006-09-21(木) 07:57:56 鍵さんへ

いらっしゃい!
悩める乙女さん、カメラは使ってあげて「なんぼ」ですからそこまで神経を払う必要はありません もし曇ったとしてもクリーナーでメンテナンスすれば大丈夫 そもそも後でレタッチやトリミングすればいいのだから 湯気や脂がかかるほど接写する必要は無いはずです。
臨場感=接写ではありません 
たとえば、一枚目に野菜、肉、調味料を並べて写し 下のコメントに「トントン、バサッ、グツグツ」 二枚目に完成写真を載せる。 すると見た人は「トントン・・・・・・・」を 想像力を膨らませて見てしまうんだな。
これだって立派な臨場感の演出になるんです 
あまり悩まず 楽しくやりましょ♪

ほえぇ~

食べたい!じゅるるるるる。
味玉をここまで美味しそうに作れるレオンさんってしゅごっ!
母が作ってくれる味玉が大好物なあたしとしては
早速作ってみたくなるレシピとお写真。じゅる。
卵を切る時には『しゅわっち!』を忘れまてん(笑)

「うぶたまちゃん」探さなくっちゃ♪しゅたっ。

  • Date : 2006-09-24(日) 11:05:29
  • Website:URL
  • Name : Josh [Edit]

Josh さんへ

いらっしゃい!
あっ、見ちゃいましたね 是非是非お試し下さい
これを更に 桜のチップで燻製にするとこれまた最高のおつまみ薫玉が
出来上がるんですが、一度 家の中でやったら
しばらく家中煙ってしまい
絶対禁止令がでてるので 秋鮭が取れたら外でやろうと思ってます。でへっ

手抜的偽味玉

まいど~♪

私が作る 味玉は…
① ご飯を炊くとき炊飯器に卵をポン♪(固ゆでの場合) ご飯と同時にゆで卵完成!!
  ヤカンに水入れ卵をポン 沸騰したら火を止める。(半熟の場合 ) 6分程度で半熟です。
( 沸騰時のやかんの対流で黄身が真ん中にくるのです。 )

② ジップロックにめんつゆ入れて、卵を入れて、好きなだけ漬け込んだら はい出来上がり~!!   

これ、結構いけますよ!
あとは漬け込むタレをかえるだけで色々楽しめるし~。

  • Date : 2006-10-05(木) 15:06:51
  • Website:URL
  • Name : pawaket [Edit]

pawaket さんへ

いらっしゃい!
ヤカンは いいですね 殻を剥く前にそのまま振り回せば
綺麗に亀裂が入りそうだ

過去ログのどっかに 本格焼豚用に赤い食紅を入れたタレに漬け込んで ピンク色に染まった味玉が載ってます
色色楽しんでます。 おそまつ

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/405-cd79d9ed