花の祭典2018

18.2.25ブルーメッセ①

いつものブルーメッセで、花の祭典2018 を鑑賞 我が家でも じっちゃんの株は残してありますがこんなに花芽が出たことはありません そう言えば冬季間は室内に移し 時々風呂場で鉢を沈めていたような気がします さすがに 半潔癖症のyouさんはそこまでしないのかも知れません。

18.2.25ブルーメッセ②

18.2.25ブルーメッセ③

18.2.25ブルーメッセ⑤

18.2.25ブルーメッセ⑥

18.2.25ブルーメッセ⑦


玄関ポーチタイルが、凍って剥がれたっす。

18.3.11ポーチタイル①

やっと雪が解けました 今年の冬は、寒が強かった為か玄関ポーチのタイルがガバっと剥がれました。タレ付き階段コーナーは、接着品なので経年で隙間ができると水が浸透して凍結による 内部の爆裂で剥離が始まります。
モルタルを盛り直すのに下地をピックでハツリ高さを合わせてタイルを置きます コツコツと細かく叩きながらレベルを合わせたら目地モルタルで仕上げます あれあれ色が違ってましたね G2NかG3Nだったのかもしれませんが DIY感アピールには持って来いでしょう。


18.3.11ポーチタイル②


クッキーちゃんであります

18.2.18クッキー②

雪見ちゃんが天国に召され 寂しさの為か黄な粉の食欲がなくなり 1週間 心配したyouさんが嫁参考を探してくれました

雪見大福・黄な粉餅と我が家のウサギさんたちの名前は、餅シリーズなので当然 黒豆餅ちゃんに命名と提案しましたが あえなく却下 異例のチョコチップクッキーに決まってしまいました。

人馴れしてるので抱かれたまま寝てしまうこともあります ふわふわモフモフ。


18.2.18クッキー①


湯の台食堂の中華そば

18.2.12中華そば⑤

湯の台食堂(にかほ市象潟町)で、中華そばをいただきました 勿論替え玉も 18.2.12

話題の新店シリーズみたいですが 正直 吹雪の中をナビ頼りに訪問してみると 夏場にバイクで巡る獅子ヶ鼻湿原やブルーラインの近くでした。

思いっきり時間をずらして到着するも 入店待ち1名 当然、店内は満席

スープは、鶏ガラベースの魚介系ブレンドだろうか 麺は、多加水薄い平打ち幅広を手もみで縮れを作る 茹で時間速く回転率良い 具は、豚バラ肉チャーシューと低温調理チャーシュー メンマ 茹でほうれん草 小口切り葱 替え玉は、細麺 拙者細麺は 食するスピードを考慮して固めでお願いするのだが 却下


18.2.12中華そば①

18.2.12中華そば②

18.2.12中華そば③

18.2.12中華そば④

18.2.12中華そば⑥


BASSOどりるまん商店の限定濃厚中華そば

18.2.14どりるまん①

2月中旬 平日ですが開店前車両17台行列27人

話題のBASSOどりるまん商店羽後町本店(
雄勝郡羽後町)で、限定濃厚中華そばをいただきました

スープは、鶏ガラ豚骨に魚介のダブル 粘度高く濃厚 麺は多加水中太モチモチ感あるストレート 具は、豚バラ肉チャーシュー メンマ  荒みじん切りの玉葱 茹でもやし 小口切り葱 海苔

中華そばは、澄んだ魚介系あっさりタイプ 


18.2.14濃厚煮干し①

18.2.14濃厚煮干し②

18.2.14煮干し①

18.2.14煮干し②


濃厚海老油を抽出しました

18.2.28海老油①

先日の晩酌で 特大海老刺身をいただき 大量に出た殻を見ていたら捨てるのがもったいなくなり 海老油を抽出しました

低温から温め始め焦げる手前で火を止め半日放置 もう一度温めなおして網でこします 様々な料理に小技を利かせて使うことができます。

18.2.28海老油②


安物買いのなんちゃらと笑うな

18.3.4スタンド②

はいはい 酔った勢いで激安メンテナンススタンドをポチってしまいましたが 届いた品物を見て愕然としました。リアスタンドについては以前に手直し報告書として投稿しましたが フロントは未対策でした 画像を見てもらえば解りますが 連結部分の角パイプ 板厚は0.5mmほどしかありません 試しに一番軽いNSRのフロントを上げてみると途中で「パリン!」と乾いた音と共に車体が傾いてきました こんな事もあろうかと 梁にロープで保険をっかけていて助かりましたが 見事に破断しました。

壊れてしまったものはしょうがないと あきらめるのは簡単ですが そこはそれ拙者変人ですから 職人魂にメラメラと火がともり 修正計画を練ります 角パイプの内径に合わせてLアングルを2本向かい合わせて溶接したら強度確保できるでしょう ¥4,500と破格の新品同様の低電圧100V溶接機をポチリます おもちゃみたいな物ですがコツを掴めばご覧のようにちゃんと溶接できます。

湾岸ミッドナイトの大好きな1節「お前の溶接はキレイすぎる いちばん大事なことはキレイさか?溶接はバジっとくっつけるコトだろうが」を思い出す。

決して安物買いのなんちゃらではない!


18.3.4スタンド③

18.3.4スタンド①


麺屋十郎兵衛盛岡南店の限定渡り蟹の塩そば

18.2.28渡り蟹塩そば①

麺屋十郎兵衛盛岡南店(盛岡市永井)で、限定渡り蟹のしおそばを 感謝価格¥500いただきました

塩スープのベースは、鶏ガラベースにあっさり煮干しと渡り蟹 麺は、加水少なめプチプチの食感細ストレート 具は、柔らかく茹でた鶏むね肉  細切りメンマ 海苔 フードプロセッサーで刻み炒めて甘みを出した玉ねぎ スリムネギ 糸唐辛子 渡り蟹の肩が2枚


渡り蟹シリーズは、大仙市 自家製麺佐藤で味噌をいただいたことがあるので 参考までに画像を載せておきます
麺が、極太手もみピロピロのマサちゃんタイプでしたね


18.2.28渡り蟹塩そば②

18.2.28渡り蟹塩そば③


15.10.8渡り蟹味噌ラーメン①

15.10.8渡り蟹味噌ラーメン②



宝介本店の辣王

18.2.1辣王③JPG

宝介本店(盛岡市厨川)で、タウン情報誌アキュート企画 辣王を ありがたい¥500で頂きました

スープは、鶏ガラ豚骨ベースの澄んだタイプだろうか 御覧の様に辣油で真っ赤っか 鶏油も大量に表面を覆う 麺は、多加水中太 具は、煮豚チャーシュー 茹で玉子 韮の上に辛味噌がのる 荒刻みの玉葱 甘みのある辣油系は 勝浦風 


18.2.1辣王④JPG

18.2.1辣王②JPG

18.2.1台湾ラーメン


右足は何でも知っている

18.2.25右足

幾らでも呑める酒豪と自負してましたが 加齢と共に飲酒量も減り 酒の入ったコップを持ちながら寝落ちする事が多くなった

盛岡の社宅に戻り 晩酌の準備に赤海老の背ワタを取っていた時に 激安靴下の繊維が付いているかと思ったが よく見たら足の親指爪に顔が書いてあった 

支那そば与力のジャージャーメンもちろん大辛

18.2.10ジャージャーメン①

支那そば与力(秋田市新屋)で、ジャージャーメン大辛をいただきました

スープは、煮干し昆布ベースあっさり 麺は、多加水細わずかにウエーブ 具は、大量の挽肉と粗みじん切りの椎茸を唐辛子系の辛味で全餡かけにトロミをつけてあり当然熱々である  ゆで卵 なると 小口切り葱


18.2.10ジャージャーメン②


麺屋わかなの改~魚とんみたいな~濃厚どろ系二ボとん

18.2.22改魚とんみたいな①


麺屋わかな(花巻市材木町)で、改~魚とんみたいな~濃厚どろ系二ボとん二ボ増し

スープは、濃厚煮干し豚骨 澄んだどろ系ベジじゃなく 鶏皮やモミジを煮込んだコラーゲンかと思うが 全餡かけかと間違えそうな粘度 麺は、多加水細わずかにウエーブ 麺固でお願いした 具は、豚バラ肉ロールチャーシュー 豚もも肉低温調理 メンマ 小口切り葱 水に晒した赤玉ねぎの彩が綺麗 煎りごま 海苔の上に魚粉 増しだと2さじになる

18.2.22改魚とんみたいな②

佐野家の麻婆ラーメン

18.2.2麻婆麺①

佐野家(滝沢市鵜飼)で、岩手のタウン誌アキュート企画の限定¥500麻婆ラーメンをいただきました

澄んだ醤油系スープに 麺は、多加水細ウエーブ麺 上物の麻婆は、辣油 花椒で僅かにピリ辛  挽肉と采の目豆腐をあらかじめ煮込んであるが トロミは無くシャバ系 小口切り青葱がトッピング


18.2.2麻婆麺②

18.2.2麻婆麺③

18.2.2麻婆麺④

18.2.2麻婆麺⑤


鹿道山の淡麗鰹そば

18.2.21淡麗煮干しそば①

鹿道山(盛岡市長橋町)で、サムライブギーコラボイベント 淡麗鰹そばをいただきました

スープは、鰹中心にさば煮干しなどブレンドとの事 淡麗と言うが 結構節系系濃厚 麺は中太加水少なめのストレートぷりっとした食感 具は、厚めの豚肩ロースチャーシュー 無知っとした食感で肉々しい 荒みじん切りの葱 青菜は、三つ葉だろうか 花鰹に刻み海苔 細かいアラレが香ばしい 配膳されてから目の前で本枯節を削り 追加で振りかけられる。

カウンターの電球色照明の為 麺が黄色く写ってしまったのが残念 実物は、乳白色である 


18.2.21淡麗煮干しそば②


18.2.21淡麗煮干しそば③


18.2.21淡麗煮干しそば④


18.2.21淡麗煮干しそば⑤

麺屋十郎兵衛 盛岡南店のプレオープン

18.2.9プレオープン⑥

麺屋十郎兵衛 盛岡南店(盛岡市永井)プレオープンに伺いました

到着時すでに招待客で満席 しばらく外観や券売機のメニューを撮影しながら時間をつぶしますが次から次とお客様が来店 どこから情報が漏れたんでしょうかね SNS効果恐るべし
拙blogにたびたび登場する お坊ちゃまは、喜多方肉そば スープは、澄んだ鶏ガラ豚骨魚介系だろうか 麺は、多加水太麺を手もみでピロピロに縮れを付けてあります 具は、細切りメンマと丼面を覆いつくすほどのせられた豚バラ肉チャーシュー にスリムネギをトッピング
煮干拉麵濃厚は、見た目のとおり灰色褐色 苦みやエグミ更に渋みの強い魚粉たっぷり鶏油スープに追い打ちに背脂まで投入 麺は、多加水太麺を手もみで縮れ 具は、厚切り豚バラチャーシューに細切りメンマとスリムネギ 
煮干拉麵は、魚粉鶏油たっぷりに麺は、加水少なめ細ストレート 具は、低温茹で鶏むね肉 細切りメンマ 刻み玉ねぎ スリムネギ 海苔
拙者は、麺太郎氏に勧められた 辛油そば激辛MAX  麺は、多加水モチっと太麺 具は、角切り豚バラ肉チャーシュー 揚げ玉 海苔 細切メンマ ニラ入り辛味噌の上には激辛パウダー 下には刻み玉ねぎ 

帰り際忙しそうにしているのに 2ショットをお願いしたら なかなか良い表情をしてくれました 。雅さん御馳走様でした


18.2.9プレオープン⑦

18.2.9プレオープン⑫

18.2.9プレオープン⑧

18.2.9プレオープン⑤

18.2.9プレオープン⑨

18.2.9プレオープン⑩

18.2.9プレオープン⑪

18.2.9プレオープン④

18.2.9プレオープン②

18.2.9プレオープン③

18.2.9プレオープン⑬

sisimariの細麺オンザ辛味

18.2.7細麺①

sisimari(秋田市川尻)で、細麺オンザ辛味をいただきました

御存知の通り ラーメンブロガー泣かせの店内撮影禁止ですから 美味しいラーメンの画像はございません 陳腐な描写を書いても良いのですが そこは店主の思い通りに極秘にしておきます。

再三に渡って リンクしているblog及びFBでお願いしている 隣地の無断駐車やショートカットの件、取材してまいりました。
なるほどね 確かに空き地に足跡が複数ございます 察するに 神社の駐車場もしくは路駐からの侵入者と思われるが そこから侵入したところで何のメリットがあるのでしょうか 馬鹿か阿呆としか思えません  神様の駐車場へ無断で停めるのは近い将来必ず罰が当たり  ツルンツルンの路面ですっころぶか犬の糞でも踏んづける事でしょう 路駐の輩もそろそろ堪忍袋の緒が切れ近隣から警察へ通報が行き普通車なら¥12,000の切符が切られます 更に地主が今流行りの監視カメラでも設置して恐れながらと御上へ陳情しようものなら それはそれは偉い事になり申す。 美味しいラーメンは、清い心で有難くいただいてください。

店主のTシャツも検証してきました 位置的には心臓からへその辺りまで「ラーメン」のプリントでした・・・いくらなんでも主張が強すぎるのではなかろうかと。

リンク https://ameblo.jp/noodlefactory44mary/
18.2.7細麺②

おじゃれ和屋のかつ丼

17.11.20かつ丼①

おじゃれ和屋(青森県十和田市)で、カツ丼をいただきました

特盛が有名らしいですが そろそろ年寄りの領域に入っているため 並盛に自粛 甘めの割り下に煮しょまった玉ねぎ 豚ロースかつ 卵とじ 水菜

同伴者①ねぎ味噌らーめん 澄んだスープに鶏油 味噌は 色が淡いので白みそベースだろうか 麺は、多加水中太縮れ 具は、クリンクリンに冷水で〆られた白髪葱 チャーシュー

同伴者②ラーメン大盛 醤油スープには 多めの鶏油が浮く 麺は、多加水細縮れ 具は、チャーシュー メンマ 小口切りネギ 海苔

17.11.20かつ丼②


17.11.20かつ丼③


17.11.20かつ丼④


17.11.20かつ丼⑤


17.11.20かつ丼⑥

食堂いしや MAX5辛台湾ラーメン

18.1.31台湾ラーメン②

食堂いしや(岩手郡雫石町)MAX5辛台湾ラーメンをいただきました

スープは、中華の澄んだ清湯に粗い唐辛子どっさりと真っ赤になるほどの辣油 麺は、プリプリ多加水中太 具は、甘辛い炒め豚ひき肉 ニラ 小口切り葱

麻婆麺の10辛食べに向かったのに・・・


18.1.31台湾ラーメン③


18.1.31台湾ラーメン④


18.1.31台湾ラーメン⑤


18.1.31台湾ラーメン⑥


18.1.31台湾ラーメン①

レオン君へ、雪見を宜しく

18.1.31雪見①

正月に帰省したKAERUさんに一杯撫でてもらいご機嫌だった「雪見」ミニウサギとして迎えましたが普通のサイズまですくすくと元気に育ってました。口いっぱいにチモシーを独り占めした3枚目の画像を撮ったあとどこからなのか解らない出血があり翌日 動物病院へ 検査してみると驚いたことに 黄な粉を追いかけまわして背後から抱きつく行動からてっきりオスとばかり思っていたのに 実はメスで更に妊娠している事が発覚した 残念なことに胎児の心臓は動いておらずすぐに手術となり 術後の経過は良かったのだが数日後に急変し天国に召されました。

拙者がカリカリをあげようとすると決まってうさぎパンチを繰り出しブチまけました こんなに可愛いのに噛みつきます うんこ蒔き散らししっこ引っ掛けます。

レオン君 「雪見」ちゃんもそっちに行きました よろしく面倒を見てあげてください 少しくらいなら脅しても良いです

黄な粉は、寂しそうですがとりあえず元気

18.1.31雪見②


18.1.31雪見③


18.1.29黄な粉①

酔蓮

17.11.18酔蓮①


石ちゃんおすすめ 酔蓮(秋田市山王)で、大将お任せコースいただきました

まずは、旬の銀杏 白子ポン酢 牡蠣 芋の子の煮物 そしていきなり毛蟹かよ 豪華五点刺し盛り 黒ソイ煮魚は、火付けた河豚ヒレ酒でいただく 足し酒も楽しんだところから記憶が飛び定かではないが 肉と何かと〆の握り寿司

やはり 気の合う仲間と頂く酒は堪らなく美味しい

17.11.18酔蓮②

17.11.18酔蓮③

17.11.18酔蓮④

17.11.18酔蓮⑤

17.11.18酔蓮⑥

17.11.18酔蓮⑦

17.11.18酔蓮⑧

17.11.18酔蓮⑨

17.11.18酔蓮⑩

17.11.18酔蓮⑪


ふじくにの豪華絢爛五目ラーメン

18.1.15五目ラーメン①

ふじくに(花巻市大通り)で、豪華絢爛五目ラーメンをいただきました

スープは、澄んだ鶏ガラ昆布系塩味  麺は、多加水細わずかにウエーブ 具は、炒め煮した五目野菜たっぷりに 具材は、時計回りに茹で海老 イカ めでたい紅白カマボコ 豚チャーシュー 海老 イカ カマボコ 飾り包丁入れた椎茸 ホタテ 更に豪華絢爛生卵まで投入される

要は、五目野菜塩タンメンに 具材が7目10品ものってしまう これで¥500だと言うから驚愕のコスパなのである


18.1.15五目ラーメン②


18.1.15五目ラーメン③

18.1.15五目ラーメン④

らーめん鷹島の味噌ラーメン

18.1.2味噌らーめん③

らーめん鷹島(秋田市高揚幸町)で、味噌ラーメンを頂きました

スープは、濃厚背油豚骨メイン 麺は、中太多加水わずかにウエーブ 具は、わかめ 海苔 メンマ 小口切りネギ シーチキンと間違いそうだが 豚もも肉を繊維が砕けるほど煮込んだブツ (象潟で食べたときはかろうじて形が残っていた)

カエルさん ホルモンラーメン 都会じゃ絶対あり得ない大量のモツ煮込みが入っていたと 大感激していました

店内の壁一面に貼られたプルレスラーのサインは マニアなら滝涙の逸品揃いでした

18.1.2味噌らーめん④

18.1.2味噌らーめん①

18.1.2味噌らーめん⑦

18.1.2味噌らーめん⑧

18.1.2味噌らーめん⑥


フロントホイールベアリング交換は難儀

18.1.5nsr⑩

'88NSR250R(改)は、今から30年も前に作られたレーサーレプリカであります

フロントホイールベアリングを交換します 非接点ゴムシール形ですが 錆汁浮いているのが見えます こりゃだめですね 長めのアンカーボルトで左側ディスタンスカラーずらして対角に少しずつ叩くと外れてくれます  打ち込みはステムボルト外す30Mソケットが丁度でした  サクサクっと組み立てて ハイ! 正月の宿題終了。めでたしめでたし


18.1.5nsr⑪

18.1.5nsr⑫

18.1.5nsr⑬

18.1.5nsr⑭
>
18.1.5nsr⑮


ステム打ち込みと各部磨き組上げ

18.1.5nsr⑥

'88NSR250R(改)は、今から30年も前に作られたレーサーレプリカであります

ステムベアリングの上下レースを打ち込み テーパーベアリングは,丁度FZR250のインナーがピッタリかんかんサイズでパッコンパッコン叩きます  フォークを組み上げますが あっちこっち気になったので少しだけ磨いて組みました メーターステーは シルバー塗装 トップブリッチは フェルト青棒研磨

18.1.5nsr⑦

18.1.5nsr⑧

18.1.5nsr⑨

18.1.5nsr③

18.1.5nsr⑤


ステムベアリング交換鼻垂れ大作戦

17.12.30 nsr⑧

'88NSR250R(改)は、今から30年も前に作られたレーサーレプリカであります

車庫の中とはいえ 真冬の北東北ですからそりゃもう極寒 普通に鼻垂らしながらがんばっております 

標準のステムベアリングは ボールベアリングですが 要するにサイズが合えばテーパーに変更も可能でしょうと 準備した部品を確認すると 下側(径の大きい方)ダストシールが干渉し回転が渋くなります #1000の紙やすりで軽く回るまで研磨して組み付けます

レースやベアリングは 外したものをうまく活用して打ち込みます 決して手を叩いてはいけません 血がドバっと出て痛くても痩せ我慢をしなければいけないので涙が出ます

ついでにラチェットハンドルもなめてしまい泣きっ面に蜂でした。


17.12.30 nsr⑨

17.12.30 nsr⑫

17.12.30 ラチェット①

17.12.30 ラチェット②


大忙しの年末ですが、これだけはやっておかねば

17.12.30 nsr①

'88NSR250R(改)は、今から29年もまえにつくられたレーサーレプリカであります

17.10.1「東北Colers Meeting in 山形」へ向かう道中の長い高速トンネル内でハンドルがブレはじめやたらとビビった為 少し長い正月休みを利用してフロント周りのメンテナンスに取り掛かります。
リアはメンテナンススタンドでUP フロントは梁に取り付けてあるフックにバンドを引っ掛け ジャッキアップした車体を預ける サクサクとバラしていくがメインキーのトルクスボルトが緩まない ロックタイトが効いててるんだろうね ラチェット一本ダメにした トップブリッジ外してからショックドライバーではたいてみます。
バラしたついでに錆落としや塗装補修 磨き あっちもこっちも気になりはじめなかなか進まない。 



17.12.30 nsr②

17.12.30 nsr③

17.12.30 nsr④

17.12.30 nsr⑤

17.12.30 nsr⑥


麵屋ゑびすの醤油らーめん

17.12.16醤油①

麵屋ゑびすで醤油らーめんを頂きました

スープは、鶏ガラ煮干し昆布系の清湯系だろうか 麺は、加水少な目細ストレート 具は、メンマ 豚肩ローススライスチャーシュー 半煮卵 海苔 カイワレ大根


17.12.16醤油②

17.12.16醤油③

17.12.16醤油④


かつや お客様大還元祭

17.12.8かつや①

かつや お客様大還元祭 毎年の事ではありますが貧乏リーマンにはありがたい特別企画であります

ロースかつ定食 通常¥690がなんと¥500 カツカレー¥750がなんと¥500であります 普段は、竹かつ丼オンリーなのでめったにいただけないセレブ食 堪能させていただきました。

17.12.8かつや②

17.12.8かつや③

17.12.8かつや④


青山の鶏だし大辛ごま味

17.12.13辛口ごま①

中華そば青山(滝沢市中鵜飼)で 鶏だし大辛ごま味ラーメンを頂きました

スープは鶏白湯風で粘度高い 芝麻大量に投入されドロドロ系に濃厚 大辛コールでも全然大丈夫な辛さ 麺は、中太多加水わずかにウエーブ 具は、沈没していて画像からは判断できないが  ゆで卵 茹で青菜 細切りザーサイとチャーシュー 白髪ねぎ 大量の白ごまが振りかけられる 

通常価格¥880(ライス・ガッコ付き)と 貧乏リーマンには高嶺の花だが 今回、なんと¥500(ライス・ガッコは付かない)クーポンで頂いてしまった ありがたいことです。


17.12.13辛口ごま②

17.12.13辛口ごま③

17.12.13辛口ごま④


「よぐたがれの皮算用」・・・惨敗

17.12.17にしめ③

道の駅にしめ ハタハタ6箱重量当てクイズ 3位は1箱、2位は2箱、1位はなんと3箱 更にピッタリ賞は総取りで頂けるという大判振る舞いとのうわさを聞きつけ 貧乏自慢の拙者ですからもちろん参戦してきました。
参加者は、約100名 ヒントは、真ん中の2箱合計が14.86kg であるから6箱だと45kg 前後であろうと検討をつけて入札するも 今年も惨敗に終わる。
んで、結局合計の重量は何キロだったのかって? 来年当たるつもりなので絶対教えない!

残るは、年末ジャンボが頼みの綱である


17.12.17にしめ①

17.12.17にしめ②