ラーメンを撮る⑧湯気

20071123155218.jpg


まだ、11月の半ばだというのに記録的な寒波に見舞われ 凍えるような吹雪の中を やっと辿り着いたお気に入りの一軒

沸き立つ湯気を掻き分け ふうふう言いながら啜る熱々のラーメンが冷え切った身体を心から温めてくれました

「こんなに熱々で 美味しかったんだよ!」ってのを画像で表現する為に、湯気を一緒に写す方法がある
これは、背景の暗さや横からの光線を利用すれば何とか撮れるのだが 私の様な食べ歩きの場合 なかなかそんな風に都合の良い撮影条件に巡りあうことは少ない

背景用にパネルや照明を持ち込む グルメ本の取材のようにはいかないのである



前回までの「ラーメンを撮るシリーズ」は、こちらからどうぞ


「ラーメンを撮る⑦ホワイトバランス」
「ラーメンを撮る⑥蓮華(レンゲ)の置き場」
ラーメンを撮る⑤左手箸麺
ラーメンを撮る④動きの表現
ラーメンを撮る③伝えたい事
ラーメンを撮る②脱、左手シャッター
ラーメンを撮る①湯気除去機能付き腕ポッド



20071123153812.jpg



20071123153832.jpg


そんな時には、フリーソフト【 Pict Bear 】のレイヤー機能が頼みの綱となる ソフトのダウンロードと使い方は[Pict Bear 画像加工講座]からどうぞ


いつもの事だが導入は自己責任でやってくんなまし


ダレじゃいっ! 「またまた失敗作のごまかし方講座かい ちっとは、カメラの腕でも磨きなはれ」なんて言ってるのは~(怒)

まったくその通り!撮影技法の宿題がいっぱいたまっております。こんな事やってる場合じゃありません

まっ、それは置いといて
リサイズとレタッチ済みの画像を読み込んで レイヤーを一枚追加したら 拡散多めのブラシで大雑把に湯気を書き込み(マンガを描いてもそれなりに出来る)

スライドを動かして透過度を調整しながら良さそうなところまで薄くしておきます



20071123153841.jpg



20071123153856.jpg


出来るだけ自然に仕上げる為には一発でやるのではなく もう一枚レイヤーを追加して ブラシの太さや透過度を変えたりして濃淡を出すようにします。 あっ、温泉マークを描き忘れた(笑)

 【 エンヤ 】の多重録音ほどは必要ありませんが 2,3枚に分けたほうが綺麗に出来るようでした

 最後にレイヤーを結合させたら完成



20071123153909.jpg


これこれ、どこが変わったのか解らないとか言わないっ。 いかにも描きましたっ!じゃないところが職人技に決まってるでしょ


あ”ぁ~美味そうだ



20071123153922.jpg



20071123153930.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

 
絶品 Clubデーターベースはこちら11/15更新

Comments

PictBear、たまに画像編集に使いますが、このように使うと湯気のように見えるのですね。

機会があったらやってみようと思います。

  • Date : 2007-11-24(土) 11:11:11
  • Website:URL
  • Name : &- [Edit]

&-さんへ

いらっしゃい!
おおお、&-さんも お使いでしたか
このソフトはフリーなのに高機能で軽く
しかもPhotoFiltreとの互換性もあるので
重宝しています

あっ、
コメントの投稿時間 11:11:11ってすごくね!

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/730-b563ad47