FC2ブログ

36W D・O・A

20080202233340.jpg



この画像を見ただけでピンときた人はかなりのオーディオマニアである 


金田式完全対称動作DCパワーアンプ36W D・O・Aは、1991年3月無線と実験DCアンプシリーズNo.120として掲載された

DCアンプの名のとおり内部に電源トランス無い もちろん外部に電源ユニットがあるわけでもなく 2枚目画像で赤いLEDの横にキャノンソケットが取り付けてあるが ここに±30V,反対側に±12Vの直列に繋いだ20本と10本(笑)の乾電池を接続して使用する

【非対称動作によって発生する直流分、DC歪みを極限まで減らし 音楽に不要な付帯音を伴わず、不気味なまでの静寂感が再現できる】(解説文引用)・・・・・・はずだった。

これまで「絶品Club」には、いかにも器用な おっさんを連想させるような記事ばかりを載せてしまったが  そんなことはまったく無い

人間と言う生き物は失敗を重ねて成長していくものである 

 数ある失敗の中でも この挑戦は、か弱いハートにズッシリと響いた一件に間違いない

深夜まで作業を重ね 一週間をかけて やっと組み上がった回路のチェックの為 恐る恐る 乾電池をつないだ瞬間 ・・・「バチッ!・・・モクモク(泣)」

至福の音質で大好きな【Waltz For Debby】が聴けるはずだったのが 物言わぬオブジェと化してしまったのは言うまでも無い・・・


 おいおい、そんなに笑うなっ!



20080202233352.jpg


 クリックするとランキングに一票入ってしまいます。

  「 絶品 Clubデーターベースはこちら1/16更新

Comments

今となっちゃ

手に入れるのがムツカシイ 抵抗やらダイオードやら
トランジスタやら。。。

  • Date : 2008-02-03(日) 21:01:51
  • Website:URL
  • Name : 仲村ロンリー [Edit]

仲村ロンリーさんへ

いらっしゃい!
おっ、いましたね×2
メタルキャンとスケルトン抵抗、出力段トランジスタ
自作アンプと言えど しめて数万円・・・とほほ

オリジナルの部品を探している人が今でもいるようなので
オークションにでも出せば 高値落札の期待もありますが
息子が 「くれっ」とねだっています

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/780-7c2f38b4