2013年度版ウッドデッキ作りました

13.6.30ウッドデッキ

昨年の強風で吹っ飛ばされてしまったウッドデッキの庇を再建しました 上ものだけを作り直す予定でしたが ばらしていくうちにどれもこれもビス穴から腐っていることが判明 殆んど組みなおしするしかありません 床高を吐き出し窓に合わせた為 youさんが登れないと言うので大きめの踏み台も作ってあげました。


`13ベランダ菜園通信

13.5.30菜園①

辛いもの好きの拙者ですから今年もベランダで唐辛子を育てています 手前から鷹の爪、鷹の爪、トマト、ゴーヤ

トマトは、1個目の実がふくらみはじめました この調子でいくと今年はトマトを買わなくても食べられそうです

出窓のプランターには、種から育てたハラペーニョ、韓国唐辛子、激辛唐辛子 3月の末に蒔いて電気毛布で温めながら発芽させたのに今の時点でまだ3枚目の葉っぱが出たばっかりです 間引いて最終的に唐辛子は5個で育てていきます。


13.5.30菜園②

13.5.30菜園③


使い捨て着火マン再生大作戦

13.4.10着火①

拙者宅の調理熱源は業務用の重量級鋳物コンロなので点火装置が付いておらず 中華屋の親父みたいに着火マンで点火しなければならない 使っていたライターのガスが無くなったのでしばらく普通のを使っていたが点火する時に鍋下を狙う為「ボンッ!」と爆発して指の毛が焼けてしまう 脱毛の手間が省けて良いのかも知れないが 指まで焼けたら困るので 以前使っていた柄の長いヤツを再生できないか試してみた

ケースは、2本の極小ネジで固定されていた 精密ドライバーで外し中を開いてみるとガス注入のバルブが見えた このままでは使いずらいのでケースをばらさなくてもガスが補充できるようにキリとプラスドライバーを駆使して穴を開ける 我ながらなかなか良い仕上がりである カチッと点火スイッチをスライドすると問題なく点火するように出来たが 良い子の皆さんは絶対に真似をしてはいけない どれでもケツにバルブが付いているとは限らない


13.4.10着火②

13.4.10着火③

13.4.10着火④


`13 唐辛子通信

13.3.27唐辛子①

昨年収穫した唐辛子の種を蒔きました 

沖縄研修で仕入れてきた島唐辛子は乾燥させて種を取りました 赤くなるまで完熟させたハラペーニョからも収穫 知り合いから頂いた大型唐辛子は、あまり辛くないタイプ 中型唐辛子は、収穫量も多く激辛 ゴーヤは、種まきにはまだ早い

3×7で格子状の溝を掘り21個の種を4つのミニプランターに蒔きました 発芽温度が高いのでラップをかけて毛布で保温してあります

今回の種蒔きに使わなかった残りは 処分するにはもったいないので 昨日組み立てたKAERUさんのクロスバイクでサイクリングしながら あっちこっちの土に勝手に蒔いて 盛岡を唐辛子の宝庫にしようと思っています 植物の種ですから どっから飛んできたのか特定は出来ないので犯罪にはならないでしょう・・・きっと

13.3.27唐辛子②

13.3.27唐辛子③


Tシャツの首周り改良大作戦

13.3.13えり直し①

昔は、パンツを長いこと履いているとゴムが伸びてズルズルに下がってきたものです  首周りが伸びてしまったTシャツもパンツのゴムみたいに中に入れればいくらかはしまりが良くなるかと思い お直しに取り掛かりました

つなぎ目の糸を切ったら 平ゴムを通し しわが寄らない程度に縮めて待ち針で長さを決める これを結んだらコブが見苦しいので重ねて縫いあわせて固定します 後は、切ったつなぎ目を縫い合わせて出来上がり


13.3.13えり直し②

13.3.13えり直し③

13.3.13えり直し④


PZKF112A、再生作戦

13.2.1サーモ①

ただでは終わらないのが「絶品Club」らしいところであります

錆だらけだったサーモカートリッジJADF6は、真鍮なので酸洗いで表面処理をおこないます 内外のOリングを忘れずに外して中性洗剤で油分を落としたら 丁度手元にあったお掃除用のクエン酸に熱湯を注ぎ1時間ほど漬け込むと溶液が青く変色して輝きが甦ってきました
細かいスチールウール表面を磨いたらOリングに無水グリスを塗って組み込み 動作を確認して任務完了です


13.2.1サーモ②


KVK製 KF112G,サーモ交換

 13.1.30サーモ①

築14年にして我が家の浴室シャワー水栓(KF112G)が温度調整不安定になりました 使っているとぬるくなったり熱くなったりする状態ですが給湯ボイラーに故障はないので水栓のサーモカートリッジが駄目になったようです
部品を検索したところPZKF112Aが対応品のようなのでポチっと購入 早速交換にとりかかります

まずは止水バルブを閉めます これを閉めておかないとキャップを外したとたんに「ブワー」っと水やお湯が噴出してえらい事になります キャップを外すには水栓用の幅広ドライバーが必要です サーモを引き抜くと案の定 真鍮の部品は経年劣化で動作してません 新品に交換して修理完了です これで後14年もってくれるとおんのじ


故障の原因だったサーモカートリッジを分解してみました Oリングを外してグリスアップ 固着していた部分を磨いて組みなおしてみたところ動きがスムーズになりました 変色した部分を酸洗いできれいにしたらストック部品としてとっておきます
とすると 新しく組んだ部品の期待耐用年数が14年でストック部品が14年だと 我が家の浴室シャワーサーモは あと24年安泰という計算になります めでたしめでたし


13.1.30サーモ②

13.1.30サーモ③

13.1.30サーモ④

13.1.30サーモ⑤

13.1.30サーモ⑥

saちゃんカーにナビはいったよ

12.9.16ナビ 1

オーディオレスで納車となったsaちゃんのぺッコンカーですが パーツが揃ったので文明の利器カーナビ様を自分で取り付けます

まずは手を入れるなと注意書きステッカーの穴にバリで手を切らないように注意してバゴっとフックをひき抜きます 同様にメーター周りと右吹き出し口も外す 付いているブラケットを外しワイド200mm用のスペーサーをかませます ピラーのゴムを外してテレビ用のフィルムアンテナを貼りセンターまで配線を引き回す 配線キットをつないだら本体に接続して動作確認 GPSアンテナはフィルムじゃなかったのでフロントガラスの際にラインを差し込みながら引き回して接続

純正バックカメラの取り付け位置は、バックドアに箱付け あんまりカッコよくないので今回は ナンバー固定ボルト部分に差し込むタイプを選択するが 取り付け説明どおりには端子を差し込めず その場合は5.1mmドリルでネジ穴を広げろとあるがその場合 車両を更新してカメラを取り外したあとナンバー固定に裏側をナットにしなくてはならない それは困るので端子側の外径を1mm削ることにした カメラのボルトをねじ込み固定のナットで締めるが付属品はあろうことかユニクロメッキ品 ステンレス品が手持ちに無かったのでとりあえずそのまま組み込むがあとで交換しないと錆で固着してしまうだろう ナンバー固定のボルトがさび付いているのをよく見かけるが陸運同様ここら辺の配慮が欠けているのは残念
スペアタイヤハウスの水抜きにドリルで穴を開けラインを助手席側からナビまで引き RCA⇒ナビソケット変換コードを介して本体に接続したら動作確認して取り付け完了であります

今回取り付けた製品一覧

ナビ:スムースナビNX711 ¥66,740
バックカメラ:カメレオンミニBCAM7W ¥10,800
取り付けキット:NITTO NKK-Y500 ¥2,060
カメラケーブル:CCA-644-500変換 ¥1,540

合計81,140

カーナビの取り付けは、①スパーダ②パッソと二台目ですが 慣れもありお茶の子さいさいでありました カー用品店で取り付けると¥120,000位でしょうかね ディーラーだと¥160,00かな ¥40,000¥80,000の差額をケチって自分で取り付けるか考えどころですね・・・と、書いてはみたものの普通 自分では取り付けないですよね 今回のエントリーを見て挑戦しようと思ったあなた! くれぐれも自己責任でお願いします 何かあっても一切責任はもてません。


小さいサムネイル画像はクリックで640×480に拡大できます

12.9.16ナビ 2

12.9.16ナビ 312.9.16ナビ 4


12.9.16ナビ 512.9.16ナビ 6


12.9.16ナビ 7

12.9.16ナビ 8

12.9.16ナビ 912.9.16ナビ 10


12.9.16ナビ 11

12.9.16ナビ 12


Baby~ゴーヤないで~こんな俺のために

12.9.11ゴーヤ①

ベランダ菜園のゴーヤが完熟となりました

来年のグリーンカーテンに備えて収穫せずに残しておいたゴーヤの実が ご覧の様に派手な色に染まり 甘い匂いを発しながら鳥さんが運んでくれるのを待ってるみたいです 子孫を残す為のアイデアでしょうが中を開いてみると真っ赤なゼリーに包まれた種が5個出てきました 紙の封筒に入れて冷蔵庫に保管 来年の種まき用に保存しておきます


12.9.11ゴーヤ②

12.9.11ゴーヤ③


ゴーヤはどんなに悲しくて 涙も枯れ果てて

12.8.16菜園①

12.8.16菜園②

自動給水装置の結果報告であります

黄金バットにも変身できる 紫の風呂敷は結び目が解けて1個所だけでぶら下がっていました バケツの水はほぼ無くなり4リットルの予備タンクは1/4を残して浸透が止まってます
ゴーヤは水の吸い上げが激しい為 土の表面が乾いていましたがロープが埋まっているところは湿り気があり 5日間のみずやりは、ほぼ成功したと思われます。

収穫したハラペーニョでグリーンタバスコを作りました ビニール袋で手を覆い半分に切ったら種を取り除く ミキサーで細かく砕いて黒酢と塩を投入したら瓶に移して冷蔵庫で熟成させます 困ったことに蓋が開かなくなってしまいました。


12.8.5タバスコ①

12.8.5タバスコ②

12.8.5タバスコ③


毛細管現象を利用した自動給水装置(非売品)

12.8.11自動給水装置

ベランダの菜園通信であります

昨年も活躍した自動給水装置のセットが完了しました 今回の改善点は鉢の表面を「しまむら」チェック柄のレジ袋で覆い土の表面から水分が逃げていくのを防いだこと バケツには、豪華にキラめくアルミホイルで蓋をしてあります 前回、なぜか機能してくれなかった4リットルの予備タンクはトラロープを2本に増やして毛細管効果を2倍にしてあります 更に遮光効果を狙い お葬式で頂いたありがたい紫の風呂敷を物干しに結び付けました。

お盆休みの間なんとか持ちこたえてくれることを祈るばかりです





ゴーヤりの中を 走り抜けてく 真っ赤なポルシェ

12.8.6ゴーヤ①

ベランダの菜園通信であります

ここ2日、3日ゴーヤの成長が29cmのところで止まった様で 先端の緑色も薄くなってきました。 このまま時期を逃すと黄色に変色して苦味もなくなってしまうとのことなので いよいよ収穫することにしました
盛岡では油がもったいないので揚げ物を作らないため お盆休みに秋田で炒め物と揚げ物をつくってもらいます

そして昨年、研究をかさねた自動給水システムを引っ張り出して休暇中のみずやりが十分に機能するか確認しています ゴーヤの鉢は天気が良いと1日に朝晩の水を必要とするくらい吸い上げるようです ロープの縒り3本だと足りないかもしれないのでもう一本増やしてみます


自動給水システムの研究はこちらから

12.8.7収穫①

12.8.7収穫②

12.8.6給水システム


CPUだって暑かろうに

12.8.4 CPUファン①

連日の猛暑に 強靭な肉体が自慢の拙者もさすがに「痩せる」思いであります・・・笑うな!

生身の人間様ですらこんなに暑いのですから 日々過酷な使用にさらされているsaちゃんのCPUは さぞや暑かろうとこの度クーラーを交換してあげました。ヒートシンクがからからと並び12cmのファンがドーンとくっついた巨大CPUファンであります 比較の為に並べてみましたが AMDリテールの二倍はありそうです 回転数も1300位ですから静音効果もばつぐんでした。  

12.8.4 CPUファン②

12.8.4 CPUファン③


ゴーヤっと一発、やってみよ~うよ!

12.8.1ゴーヤ①

ベランダ菜園のゴーヤは順調に育っています 現時点で4個の結実が確認済み 一番果の寸法を測ってみると26cm,二番果は14cm,三番果は5cm,四番果花が開いたばかり
調べてみたら実の成長が止まったら収穫できるとのことなので 本日から計測を始めました

激辛ハラペーニョが最近花をつけなくなり 残っていた大きめの実を収穫してあげました 子孫を残す為の種は十分実らせたと勘違いされては困ります 

種から育てた鷹の爪2鉢は、花が咲き始めてますが 八月に入って実をつけないということは大きな唐辛子は期待できないかもしれません 


12.8.1ゴーヤ②

12.8.1ゴーヤ③

12.8.1ゴーヤ④12.8.1ゴーヤ⑤




めまいするほどの驚き

12.7.24ゴーヤ②

2日ほど留守にして水切れを心配していたベランダ菜園のゴーヤですが 驚いたことに10cmに実が育ってました その後も順調に育ち 現在は、手の平くらいに大きくなっています 期待していたゴーヤチャンプルーをいただけるのももう少しの辛抱です

マーガリンの空き容器に浸していたアボガドちゃんの種に亀裂が入り発芽しそうです もしかすると大木に育ち たわわに実ったアボガドがいただけるようになるかもしれません もしそうなったら皆さんにもおすそ分けしますので 今から予約を入れといてください

ここ10日ほど原因不明の「めまい」に悩まされています 弱い「クラクラ」が続いていたかと思うといきなり「グリングリン」と回るような大きいのが襲い座ってられなくなります 社内なら何かにしがみつけばしのげますが運転中に症状が出ると怖くて仕方がありません
4日ほど続き治まったと思っていたら3日で再発 こりゃ駄目だとクリニックで診察を受けMRI検査とめまいの注射、結果現段階までの検査で以上は見られなかったが処方箋と請求書を頂き会計金額で 別の意味でめまいが襲ってきた たまたま財布に入ってたから良かったものの 背筋に冷や汗をかかせてもらった。


12.7.24アボガド①

12.7.25 MRI


ゴーヤ人よ~、僕は旅立つ~、東へと向かう列車で

12.7.20菜園①

我が家のベランダ菜園通信であります

真夏の暑さを和らげてくれるゴーヤのグリーンカーテンが対角線の端まで到達した為 誘引して折り返しました 残念ながらチャンプルーにしていただけるような実は まだみのりませんが ちっちゃいのは何個か見つけられました 親ツルをドンドン伸ばしているせいでしょうかなかなか膨らんでくれません 今度親ツルを摘心して子と孫を増やしてみようかと思っています

激辛ハラペーニョは、実がパンパンに膨らみ表面の緑も濃く鮮やかになりました そろそろ食べごろと思い種用の1個を残し今回は4個を収穫 小さめのピーマン位でしょうか 青唐辛子の爽やかな辛味を期待して激辛台湾ラーメンでも作ってみようかと思っています


激辛台湾ラーメン(絶品料理人シリーズ)

12.7.20菜園②

12.7.20菜園③

12.7.20菜園④



ゴーヤくは木~を切る、ヘイヘイホー

12.7.2菜園③

盛岡単身宅のベランダ菜園通信であります

直射日光を和らげて涼しいベランダで冷たいビールを呑むべく挑戦している ゴーヤのグリーンカーテンが順調に育っています 親つるを摘心したら子つるが2本に増えたのでネットの上中下段に分けて誘引 端まで行ったらUターンしてグリグリに回してあげようと思ってます ぽつぽつと花が咲くけどいっこうに結実しませんでしたが 昨日 とうとうそれらしいギザギザのついた花が1個 話に聞くとどんどん育つそうなので 明日ゴーヤちゃんぷるー用に豆腐を買います

ハラペーニョも順調ですが 一つ重大な間違いをしていたようです 激辛大好きではじめた唐辛子栽培なのに辛さのランクでいくとハラペーニョは青タバスコに使用されるほど柔なやつらしく辛さはマイルドとのこと それじゃシシトウに山葵をのっけて食べるのとあまり変わりません 外国産=激辛と思い込みハバネロと並んでた苗の一番丈夫そうなのを選んだのに残念。 枝豆の鞘には、豆が二つ入りましたが おつまみにするにはまだ少しはやそうです


12.7.2菜園④

12.7.2菜園①

12.7.2菜園②


ゴーヤゴヤしてたら私は誰かのいい娘になっちゃうよ

12.6.14菜園①

ベランダ菜園通信であります

定休日だと言うのに仙台日帰り出張でありがたい講習を受けてまいりました 手計算でやるのが一番理解できるとの事で記号や数式とにらめっこして参考データを当てはめていくのですが・・・

緑のカーテンで省エネ狙いと実の収穫で家計を助けるべく栽培し始めたゴーヤに黄色い花が咲きました 親つるを摘心して三又にのばした子つるたちも順調に伸びています この勢いで行くと6月中にはベランダにビーチベットを置いて涼みながら冷たいビールを呑めるかもしれません 枝豆の実も一個だけ3cmになりました ハラペーニョもそろそろ花が咲きそうです

12.6.14菜園②

12.6.14菜園③

12.6.14菜園④


ゴーヤー良い子だネンネしな

12.6.6ゴーヤ①

ベランダ菜園のゴーヤちゃんが すくすくと育って物干しブラケットに這わせたネットに巻きついてます ここから摘心して子をのばして更に孫がドンドン育ち直射日光を和らげる緑のカーテンになってくれる筈です
檄辛ハバネロと思っていた唐辛子でしたが 実は、ハラペーニョだったことが判明 まっどっちにしてもどんだけ辛い実が採れるか今から楽しみにしています 枝豆はそろそろ一つ目の花が咲きそうです これは苗が3本だったのでドンドン実をつけて今年の夏は豆を買わなくても冷たいビールがのめそうです


6/9追紀
「たもづがる」 秋田弁で足腰の弱った老人が体を支えるためにしがみ付く様子を言う言葉だったと記憶していますが 現在のゴーヤちゃんも何かにしがみつかないと起き上がれない拙者も全く同じであります 必死にたもづがって生きてます
 
単身ではシャワーを浴びても へながに手が届かずいよいよ孫の手でも用意しようかと思ってますが 2週間ぶりに秋田に戻りyouさんに背中を擦ってもらったらボロンボロンと垢がめくれて二人で大笑いしています

12.6.6ゴーヤ③

12.6.6ハラペーニョ

12.6.6えだまめ

12.6.6唐辛子


経過報告、術後3週目

12.5.15骨

12.5.29骨

術後1週目と3週目の画像であります スキンスティープル(ホッチキスみたいな針)が抜かれ肩の表面はすっきりしましたが 骨の接合部には はっきりと隙間が確認できます。受傷からだと5週と少しの間経過しましたが左肩をかばって力が入れられないこともあり筋力はだいぶ落ちてしまったようです 外観上は平常なのでもう治ったと勘違いされがちですが一応まだくっついていませんから 無理難題の仕事はご勘弁ください。

`88NSR250R改は、今から24年も前に作られたレーサーレプリカであります
ご覧の様に右から見ると殆んどダメージはありませんが 左に回りこむとまずはアッパーカウルが綺麗に削り取られカウルステーがひしゃげてました とりあえずミラーを外しカウルをフリーにします 曲がりの修正をするにはタンクを外してステーの固定ボルトを外し あてがいながら少しずつ曲がりの修正をおこないます アッパーカウルは、残ったメッシュシートを利用して欠損部をリペアで再生できるでしょう 加工に必要なコンプレッサーとエアツールが欲しくなりました。
事故後はじめてエンジンをかけてみましたが キック一発で始動 ストレス無い吹け上がりでなんの問題もありません 湾岸ミッドナイトのZみたいに 悪魔のNSRは、きっと復活できると思います・・・


12.5.30NSR ①

12.5.30NSR ②

12.5.30NSR ③


`12 ベランダ菜園通信#1

12.4.18唐辛子①

まさかこんなことになろうとは思ってもいなかった4月18日 プランター4個に今年の分として唐辛子の種を蒔いていました。この3日後に骨折した為 4/29 着替えを取りに行って貰ったときに水を与えたっきりになり もはや全滅だろうと諦めていましたが5月16日時点で双葉まで育ったのが2枚 芽が出たばかりなのが3枚奇跡的に生き残っていました。
今年のベランダ菜園は、時計回りに激辛ハバネロ・ゴーヤ・唐辛子・茶豆風味枝豆のラインナップ 夏から秋にかけての収穫が楽しみです レシピは、豚レバーとゴーヤの激辛ハバネロ炒め 枝豆でギンギンに冷やしたビールをぐっといただくってとこでしょうか。 


12.5.17唐辛子②

12.5.17唐辛子③


靴下の穴隠し

12.1.26靴下①

たかが靴下と言うなかれ

拙者の体重をもろに受けている28cm用の5足で¥580 いかに丈夫に作られた靴下であってもそりゃ磨り減るわな。 一般的には感謝を込めて任務完了のゴミ箱行きであろうが 「絶品Club」までもが そうであってはちっとも面白く無い

老眼で針に糸が通せなくなったので不本意ではあるが糸通し器を使い玉結びにする 下のほうから かがり縫いで穴を縫っていき端っこを玉止めで収める 何らかの原因があるに違いないがどう言う訳か左足だけに穴が空いてしまう
人に見られては貧乏臭いので もちろん家履きにするのだが 左側にポイントの刺繍が付いたペアが何足かある しかも穴を塞いだ靴下はなかなか耐久性が良く しばらくは履ける

単身赴任貧乏を何とか克服すべく地道な努力は続けているのだが 晩酌と美味しいラーメンはやめられず 最近ではロックで飲んでいた焼酎をお湯割りに切り替えて水増し生姜一片入れて 温まる一杯を二倍楽しんでいる

本日の格言「ロックやめて半割りしても、二倍呑んだら一緒じゃね?」

12.1.26靴下②

12.1.26靴下③


唐辛子通信、出窓に移動

11.11.13唐辛子

種から育てた唐辛子は育ちが遅かった為 まだ熟していません 北国盛岡では昨日から寒波が入り込み目の前の岩手山も白く薄化粧に変りました 真冬になると凍ってしまう出窓ですがベランダに置くよりは安心でしょう 同じ種だったはずですが3鉢とも形状が違います 右は、上向きにズングリムックリな実を付ける 中は、下向きでひょろひょろと細長い 左は、下向きで標準 不思議なものです
二枚目の画像は 柿の渋抜き いたずら好きの拙者ですから  一個だけよせておいて会社に持って行き拙者と棟梁がサクラになって「美味しい柿だ」とカモフラージュしてから社内の皆に渋柿を食わせて笑う予定でしたが 酔っ払いながら作業していたので全部袋に入れてしまい 残念ながら綺麗に渋抜きされてしまいました 幸か不幸かやたらと美味しい柿になってしまいそれはそれで皆におすそ分けしました
三枚目画像、こいつの目つきは極悪でした 信号で隣に並んだだけなのにこちらを向いて脅しをかけてきます あ~怖い

Mineのマスターが拙blogを見てくれたそうですが前ページへの戻り方が判らないようで開いたところの6エントリーしか見てないそうなので 少し解説を

「絶品Club」は、巻末まで見ていくとAbout this blog の中に①Prev pageというのがあります これをクリックすると前のエントリーが開けます 0は、Top Pageに戻ります Prev monthは前の月 next monthは次の月

右側のカラム(欄)カテゴリーからはお好きなジャンルが選択可能 特に見て欲しいのは絶品料理人シリーズとラーメンを撮るシリーズでしょうか
Linksの中にある「絶品ClubDB」は、純粋に食べ歩きの件数が掲載されています 400件以上のあるので一度に見ると満腹になるため注意が必要です


11.11.3渋抜き

11.9.28パグ


唐辛子通信、激辛収穫

11.10.29唐辛子

ベランダ菜園の唐辛子が収穫時期を迎えました 赤く完熟していないものは そのままフレッシュな辛さを楽しむ為に乾燥はせず冷凍して料理に使っていきます

11/2 の岩手山登山で原因不明の体調不順の為 登頂断念とエントリーしましたが その後しばらくの間微熱続き今週に入ってからは朝方に胸部に激痛を伴う咳発作の為 眠れなくなりました。 不養生により肺炎を引き起こしたようで堪らず呼吸器科へ駆け込み薬を処方してもらい 現在、ゆっくりと痛みが和らいできたようです
盛岡に来てから4年ほどになります 風邪らしいのはひいたことがなく 「毎晩晩酌でアルコール消毒をしているおかげだ」などと笑い話をしていましたが そんな訳ないってことです。12年ほど医薬品のプロパーをしていましたが 確かにお酒の摂取によってウイルスが死滅したり撃退できたとは教わった記憶がありません そんな事ならいっそお酒をやめようかな~と思ったけど・・・絶対無理



唐辛子通信、いつまで収穫できる?

11.10.23海老①

海老は、背わたと頭を取り 塩胡椒で下味をつけ スライス大蒜で旨みをうつしたオリーブオイルで炒める 頭は、フライパンに敷き詰め片面ずつ焼き表面が白く揚がったら盛り付ける 若鶏の背肉は肉を内側にして皮で巻き込むように串に刺す 焼き上がり前3度位に分けて皮面を香ばしく焼き上げる

画像二枚目のは、収穫時期が限界に近づいたのか成長しきっていないものまで赤く熟し始めました 
種から育てた唐辛子は 同じ種の中から下向きに育ったものと上向きでずんぐりむっくりのが育っていますが まだ実は熟しておらず このまま気温が下がるようなら室内に切り替えて育てたほうが良いかもい知れません 

11.10.22唐辛子①

11.10.22唐辛子③

11.10.22唐辛子④



ETCも取り付けますた

11.10.1ETC①

重量で下取られていった「エステマ号」から外したETCを取り付けました 以前は収納ポケットにすっぽりと収まりましたが 今回の車種は純正位置しか良さそうなところがないのでドリルで切込み入れて開口しました 外部スピーカーと アンテナのラインはダッシュボードからピラーへ通し電源はヒューズボックス34番がアクセサリーオンで通電していたので拝借 認証を確認して完成 配線30分 穴あけはドリルと現物あわせでヤスリで加工した為1時間も掛かってしまった

11.10.1ETC②

11.10.1ETC③


文明の利器、カーナビ付けました。リアカメラ

11.9.24カーナビ①

長年家族の足となり レオンの揺りかごととなり またあるときは旅のホテル代わりにもなってくれた「エステマ号」でしたが ここに来てブレーキキャリパーとディスク シリンダーガスケットからのオイル漏れなどで高額な修理費用が必要となり 直したとしても今後も各部の経年劣化は進むわけで いっそのことと更新することにしました

Youさんからの希望で 我が家にもやっと文明の利器「カーナビ」が導入されますが ディーラーオプションやカーショップの工賃などを検討すると結構な金額になり それなら自分でつけるよと オーダー時にオーディオレス車としました ナビはフルセグカロッツェリアをネットで格安購入リアカメラやフィッティングベースはショップで購入 本体取り付けは問題なく出来たので若干の加工が必要なリアカメラポイントをエントリーしておく

まず、クリップでとまっているバックドアカバーを外すが引き手が本体に差し込み固定されているので上部からマイナスドライバーを差込少しずつあおって外す 平面を剥がしたら底面方向に力を加えればガバッと全部外れる リアガーニッシュは8mmナット一個と差込で開いて固定になるフック3個と緑のが一個あるが裏側から引っ掛かりを外してあげればよい バックドアに配線を通す13mm穴を開ける ガーニッシュはホルソーで38mmの穴を開けるが工具はホームセンターで¥480だった 自分で加工する場合のネックとなるのがこの様な特殊工具が必要になる事なのだが思ったほどの値段じゃなくてよかった

もう一つの難所は、バックドアから車体へ配線を通す作業だが クリーニングの針金ハンガーを伸してラインをテープでぐるぐる巻にして少しずつ手探りで進める ここを通せば後は床を這わせてカーナビ本体へ接続して完成 
アルパイン製の埋め込みステーを使いホワイトのカメラなのでディーラーオプションと比べても全く違和感はなく綺麗に取り付けることが出来た

今回導入した文明の利器は、一人乗りで寂しいとき カーナビ嬢の案内に 「そこを曲がるより こっちが近いんだよ」「渋滞してるって どこが?」とか突っ込みを入れて今後のカーライフを楽しませてくれるであろう


9.29追記
設置説明書ではバックドアから左の経路を指示しているが これだと付属のRCAラインでは本体まで届かない為 右側ジャッキスペースまで落とし足元を運転席まで通し本体へ接続する 加工して開けた穴には塗装でタッチアップする特に鉄板に穴を開けたラインの経路には錆を拾わないように念入りに処理する


カーナビ本体:AVIC-MRZ99(パイオニア)¥82,000
取り付けキット:KJ-H45DE(ジャストフィット)¥5,500
車載カメラ:HCE-C90D-W(アルパイン)¥12,390
RCA変換:RD-C100(パイオニア)¥2,000
スマートインストールキット:KTX-C10G(アルパイン)¥2,000
特殊工具:ホルソー¥480

合計金額 ¥104,370 自分で取り付けたので工賃はタダだけど所要時間カーナビ本体2H バックカメラは穴あけ途中にドリルのバッテリーが切れて充電したのを除き2Hかかった 合計4Hかけて自分で取り付けるか ショップで本体差額 約¥17,000に本体取り付け¥15000・バックカメラ取り付け¥10,000 総額¥42,000をかけて頼むか 空いた4時間をボーっと過ごすかは 考えどころ

でも、普通自分で付けようとは思わないよね 良い子の皆さんは真似をしないように。 真似したい人はくれぐれも自己責任で

11.9.24カーナビ③

11.9.24カーナビ④

11.9.24カーナビ⑤

11.9.24カーナビ⑥

11.9.24カーナビ⑦

11.9.24カーナビ⑦

唐辛子通信、完熟赤・きのこ生えた

11.9.9赤唐辛子①

近頃の寒暖の差が影響してかベランダ菜園の唐辛子がいよいよ熟して官能の赤に色づき始めました 一番育ちの良かった韓国唐辛子は辛みマイルドで料理に使うのなら2~3本入れても全然平気です 上向きに小さめな実をつけているのは激辛ですがこのまま赤くなるまで育てます
3枚目は、春プランターに種を蒔いたものを間引いて厳選した4本 「
唐辛子コレクション」今頃になって花を付け始めてますが気温が下がってきているので実がつくかどうか判りません 驚いたことに一晩で「きのこ」が生えました

11.9.9青唐辛子①

11.9.9青唐辛子②

11.9.9キノコ


自動給水、結果報告

11.8.16給水器①

8/12日にセットしたベランダ菜園の自動給水装置  8/16日18:00頃の結果報告です

半信半疑でしたが中央のバケツには殆んど水は残ってないので 毛細管現象を利用した自動給水は成功したと言えますが 距離をとったつもりの小さい鉢「パセリ」は供給量が多かったらしく受け皿からオーバーフロー その隣のプランターから移した苗も少しだけ皿に溜まってたので多かった様です プランターの土は乾いてませんが 手前の大きい鉢は表面が乾き始めていました それでも表面をほじくると下の土は湿ってて 葉っぱも枯れてません

今回の結果を分析すると 大きい鉢には2本 苗とパセリは一本でも多いのでロープをばらした一本で丁度良かったのかもしれません 一番の誤算は予備タンク全然機能しなかったこと どういうわけか1/5 しか供給されませんでした半日で400ccは通す筈なんですが 不思議でなりません 拙blog エントリーを見て試そうと思った方はご注意願います

何はともあれ 我が家の唐辛子は順調に育ち この日も青唐辛子6本を収穫
しました さてさて何を作ろうかな・・・

11.8.16給水器②

11.8.16給水器③

11.8.16給水器④



やっと休めたので、藤棚造りました

IMG_7659.jpg

IMG_7651.jpg

06.5.27 にアップした盆栽の紫藤と白藤は 世話をしていたG様の病状が進行した頃から伸びた根が鉢の底を突き破り動かせなくなった。

枕木は、40cm程穴を掘り4本を柱として棚を組んでいく 重いものが載るわけではないが倒れたら危険が危ないので申し訳程度でも筋交いを入れてみたが 万が一は無いことを祈るばかりである。花が咲くのは5月下旬になろうか


11.5.4藤棚①

11.5.4藤棚②

11.5.4藤棚③