高尾山の意志を検証

IMG_3145.jpg

「OTOKOダイビングキャッチ」ロンリーROMさんのエントリー 「ママチャリでの高尾山登頂記」をみてしまい あっはっは!サイクリングで意志(石)置いてくる お遊びね・・・くらいに思っていた

「HarroPage」さんが教えてくれたデーターを見ると 緑コースで2.5Km高低差247m 岩城コース11.1Km高低差305m

強烈に苦しんで後で楽するか、じわじわと長時間苦しんで一気に下るかの違いのようだが どっちにしても並大抵の意志じゃ達成不可能の偉業である

IMG_3154.jpg

IMG_3143.jpg

絶品 Clubデーターベース版はこちら5/7更新

Comments

8%勾配

>岩城⇒雄和の峠越え後にあそこを登れるのか
 逆方向ですが、雄和⇒岩城を走ったことがあります。8%勾配はとしょりには堪えました。
「雄和~岩城の坂道はいきなりの8%勾配だが、ギアを一番軽くして登り切り、道川から岩城へ抜ける茶屋掛場トンネルまでの坂もきつい」
 趣味レーションの参考になれば…。
http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=f4c001f787522f02815d6e511b115dab

 大内町側から折渡峠を越えたこともありますが、いずれにしても、秋田方面から岩城に入るのはなかなか大変な思いをしたという覚えしか残っていません。
 でも、岩城町の町並みや衣川、いいんですよね~。

  • Date : 2008-05-20(火) 09:32:15
  • Website:URL
  • Name : harropage [Edit]

φ(..)メモメモ...

秋田に住んでから最初に登った「峠道」が、雄和~岩城の県道でした。後ろからやってきたNA大学の外人センセイに「ガンバッテクダサーイ」と声を掛けられて、軽~くぶち抜かれていったことが思い出されます。

高尾山の絶景は、ツライ思いをしてがんばって登ってきたヒトだけに与えられるご褒美だと思ってますので、バイクやクルマで登っては絶景への感動も半減してしまうと思っています・・・いまのところ。

いつまでもジテンシャで登る、そのためにジム通いも始めたのですが、そういえば今シーズンはまだ「意思確認」に行ってないなぁ(^^;)ゞ

  • Date : 2008-05-20(火) 13:18:31
  • Website:URL
  • Name : ぢぞう [Edit]

是非意思を

ジテンシャを押して登っても賞賛されるみたいです。。。

ちなみに1回目は途中で断念してます。
http://pub.ne.jp/OTOKO_DIVE/?entry_id=182210#more

  • Date : 2008-05-20(火) 22:16:09
  • Website:URL
  • Name : 仲村ロンリー [Edit]

harropageさんへ

いらっしゃい!
結局 道の駅ー松ヶ崎ー亀田ー高尾山ー亀田ー松ヶ崎ー道の駅の往復ルートを選択しました
harropageさんが教えてくれた市境がやはりきつく 元気を出す為に
「カントリーロー、テイクミーホー、トゥーザプレー・・・」と歌いながら登りました

あそこを踏むのは無理だって・・・

ぢぞうさんへ

いらっしゃい!

ぢぞうさん! 私もご褒美もらいました

凝った仕上げのプレミア「ぜっぴん意志」誰が救出してくれるんでしょうね

仲村ロンリーさんへ

いらっしゃい!
行ってきましたよ~ 市境の登りは私も歌いながら押しました
カントリーロー♪テクミホー♪・・・どうしてこの歌だったのかは判りませんが・・・がっはっは

戻ってから かなり減ったろうと 体重計にのって見ましたが変わりありませんでした

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/853-80853f7b