FC2ブログ

イシャジャ(アミの塩辛)でいただく絶品朝飯

20071125102728.jpg


【ブルーメッセあきた・シクラメンフェア2007】
へ行って来ました

以下、HPより引用

2007.11.21(水)~26日(月)6日間の開催 県内一を誇るシクラメン産地「昭和」で、丹誠込めて作られたシクラメン20,000鉢をホール一面に敷き詰め販売致します。
今年のシクラメンはここ数年で一番の出来!お気に入りの一品をお探しください。

ここに来れば思わず手が出てしまう「イシャジャ」であります

海老の仲間であるイサザアミを塩辛に仕立てた物だがもはやその原型は留めておらず 例えるなら烏賊ワタとイカ墨をコトコト煮詰めた様な真っ黒に近い焦げ茶色をしている

匂いは確かに海老系甲殻類  食べた時の生臭さは、酒盗(カツオの内臓の塩辛)に近いと言われているが こちらの方がもう少し上の様な気がする

数十年前に初めて食した頃は、ただただ強烈に生臭く 脳天を突き抜けるほど塩っぱかった記憶しかない 

それもそのはず 昔は保存を良くする為イシャジャ6割に塩4割だったそうだ

最近では、イシャジャ9割に塩1割 酒粕や砂糖を入れて まろやかに仕上られてあり より食べやすくなっているとの事



20071125102737.jpg



20071125102746.jpg



こんな色をしている 海老系の形は殆んど残していない 


塩魚汁(しょっつる)やニュクマム(ベトナムの調味料)などの魚醤と同じような使い方をしても美味しくいただけると思う

一杯の御飯を食べるのに「それっぽっち?」と思われるかもしれないが イシャジャをあなどってはいけない

現代風にマイルドなアレンジを加えているとはいえ その味は未だにかなり強烈なのだ 

いやー、酒飲みには この絶妙な生臭さが堪りません 絶品なイシャジャ飯いただきました


追記

絶品Clubでは、美味しい写真を撮る為の様々な撮影手法を提言してきたが 嬉しい事にまた一人賛同者(中毒患者)が現れた

これもひとえに地道な布教活動の賜物である 今後も精進を重ねさらなる中毒者の拡大に努めたい

【絶貧Club】仲村ロンリーさんへTB

麺の上げ下げ傑作はこちら


20071125102755.jpg



お約束の「うりゃ~」、・・・お粗末



20071125102805.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

 
絶品 Clubデーターベースはこちら11/25更新

Comments

ありがとうございます

久々にまともなTBで嬉しく思っておりますw

と、申し訳ないんですが、知ってるブロガーさんも居ますけど、
私、生もの(刺身とか)がダメなんですよね。
なので、生臭いものもダメ。。
イシャジャ、ダダミ・・・すいません、書いてるだけで気持ち悪く。。。

ご飯の上げ下げには精進いたします!

  • Date : 2007-11-25(日) 14:38:08
  • Website:URL
  • Name : 仲村ロンリー [Edit]

仲村ロンリーさんへ

いらっしゃい!
ありゃりゃ、そりは失礼いたしました
こりからの季節 アオリ烏賊 ハタハタ ダダミ 水蛸と
生臭物てんこ盛りの季節になってしまうので
仲村ロンリーさんの目に入らないようにこっそりUPします

あっ、生牡蠣だけは過去に二回の実績があるので冬には食べません 
真夏の岩牡蠣が一番です・・・って、お呼びじゃないですね・・・こりゃまた失礼

 

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/733-d1da93eb