`08.8.10鳥海山鉾立コース、山行報告#2

08.8.10登山?

AM 6:17 鳥海湖付近の残雪はあと僅か 水量もあまり多くはないようだ 天気が良ければ御浜小屋を迂回して湖面に写り込んだ山頂と真っ青に広がる空を撮りたかったのだが 空はいまだに薄い雲が晴れてくれない

御田ヶ原を過ぎ八丁坂の下りに入る いつも思うのだが綺麗に石を敷き詰めたここの登山道は ここまでの登り続きで萎えそうな気持ちに なが~い下りで油断させておいて 「そうはいかないぞ」と更にキツイ登りを見せ付ける「天国と地獄」の様なところである。 下山時の下りでは疲れきった足が踏ん張りきれず 膝と腰にかかるショックは相当堪える 

登りきったところのチョウカイアザミは 花が終わり胞子を飛ばすべくコウベを垂れて乾きを待っている ちっちゃい菊の様なのはヤマハハコ(山母子) 薄いピンク色のミヤマゼンコ

AM 7:15 千蛇谷と外輪山の分岐が見えてきた 谷のコースは長めに残る雪渓とキツイ登りなので景色の良い外輪山コースを選択 切り立った絶壁の縁を谷からの強風に煽られながらも枝葉を頼りに登っていく ここまで行程約2.5h

「`07.9.9 saちゃん、鳥海山へ」で、彼女がリタイアしたポイントを通過 山頂は時折流れる雲に見え隠れしている

つづく

`08.8.10鳥海山鉾立コース、山行報告関連のエントリーはこちらからどうぞ

「揺らぐハクサンシャジン」

「エピローグ」

「山行報告#1」

「山行報告#3」

「山行報告#4」

08.8.10登山?

08.8.10登山?

08.8.10登山?

08.8.10登山?

08.8.10登山?

絶品 Clubデーターベース版はこちら8/6更新

Comments

ミヤマゼンコいいね。
たぶん、私も見ていると思いますが
マクロで撮ると
非常に繊細な花ですね。

  • Date : 2008-08-16(土) 09:37:54
  • Website:URL
  • Name : ginchan [Edit]

ginchanさんへ

いらっしゃい!
ミヤマゼンコの淡いピンク色は 右下が一番発色してたんです
今から思い返すと もう少し下から構えて背景の茎を外すべきだったと反省
シャッター押す前に「気付けよっ!」ってとこですが・・・

TAMRON 28-75mmF/2.8 一本勝負ですから ここまで寄って限界でした 

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

http://blog.with2.net/link.phphttp://?147507

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinn.blog21.fc2.com/tb.php/925-cc18a122

「駒ケ岳・千畳敷カール」で「高山植物」を撮って見ました。30

「駒ケ岳・千畳敷カール」で「高山植物」を撮って見ました。30「ミヤマゼンコ(深山前胡)」はセリ科エゾノシシウド属の本州(中部地方)の亜高山帯に分布する多年草。命名は「ミヤマ(深山)=高山」に自生する、生薬になる「ゼンコ(前胡)=セリ科のノダケ」に似ている...