ベルトにハトメリングをつけてみよう

16.6.25ベルト①

行きつけの格安カジュアルファッションショップで揃えている業務用のベルトであるが 皮製品風合成樹脂のため どうしても穴が拡大してしまう そこで何事にも几帳面な性格がほとばしっている拙者のことであるから 修復を試みる 

穴の状態がすでに広がっているため 「大きいんじゃねえの」と思うくらいな8mmポンチとカシメ台座 そしてコマを用意 ポンッ!とやってガンガンしてパシッと決めてみた ヤンキー風でなかなかイケテルかもしれん

同様に他のベルトも手当し 実用性を検証すること2週間 ハトメリングに変形が発生しているではないか 

考察:ああ!なるほど コマがアルミ製だから強度が弱いに違いない メタボの腹圧が原因でないことは確かである

処理:もっと頑丈なコマを探して再挑戦するしかないだろう

反省:そもそもが 合皮製じゃなく本革のベルトを買えばよいのかもしれないが それじゃ「質素倹約は武士の本分」と信じている拙者の魂が許さない
手前の穴が使えるように メタボ改善ダイエットしたらよかろうと youさんにも進言いただくが 簡単にできるものならすでにやっておろう できぬからベルトの穴を直しておる そうだニッケルかステンレス製のハトメリングを探そう 宣言しておくが安物買いの銭失いとは全く本質が違う。



16.6.25ベルト②


3月の唐辛子通信

16.3.27唐辛子①

卵パックで育てている今年度の唐辛子であります 見た目からも神経質で几帳面な拙者でありますが youさんから1区画に5個程度蒔いて 後で間引くようにと言われていたのに ドバっと蒔いてしまったためかなりの数を間引いた後でも ご覧のようにジャングルのごとく密集しております。

今回の品種は、一番育ちが悪いのが小粒でも激辛な沖縄島唐辛子 中くらいなのが甘めの唐辛子 育ちの良いのが韓国唐辛子
もう少し茎がしっかりしたら少し大きめの鉢に植え替え最終的には大きな鉢に3本たてにしようと思っています。

昨年、ホームセンターで購入したハバネロはあまり実をつけなかったのでことしも再挑戦して種の収穫を目指します



16.3.27唐辛子②


何でそんなに片減りなん。

15.10.12パッド片減り①

我が家の走るホテル RK6 も走行65,000kmを超え 色々と不具合が出始めています 先週、youさんが運転してるときに「キキー、がりがり」と何かを引きずるような音がしたというので ジャッキアップして下回りを確認したが 部品の脱落や異物の噛みは無かった
回転系の音だとすればブレーキパッドかなとキャリパーを外して確認 バイクと違い対抗ピストンでないのは解るが極端に外側のパッドだけが磨耗している スライダーのブーツを外して動きを見ても問題は無い それならば内外を入れ替えればもう少し持つかなと思ったがピストンに入り込む変なガイドがついているためそれもできないようだ だからこの会社の車は「大嫌いだ」昔から共有部品が少なくネジのピッチまでも違ってた・・・バイクは別だけど

リアの反対側も同様の片減りが確認できたので 構造的な不具合なのかもしれないが面倒くさいのでWEBショップにてポチる 週末には当たりを削ってグリスでスライドの動きを確認してから交換予定


15.10.12パッド片減り②


パクリのパクリでスライダーをDIY

15.6.24リフター①

alminaさんの記事を参考にテールスライダーをDIY

http://blogs.yahoo.co.jp/almina_silver/25831950.html

アングルは、SSの車重と踏み込む作業者の体重を加味してL40×40 t=3.2mmをチョイス キャスターには,ねじ込み式M12 P1.25 ナット アングルの固定には、M10ボルトナットにバネワッシャー 

現物合わせで寸法を長手500mm として 力点・支点・作用点のバランスをとる タイヤをリフトしてスライドしたときにズルット外れたらかなわないのでアングルを2巾ほどカットして押しても引いても収まりが良くなるようにする キャスターの位置とタイヤがのる位置が近いのでひっくり返らずに移動が可能 仮組みして試してみると面白いように動かせるが 足で踏む力点にケチってキャスターひとつしかないので 足の掛かりようでヨレが発生 残材で筋交いを加えて補強してみたが やはり2個に増やして真ん中のアングルに拙者の靴巾の切込みを入れたほうが安定しそうである。

そこのお調子者様 この記事を見て安直な考えで我もと挑戦してはいけません

アングルの楕円穴は10mmしかない為 M10ボルトは入りますが 当然M12は 入らないので半丸金やすりで削る作業が必要です 更にアングルの切断にジスクグラインダーを使うと 足に火の子が飛んで「ヤゲ」になります キャスターを固定するM12P1.25ナットは DIY量販店にはおいてありません ボルトナットの専門店を探せない人はこの仕様では作れません そして致命的なのが ふんずけてもバイクがあがらないほど「軽量級」のあなたは 力点を延長するという裏技もありますが バイクから離れてしまう為 手が届かずに向こう側に倒れてしまいます これを作っても全然意味がありませんので 拙者と一緒にラーメンの食べ歩きに励んでから挑戦しなはれ。


15.6.24リフター②

15.6.24リフター③


草やぶじゃありません

15.6.6ガーデン①

自称「海風のガーデン」 入り口に門柱を立てたいから こことここに穴を掘れと仰せつかる 石やコンクリート片に阻まれながらもやっとのことで60cm程の穴が完成 枕木を立てて埋め戻し垂直とレベルをそろえて完成 草やぶと思っていた裏庭がちょっとしたイングリッシュガーデンに見えてきた。

15.6.6ガーデン②

15.6.6ガーデン③




アプリリアなパンドラの箱 rs50

15.6.14アプリリア①



極悪年寄ライダーズが3人集まって パンドラの箱を開けてしまったようです

イタリアンなaprilia RS50は、今から19年も前に作られた想像を絶するほど図体が大きい50ccレーサーレプリカであります
ホイールは、17インチ フレームは鉄製なので重く錆だらけ なんとスイングアームは片持ちもちろんベアリング終了 セパハンはよせば良いのに見事に絞り加工済み 2stオイルはお決まりの駄々漏れ フロントフォークシールお陀仏 ガソリンタンクは3リットルほど入ったままで錆はなさそう バッテリーは4L-BSだったので先日NSRから外した物を試しに繋いでセルスイッチを押すと 奇跡的に回る シリンダーは腐ってなさそう。

状態が状態だけに いっそこのまま職人カーチスさんへ玩具としてプレゼントしてしまおうかと策略中 




白樺欲しいと言われ

15.4.26白樺②

youさんより誘われ雫石の花工房らら倶楽部へ運転手と荷物持ちを仰せつかる 例によって買い物籠二つに満載の花を購入 「へっこらほいさ」と車へと運ぶ やれやれ それでは帰りましょうか エンジンをかけると小岩井の木工店で白樺が売りに出ていたとおっしゃる。
ここまできたら目と鼻の先と諦めてとぼとぼと向かうと 入り口に数本が立てかけてある 穴が開くほど眺め 悩みぬいたすえに心に決めた一本 店員さんに声を掛けると 「へっ!!」これ買うんですかと驚いた顔を拙者は見逃さなかったよ。

立てて使いたいとオーダーあり どんな風にとたずねると 底に30cm位の板を打ってくれたらオッケとの事だが あなた簡単に言いますけど それ、ひっくり返りますから

ストックしていた24mm合板を切り出し 白樺の立ち具合をみて水平に切る 底から長いステンレスビスを一本仮止め 2X4を現物合わせにて風車風に組んでいく 

翌週、帰省すると 玄関に鎮座し 驚いたことに枝から帽子の華が咲いておりました。


15.4.26白樺③

15.4.29白樺①